グラッチェガーデンズのピザ食べ放題

a0088158_20344643.jpg


このところの暑さで、仕事帰りにビールを一杯、というのはなかなかに魅力的なものがある。
とはいうものの、仕事帰りにビール一杯飲んでぱっと帰るのに居酒屋は少々大げさに感じる。

そうした需要に対しては、昔であればそば屋がその任を負っていたと聞く。
板わさだとか玉子焼きだとか、簡単な肴をとって一杯飲んでそばをたぐって帰る。
そういう粋があったと、たとえば池波正太郎だとか杉浦日向子だとかの本には書いてある。
もちろん今でもそうしたそば屋はあるのだろうけど、自分の通勤経路には見あたらないし、近所にもない。

そうするとそば屋に替わる店屋を探さないといけないわけだが、それにはファミリーレストランが意外に好適な部分があると思う。
粋はまったくないが、そこいら中にあるうえ、それなりに清潔なのがよい。
くだを巻いている酔客などもちろんいない。
適当な前菜とビールなりワインなりを1杯頼んでも千円かそこらである。

ときどきそうした用途に用いてそれなりに好都合だったファミレスだが、近所のグラッチェガーデンズというイタリアン風ファミレスで、ピザの食べ放題が始まっていたのを知らずに入ってしまった。
当初の目論見では、先述のとおり前菜とビールでも、と思っていたところこの不意打ちである。
ピザの食べ放題はもちろん、サラダにメインの料理(肉料理やパスタなど)にドリンクバーまでついて千円程度というのはお値打ちだ。
少し考えてそれとビールを頼む。

ピザはホールではなく、切り分けたものを店員さんがいろいろ自席まで運んできてくれる。
一人で立ち寄ってピザなど頼もうものなら一枚が限度のところ、様々な味が楽しめるというのは良い。
難点をあげるとすれば、店内をぐるぐる回りながらピザを各席に運んでいるため、場合によっては冷めてしまっているという点である。
イタリアでは冷めたピザは乞食も食わないとどこかで読んだことがあるが、確かにピザは熱い方が旨い。

とはいうものの、この店のピザはファミレスという括りからすればじゅうぶんに水準以上の出来映えで、クリスピーな生地はなかなか美味しい。
中でも出色はゴルゴンゾーラチーズのピザで、これは蜂蜜をかけて食べる。

などといっているうちにメイン料理である鶏のローストが運ばれてきたが、これもファミレスとしては悪くない。
皮がきちんとカリカリになっている。
皮も身もぐにゅっとした焼き加減で客に提供する店が多い中、これだけでも評価して良い。

けっきょくビールの他にハイボールも飲んでしまい、あわせてだいたい会計は2000円ほど。
キャンペーンとかでくじを2枚引かされ、一枚はアイスクリームがあたった。
レジをやってくれたお嬢さんがちょうど自席のウェイトレスもやってくれていたので、チップ代わりにあげて帰路についた。

【2011年6月12日 コスプレ博 in TFT】

氷乃村ウタ さま&遠藤ソラ さま
a0088158_21133657.jpg




遠藤ソラ さま
a0088158_2114539.jpg

氷乃村ウタ さま
a0088158_21143017.jpg

a0088158_21145984.jpg

kipi さま
a0088158_21152036.jpg

詩馬 さま
a0088158_21154727.jpg

花楠かおり さま
a0088158_21161066.jpg

黒鈴エリカ さま
a0088158_21173855.jpg

メイ さま
a0088158_2118917.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2011-06-13 21:18 | Food/Drink


<< 『げんしけん』はどうなってしまうのw 「女子」って呼ぶの飽きた >>