タグ:ワカメ ( 12 ) タグの人気記事

ワカメさま(12/09/09TFT)

ワカメ さま
a0088158_1195583.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2012-09-16 11:11

春が近いのかな?

暖かくなるのは良いけど、花粉症が困るお……。
昨夏が猛暑だったから今シーズンは花粉多いって聞くし(>_<)。

【2011年2月13日 超コスプレ博 in TFT】

ワカメ さま
a0088158_775587.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2011-02-16 07:04 | Others

選挙行ってきた

近くの投票所が20時までやってるらしいので、仕事帰りに衆院選その他の期日前投票に行ってきました。

自分が杉並区(東京ね)在住なら保坂展人氏に投票したいところなのですが、あいにく千葉県在住につき小選挙区も比例区も保坂氏とはぜんぜん違うのが残念。
あ、保坂氏に投票したいといっても別に社民党を支持してるわけじゃなくて、この人個人の政治姿勢とかが比較的好ましいと自分的には思うからなのですね。
何しろ児童ポルノ法改正(改悪?)反対の立場から、この前のコミケにまで足を運ぶという行動力がすごいなー、と。



というわけで個人的には保坂氏を応援してるのですが、自分的にはどうすることもできないので居住地の選挙区で「比較的マシ」みたいな感じの候補者&政党に投票してきたのでした。

【2009年8月23日 東京国際レイヤーズフェスティバル in お台場】
先日のプラザ平成で撮らせていただいたワカメさんのお写真です。
超美少女なのですよ。
スタイルも良いし。
こういうカッチリした感じの衣装もお似合いになりますね。

ワカメ さま
a0088158_19561569.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2009-08-26 19:58 | Others

最近読んだマンガ

順不同で。

●『バクマン。(4)
a0088158_20202186.jpg

本題とあんま関係ないけど、亜豆がちょっと可愛く思えた巻でした。
あと新キャラの蒼樹紅(<レイヤーみたいな名前)タンのルックスが自分的にツボすぎる(清楚高田派なので)。
作中作(?)の「疑探偵TRAP」、マジで読みたいんですけど!
コナンとか金田一少年みたいな正統派じゃなく、福本伸行系のケレンを前面に出したテイストでぜひ。
ちょいネタバレ気味の関連記事↓

「疑探偵TRAP」の長期休載が決定 | 漫画ニュース
ギャルゲーブログ ジャンプの「疑探偵TRAP」は過大評価されすぎ

存在しない作品なのに2ちゃんでスレ立つって……愛されてるなー。

●『3月のライオン (3)
a0088158_2032847.jpg

零が病気になったときの周囲の人たちの優しさが良いなー。
ただ将棋がよくわかんない自分としては、対局シーンが続いてもイマイチ乗り切れないのが歯がゆいです。

●『オールラウンダー廻 (1)
a0088158_2035957.jpg

「修斗」っつー総合格闘技のマンガ。
作者の遠藤浩輝が好きなのよ自分。
格闘マンガというと「刃牙」とかケレン味たっぷり系の作品が多い中、高い画力でリアルな格闘シーンが描かれてます(打撃なら派手で見栄えがするけど、地味な寝技のシーンでもきちんと格好良い&わかりやすいのがすごいです)。
どうでも良いけどこの作者、やくざとかマフィアとか出てこない作品が描けないのかw(まぁこれまでの遠藤作品に比べると圧倒的に爽やかな読後感ですけど)

【2009年8月9日 コスプレ博 in TFT】
マンガの話を長々続けてもアレなので、とっととお写真掲載に移ります。
今回掲載させていただくのはワカメさんのお写真。
この美少女っぷりと来たら!
ほんとうに素敵な方です。

ワカメ さま
a0088158_164798.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2009-08-21 20:47 | Comic

ひらがなにして、最後に「!」をつければ何でも萌えっぽく可愛くなる件

a0088158_18244767.jpg

いやー、いま流行ってますね、「けいおん!」。
自分も放映開始前は「軽音楽部ー? そんなリア充みたいなのに萌えられるかよ。けっ」とか思ってたのが萌え狂う始末。
恐るべし、京アニ。
CDもオリコン上位独占だとか。

それはそうと、「けいおん!」とか「よつばと!」とか、ひらがな+エクステンションマークっていうタイトル、何か目につきません?
共通点は可愛くてちょっと萌えっぽいのが入ってるところ。
万人に愛される作品のなのも共通ですね。

というわけで自分もこのあたりの作品に影響されて、ハンドルネームを「なすひこ!」に変えようと思うんですがどうでしょう?
だめ?(^_^;)

【2009年4月26日 東京コスプレキャラクターショウ in TFT】
今日のモデルはワカメさんです。
すげーきれい! 美人! スタイルいい!
もうこれだけでもじゅうぶんなんですが、そのうえ性格も良いのですよ。
この完璧っぷりはもう神の領域。

ワカメ さま
a0088158_18202395.jpg

a0088158_1821632.jpg

a0088158_18214696.jpg

a0088158_18211757.jpg

a0088158_18212665.jpg

a0088158_18223675.jpg

a0088158_1823746.jpg

a0088158_18233990.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2009-04-28 18:32

このブログは更新するのにどれくらい時間かかってるのか?

……と思って、ここ何度か、キッチンタイマーで時間を計りながら画像処理とかしてみたんですよ。
その結果がこれ↓

・写真セレクト 15分
Picasaで掲載させていただく予定の方の写真をざっと閲覧して、良さそうなのに☆をつけるの。
で、あとからそれを現像に回す。
その所要時間がだいたいこんなもの。
Picasaのユーザーインタフェースに慣れてしまってるんですが、自分はJPEGとRAWを同時記録してるから、1枚おきにJPEGとRAWの画像(同じもの)が出てきてうっとうしいです。
IrfanViewだとJPEGだけ選んでビューワーとして見れるんですが、☆とかレーティングとかできないっぽくて。
何か良い画像ビューワソフトないでしょうか?

・現像 15~30分
まぁこれは枚数にもよりますからね。
あと自分の好みの色とか出なくて調整に時間かかると作業時間も延びます。
この段階でRAWをTIFFで出力します。

・レタッチ 15~30分
PhotoShop ElementsでTIFFをJPEGにするのに要する時間。
最初からJPEGで出力してれば手間かからないのですが、けっこうトリミングするもので(^_^;)(<邪道)。
ただJPEGに変換するだけなら10分とかからないかな。

・リサイズ(縮小) 3分
手順とかは文章ブログで説明しましたので省略。
このソフトのおかげでリサイズはほんと手間いらずです。
助かるなー。

・文章書き 15分(理想)
せっかく文章ネタを別ブログに独立させたのですから、このブログの文章書きに要する時間は最小化したいもの。
とは言え書き始めてからここまで約10分強。
文章書くのもっと早くなりたいです(>_<)。

というわけで、当ブログの記事は1本につき、だいたい1時間~1時間半程度で作成されてます、というお話でした。

【2009年3月1日 東京コスプレキャラクターショウ in TFT】
今日のモデルはワカメさんですよ。
ワカメさんもお久しぶりですね、お会いするのも掲載するのも。
相変わらずの美少女っぷりに茄子彦めろめろです。

って言うか、最初お会いしたとき私服だと思ったんですよ。
そう申し上げたら、「『ハチクロ』のあゆですよー」というお答えが。
そう思って拝見すると、何ともお似合いじゃないですかあゆコス!
もうね、おんぶして夜道を歩きたいくらいw
こんなに素敵なあゆなら、そりゃ鳥取から徹夜でクルマ走らせますとも、ええ。
って言うか一角獣になって(お節介にも)守りたいですw
などとハチクロご存じない方には意味不明のことを言いつつ、お写真へと。

ワカメ さま
a0088158_19304834.jpg

a0088158_1931050.jpg

a0088158_19311436.jpg

a0088158_19313089.jpg

a0088158_1932268.jpg

a0088158_19321456.jpg

a0088158_19325137.jpg

a0088158_19341023.jpg

a0088158_1934215.jpg


a0088158_19343296.jpg
a0088158_19344365.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2009-03-04 19:33 | Others

自分語り(?)してみる

「茄子彦さんって、『女の子っぽい女の子』が好きだよね-」ってよく言われるのです。
外見的にも内面的にも、いかにも女の子っぽい子が好きだよねって。
確かに心当たりがありまくりというか、自分でもそう思います(^_^;)。
何て言うか「正統派美少女」が好きなんですよ自分。
芸能人で言うなら新垣結衣とか志田未来とかでしょうか
何て言うか中学生男子と女子の好みが同レベルというか、単純すぎてお恥ずかしい限り。

あとよく言われるのが、「茄子彦さんって、イベント中はテンション高いけどアフターとかだと意外に静かだよね」ってこと。
って言うか「意外に」って何だw
でもイベント中はある程度キャラ作ってますからね>自分。
イベントって一種のお祭りなわけですから、やっぱり自分的にもテンション上げた方が良いかなって。
あとは単純に、緊張するとテンション上がるたちなんですよ。
素敵なレイヤーさんを前にすると、心臓ばくばくいってハイテンションになってしまうという。
そのせいでみっともない姿をお見せしたことも一度や二度ではなく(>_<)。
とは言うものの、無理してキャラ作るのも違うよな-、とか最近は思い始めまして。
緊張のせいでテンション上がり気味になるのはしょうがないのですが、意図的にテンション上げるのはやめつつあるのですが、いかがでしょうか?(え?以前と何も変わってない?(^_^;))。

ついでに言うと、ちょっと前にこのブログをご覧くださってる方から「ときどき非モテ系自虐トークするけど、それって『がっついてない俺格好イイ』みたいな匂いがするw」とか言われました(^_^;)。
い、いや別にそういう意図は……なくはないかも。

と言うわけで今日は書くことがないので自分語りというか、過去言われたことに対してレスしてみました。
明日はとなコス行くぞ-。

【2008年8月10日 東京コスプレキャラクターショウ in TFT】
今日のモデルはワカメさんです。
上で述べた話に即して言えば、ワカメさんも「女の子っぽい女の子」ですよね。
外見も内面も、すごい女の子っぽいのー。

それはそうと、ちょっと前に掲載させていただいた真夜子コスと同じ日に撮らせていただいたお写真なのですが(だから場所もほとんど一緒)、レタッチの仕方を変えてみました。
前の時はキャライメージに合わせてコントラスト高め、今回はあまりコントラストを高くしなかったのですが、どんなもんでしょうね?

ワカメ さま
a0088158_2394226.jpg

a0088158_2395348.jpg

a0088158_2310360.jpg

a0088158_23104123.jpg

a0088158_23105762.jpg

a0088158_23111073.jpg

a0088158_2311202.jpg

a0088158_23115082.jpg

a0088158_2312195.jpg

a0088158_23121387.jpg

a0088158_23123225.jpg

a0088158_23124357.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2008-08-16 23:12

ビール愛を語ってみる

a0088158_2361660.jpg

毎日暑いですね-。
暑いシーズンはビールが旨い!と昔から言われていますが、最近では特に若い世代でビールが飲めない・嫌いという方が増えているとのこと。

痛いニュース(ノ∀`):「苦くて、おいしくない…」 ビール飲めない若者が急増中

お酒に限らず食べ物・飲み物の好き嫌いって当然あるでしょうから、ビール飲めないのが非常識だとはぜんぜん思いませんけれど。

とは言うものの、個人的にはビールはけっこう好きなのですよ。
職場の飲み会とかでお酒を飲まないといけないときは、たいていビール飲みますね。
まぁこれはビールだとアルコール度数がさほどでないからべろんべろんにならない(酔いすぎる前にお腹いっぱいになっちゃう)からという理由もあったりするのですが。

それでも、たとえば一人で外で夕食を食べるときとか、時たまお酒が飲みたくなったりしたときは頼むのはほとんどビールですから、やっぱり飲み物としても好きなのかもしれません。
ひとくちにビールと言ってもいろいろなメーカーから様々な種類が出てますが、自分的に好きなのはキリンのラガーですね。
いかにもビールらしい、苦みの効いた味が自分の好みなのですよ。

一人の食事の際にいちばん好適だと思うのは、中瓶(500ml)ですな。
大瓶(633ml)だと多すぎるし、小瓶(334mlないし330ml)だと少なすぎなのですよ自分的には。
ジョッキの生ビールも悪くはないのですが、注ぎ方の技量や保存状態で味がかなり変わってきちゃいますし、短時間で炭酸が抜けてぬるくなっちゃうのが「食事の友」としては不都合です。
あくまでメインは食事なわけで、ビールがまずくなっちゃうからとそちらにばかり気を取られてしまうのでは本末転倒というもの。
その点、瓶ビールであれば味はどのお店でもほぼ一定ですしのんびり飲んでいてもまずくなりにくいのが良いのですな。

食事と一緒に注文しても、たいてい飲み物の方が先に届くじゃないですか。
なのでまずは一杯。
グラス(なぜか小振りのことが多い)にゆっくりと注いで、泡が静まったところで口元に運ぶのですよ。
最初に炭酸の刺激がきて、舌から喉へと冷たい液体が流れ込んできます。
ごくんと飲み干すとホップの香りが鼻に抜けて。
思わず、ぷはー、とか言いたくなる気分です。
一息ついて、もう一杯。
今度は味わうようにゆっくりと飲むのですね。
そうこうしているうちに、その日一日のことをぼんやりと思い出してみたり、読みかけの本を読み始めたり。
のんびり食事をしながらのんびりビールを飲む。
これは至福のときですぞ。

【2008年8月10日 東京コスプレキャラクターショウ in TFT】
このところヘビロテ気味のワカメさんのお写真。
ちょくちょくお会いできて茄子彦感激なのであります。
少女マンガがお好きでお菓子作りもできちゃうという、すごい女の子っぽい方なのですよ。
美人のうえに内面的にも超可愛いという、何かもうどこの少女マンガのヒロインなのですかこの人は!状態。

というわけでモデルさんの魅力は大変素晴らしいのですが、それを生かし切れてない自分の撮影テクニック。
例によってワンパターンで泣けてきます(>_<)。

ワカメ さま
a0088158_23143181.jpg

a0088158_23153283.jpg

a0088158_23155439.jpg

a0088158_2316822.jpg

a0088158_23161718.jpg

a0088158_2316422.jpg

a0088158_2316543.jpg

a0088158_2317694.jpg

a0088158_23171656.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2008-08-12 23:17 | Food/Drink

コスプレの楽しさってひとつじゃないと思うのですよ

コスプレの快楽について考えてみたい。

と、いま私は「快楽」という言葉を使ったわけだけれど、これはちょっとした煽り文句というか、大げさな文言である。
このところ自分の中で「である」調文章を書くのが微妙にブームなので、それにあわせて小難しい・大げさな言葉を使ってみたのですね(いきなり「ですます」調に変わる)。
まぁ要するに「コスプレって何が楽しいの?」というところをぐだぐだ書き綴ってみたいというわけでして。

ともあれ少しばかり考えてみたところ、コスプレの快楽というのはおおむね以下のような項目に大別できるように思う(「である」調に戻してみた)。

【1】変身願望の充足
 【1-1】(普段の)自分でなくなること
 【1-2】キャラクターと一体化する/キャラクターを表現すること
【2】コスプレ関係のイベントに参加する
 【2-1】友人(知り合い)と会うこと
 【2-2】知らない人と出会うこと
【3】注目されること(≒承認欲求の充足?)
【4】写真関係
 【4-1】写真を撮ること
 【4-2】写真に撮られること(【3】とほぼ同じ?)

上に挙げた各項目は現役のレイヤーでもないいちカメコが想像で書いたものなので必ずしも正しくないかもしれないということはあらかじめお断りしておく必要があるが、個人的にはさほど的外れではないとも思う(ただ、ここにない「快楽」が存在する可能性はあると考える)。

もちろん、これらはすべてのレイヤーが必ず持ち合わせている楽しみ方ではないかもしれない。
特定の項目にのみ楽しみを見いだしている人もいるだろうし、反対に上に挙げた項目の中でも「自分的にはそれはない」と思えるものがある人もいることだろう。
とは言うものの、少なくとも【1】と【2】に関してはたいがいのコスプレイヤーに当てはまっているのではないかと個人的には思う。
反対に【3】以降(特に【3】)に関してはすべてのレイヤーに当てはまる項目ではないような気もする。

まぁそれはともかくとして、これらについてもう少し突っ込んだ話をしてみたいと思うのだが、全部を取り扱うには長大な文章が必要になってしまうから今回は【1】、とりわけ【1-1】について考えてみたい。

特にこれはコスプレに関するマスコミ報道的な言説に顕著だが、コスプレの楽しみ云々といったことが語られる際にはまずもって「変身願望の充足」といった事柄が取り上げられがちである。
私自身も上で述べたように、変身願望がコスプレの楽しみのひとつであることは否定しないものの、だがそれだけというわけではあるまい。
特にマスコミ的な物言いでは、【1-2】、つまりキャラクターとの同一化という部分にばかりフォーカスされている場合がまま見受けられるが、これは半分は正しいものの、残り半分に対する思慮が欠けていると言わざるを得ない。

たとえばスーパーマンやセーラームーンといった変身ヒーロー(ヒロイン)は確かに別の姿に「変身」するわけだが、その前段階としてクラーク・ケントや月野うさぎという「日常の自分ではなくなる」ことが必要となる。
これはコスプレイヤーにおいても同様で、初音ミクなりヨーコなりに「変身」する前に「日常の自分ではなくなる」手続きを踏まなければならない。
それは具体的には普段の生活の場ではないイベント会場に赴き日頃着ているような衣服(私服)を脱ぐことから始まるわけだが、日ごろ用いている名前、つまり本名ではなくコスプレネーム(CN)を名乗ることは中でも象徴的な行為と言えるだろう。
これはつまり、本名に象徴される日常生活を生きる自分から、CNという全く別の名前を名乗る「別人」へと変身することに他ならない。

身も蓋もない言い方をすれば、これは(退屈な)日常生活を送る自分をいっときうち捨て、非日常的なイベントを楽しむ自分への変身である。
かつて宮台真司という社会学者が、レイヤーたちの年代の少年少女に向けて「終わりなき日常を生きろ」と言ったことがあった(著書のタイトルにもなっている)。
何の変化もない(意味もない)人生という「平坦な戦場」をどうにかこうにかやりすごせ、という意味合いに私は理解したのだけれど、つまらない日常、つまらない「私」をただただ単調に生き抜くことは非常にしんどいことであるのもまた事実である。
そうした生活の中で、「日常の自分でなくなる」ことがある種のリフレッシュ、快楽となり得ることは言うまでもないだろう。

【2008年8月3日 コスプレ博 in TFT】
ワカメさんのお写真ですよー。
前の記事で掲載させていただいた波平さんとSNKあわせをなさってたのですが(CNの元ネタがサザエさんだということにこのとき初めて気がつきました(^_^;))、お二人ともすごい素敵で!
ワカメさんも超美人!ですよね!
足長っ!
お人柄もとても素敵な方なのですよ。
なのにワンフェス疲れでワンパターン写真しか撮れなかった自分のヘタレっぷりが今更ながら悔やまれます(>_<)。

ワカメ さま
a0088158_22231065.jpg

a0088158_22234429.jpg

a0088158_22235658.jpg

a0088158_2224298.jpg

a0088158_22244214.jpg

a0088158_2226094.jpg

a0088158_22261537.jpg

a0088158_22262977.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2008-08-09 22:37 | Cosplay

うその名作あらすじでコピペ厨を陥れよう

夏ですねー。
夏と言えば夏休み。
夏休みと言えば宿題なわけです。

茄子彦は皆様ご承知の通りの怠け者で、夏休みの宿題も8月末にならないと手をつけない奴だったのですよ。
なので計算ドリルとか漢字の書き取りとか単純作業系の宿題は文字通りの苦行だったのです。
が、読書感想文という奴はさほどの難題ではなく、むしろだらだと文章を書くのは結構好きだったりします。
そのせいか長じてもこのように駄文をぐだぐだ書き連ねるようになったのですが、何でも今の学生さんたちはこのテの長文書きはコピー&ペーストで済ませてしまうとか。

J-CASTニュース : 大学生から小学生まで 「ネットでコピペ病」蔓延

読書感想文のコピペサイトまであるとは、便利な時代になった(?)もんじゃのー。
ですが一方ではこんなことやってる人たちもいまして。

夏休みの読書感想文をコピペする子供たちにネットの怖さを教えたいと思います。一見すると普通の読書感想文だが、よく読むと原作にないエピソードが混ざっているニセの読書感想文を書いてください。優秀作を集めてニセ読書感想文サイトをつくります。- 人力検索はてな

コピペで宿題済ませようとする小中学生にネットの怖さを教えてやんよ!と言わんばかりの大人げない試みですなw

でもこういうウソ感想文って読んでるぶんには面白いですね。
実在しないストーリーのはずなのに、普通に読みたくなるのもあるから困るw
どうして「人間失格」にデスノートが出てきたり「こころ」の“先生”がイゼルローン要塞攻略したりするんだよww

小説のタイトルだけ見てそれっぽい紹介文を書くスレ

似たような内容がこちら。
こっちは感想文ではなくあらすじなんですが、名作文学が明らかに違う作品になってしまってます。
こっちだと「人間失格」が〈時は25世紀。世界は、人口飽和に悩まされていた。そこで国連が取った対策は、世界中で「人間適正試験」を実施することだった・・・〉とかなってるし。
むしろ読んでみたいぞコレw

と言うわけで茄子彦も真似してウソの名作あらすじを書いてコピペ厨を陥れたいと思います。
a0088158_134146.jpg

◎夏目漱石「吾輩は猫である」
共和国軍特殊強襲部隊・通称「HUNTING DOGS」。
極秘に進められたはずの作戦内容が敵国に知られていたため、部隊は大損害を被った。
部隊に敵国のスパイが紛れ込んでいる!敵と内通する「猫」を探し出す命令を受けた主人公の周りで、容疑者たちが次々と変死を遂げる。
本当の「猫」はいったい誰なのか……?
軍事ミステリーの傑作。
a0088158_13411480.jpg

◎太宰治「走れメロス」
本田技研の二足歩行型ロボット「アシモ」に対抗すべく、ベンチャー企業藤代技研が開発した二足歩行型ロボット「メロス」。
偏屈な老技術者、ペシミストの先輩研究員らとともに、主人公の熱血新入社員はまだ誰も達成したことのない「ロボットの走行」を目指す。
技術立国ニッポンの再生を賭け、男たちの熱い奮闘が始まった!
a0088158_13413745.jpg

◎森鴎外「阿部一族」
名門として知られる阿部子爵家。
その内奥では異常性愛の宴が夜な夜な繰り広げられていた。
無類の男色家である現当主の息子・高和は、愛人である主人公に自らの生い立ちと生家の堕落しきった性愛の姿について告白する……。
めくるめく異常性愛の姿を絢爛豪華に書き綴った異色作。
a0088158_13422472.jpg

◎村上春樹「ノルウェイの森」
第二次世界大戦のさなか、ノルウェイ郊外の森林で5000人近い人々が虐殺された「ノルウェイの森事件」。
主人公の日本人ジャーナリストは、かつて日本陸軍の将校だった祖父の遺品から事件の真相に迫る手がかりを見つけ、一路欧州へ飛ぶ。
日本軍がなぜヨーロッパの事件に関与していたのか?
そして先々で遭遇する奇怪な事件。
世界大戦の亡霊たちと東西冷戦をも巻き込み、事件は意外な方向へと導かれていく。
スパイ謀略小説の新たな古典。
a0088158_13424137.jpg

◎吉本ばなな「キッチン」
台所はいま、戦場と化していた。
土鍋を指導者とする「鍋派」と出刃包丁をリーダーとする「刃物党」。
宿敵同士がついに戦端を開いたのだった。
主人公の「食器洗浄機」はどちらの派閥にも加われないまま、孤立してゆく。
無生物を主人公とする斬新さに加え、戦争の悲惨さを痛切な文体で描いた実験小説。

って言うか上の紹介文、どれもつまらなそうだなー(^_^;)。
「吾輩は~」は何か押井守のケルベロスっぽいし、「メロス」はただのプロジェクトX。
「阿部一族」は名字が一緒だからウホッ!な話にしてみました。
「ノルウェイの森」はただのカティンの森事件じゃんコレ。
「キッチン」は筒井康隆の「虚構船団」の劣化コピーみたいだし。

このテの馬鹿ネタを書くのにも才能がいるなー、と非才の茄子彦は思うのでした。

【2008年7月20日 東京コスプレキャラクターショウ(TFTホール)】
今日掲載させていただくのはワカメさんのお写真です。
ワカメさんはご覧のようにすっごい美形なのですよ。
おまけにスタイルも良いし。
ちょっと遠めのところにお住まいのようで毎週お会いするとかはちょっと難しいのですが、むしろレア度が上がって良いかも、とかポジティヴシンキングしてみます。

ワカメ さま
a0088158_13495413.jpg

a0088158_13502289.jpg

a0088158_13503447.jpg

a0088158_1351590.jpg

a0088158_13511640.jpg

a0088158_13513347.jpg

a0088158_13514935.jpg

a0088158_1352647.jpg

a0088158_13521778.jpg

a0088158_13522912.jpg

a0088158_13524062.jpg

a0088158_13525410.jpg

a0088158_1353775.jpg

a0088158_1353192.jpg

a0088158_13533254.jpg

a0088158_13534569.jpg

a0088158_1354277.jpg

a0088158_13541625.jpg

a0088158_1354271.jpg

a0088158_13543926.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2008-07-26 13:54 | Book