タグ:ナマダ ( 16 ) タグの人気記事

2012年5月27日サイボーグネネ&ナマダ撮影会(第2部)

ってことで前回に続き、サイボーグネネさんとナマダさん撮影会の第2部の画像を掲載させていただきます。

a0088158_20255747.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2012-06-25 20:32 | Cosplay

2012年5月27日サイボーグネネ&ナマダ撮影会(第1部)

サイボーグネネさんとナマダさんの合同撮影会に行ってまいりした。
主催の牌さんはじめ、スタッフの皆様もお疲れ様でした!

が、今回一番お世話になったのはネネさんでして。
後処理が遅すぎる茄子彦に替わってレタッチをしてくださったのですよ。
そういうわけで今回は、撮影&RAW現像が茄子彦、最終レタッチがネネさんというコラボ的な画像をご覧ください。

a0088158_14174166.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2012-06-09 20:09 | Cosplay

もうじき8月だというのに

雨が多いせいかあんまり暑くないですね。
このまま夏が終わってくれれば良いのに。

【2009年7月26日 ワンダーフェスティバル2009[夏]】
今日はナマダ隊長(販促隊長?)のお写真!
変わらぬ美少女っぷりですねー。
って言うかスク水+ニーソって萌え的に反則だろ!

ナマダ さま
a0088158_21485546.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2009-07-28 21:53 | Others

ノートパソコンが欲しいぞ

AppleのノートPCが全機種リニューアルされたそうな。

60秒で分かるアップル新製品:アップルがアルミ仕様の新型MacBookファミリーを投入 - ITmedia +D PC USER
アルミ削り出し:薄く、軽く、アルミになった新しい「MacBook」が登場 - ITmedia +D PC USER

中でも大幅刷新となったのがスタンダードモデルのMacBookシリーズで、上位機であるMacBook ProやMacBook Airと同様のアルミ筐体になったとのこと(詳しくは上記のうち2番目のリンク先をご覧ください)。
これは嬉しい。
上位機に比べて性能(可搬性も含む)の差はあるものの、高額モデルと同等の格好良さを手に入れたわけで、Macに憧れる一般PCユーザー(茄子彦のことか?)的には非常に喜ばしいですね。
a0088158_23584052.jpg

って言うか、茄子彦も欲しいんですけど新MacBook!
普通に使うぶんにはMacBook Proの性能は不要(他にメインマシンあるし)ですので、今回カッチョ良く生まれ変わった新しいMacBookが非常に気になるのですよ。
新デザインモデル機、いちばん安いの¥148,000かー。

もう買っちゃうかMacBook!
新しいカメラ買おうと思ってたお金もあるし!
何ならカメラの性能を1ランク下げても欲しくなる魅力がありますな、新しいMacBookには。

……などと半ば熱にうなされたようになっていたのですが、冷静に考えてみるとコイツ、2㎏オーバーなんですよね。
この重量になるとモバイル用途にはちょっと向きませんので自宅での据え置き用途になってしまうような気が。
そうするともっと性能の良いデスクトップ機を持ってる茄子彦的には、宝の持ち腐れになってしまいかねません。
むぅ。

と、一度燃え上がった物欲を持て余しつつネットを徘徊してたら、もっと自分に適してるかも知れないマシンを見つけましたぞ。
a0088158_23585799.jpg

台北より生中継!:Eee PCは天使の羽になった──S101を“いきなり”フォトレビュー (1/2) - ITmedia +D PC USER

ASUSのEee PCの上位モデル、S101です。
廉価機としてベストセラーになってるEee PCですが、上位機になるといきなり格好良くなるのな!
ぱっと見、ちょっとMacBook Airみたいじゃないですか?
デザイン的な魅力が大幅アップしてるうえに、ディスプレイもEee PCより大きくなってるってことでキーボードもだいぶ打ちやすくなってる様子(Eee PC、キーボード打ちづらいですからね)。
Eee PCよりは劣るものの、バッテリ稼働時間が長いのもモバイル用途には好適。
それでいて価格は669~799ドルというのですから堪りません。
国内価格だと8~10万円と言ったところでしょうか。
自分的にはLinuxモデルの上位機、SSD64GB搭載のタイプが気になりますな(Linux使ってみたいのん)。
日本での発表は11月上旬とのことですので、わくわくしながら待ってみることにします。

【2008年10月12日 東京ゲームショウ】

ゲムショの写真を掲載してみますぞ。
モデルはここんとこヘビロテ気味のナマダタンです。
すげぇよ!まるで等身大フィギュアみたいだよ!
レフ板無しだったのでシャドウを起こせず、いつもより陰影が濃く出てるのであえてコントラスト高めにしてみました>写真。

って言うかこの日は普段にも増してナマダさんたちに粘着してしまったような気がします。
スミマセン(>_<)。

ナマダ さま
a0088158_0101657.jpg

a0088158_0103139.jpg

a0088158_0105228.jpg

a0088158_0111294.jpg

a0088158_0112712.jpg

a0088158_011442.jpg

a0088158_0115732.jpg

a0088158_0124231.jpg

a0088158_013381.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2008-10-16 00:13 | MONO(Goods)

ナス・レクイエム

またしても1週間ぶりのご無沙汰、茄子彦です。
このところやたらとブログの更新頻度が下がっているのですが、別に茄子彦もただサボってるだけじゃないのですね。
実は今、ある巨大プロジェクトに関与しておりまして。
そのプロジェクトの内容を、当ブログをご覧の方だけにこっそりとお教えしてしまいましょう。

自分が現在携わっている計画は、その名も「ナス・レクイエム」というものなんですね。
え?どこかで聞いたことのある名称だって?
いやだなー、偶然の一致ですよ。

何て言うか、最近のコス界ってけっこう殺伐としてるじゃないですか。
こういう負の連鎖みたいなものを断ち切るためのプロジェクトなんですね、「ナス・レクイエム」は。

具体的には、キモカメ粘着行動でレイヤーさんたちの嘲りを茄子彦が一身に集めます。
ここまでは予定通りです。
で、その頂点で茄子彦を叩く。
するとコス界共通の敵ができたことでコス界が一致団結できるという。

「約束通り、おまえが俺を叩け。
予定通り、キモカメ行動をとることでコス界の嘲りはこの俺に集まっている。
あとは俺が叩かれることでこの嘲りの連鎖を断ち切るだけだ。
これでコス界は、撮影技術ではなく和気あいあいという一つのテーブルにつくことができる。
……明日を迎えることができる。
それが、ナス・レクイエム……!」
a0088158_0423912.jpg

……珍しく時事オタネタ(?)使ったと思ったら自己弁護かよ(^_^;)。

【2008年9月23日 コスプレ博 in TFT】
今回掲載させていただくのはナマダさんのお写真ですよ。
全国に100万人はいらっしゃると推測されるナマダさんファンお待ちかねというか(誰も茄子彦の下手くそ写真なんて待ってません)、自分の身のまわりの「まだー?」という声にやっとお応えできました。
このところ忙しくて……(<言い訳)。
この日は9月も下旬だというのに蒸し暑くて、TFTのテラスでもけっこう不快指数高めだったのですよ。
にも関わらず、イヤな顔ひとつせず長々とお写真撮らせてくださったナマダさんはまさに女神。
「いやー、何かなっすーに撮られないとイベント来た気しないんだよねー」とか過分なお言葉までくださって感激の極みでございます。
……って、そう思われるのは普段から粘着しすぎてるせいでしょーか?(^_^;)

ナマダ さま
a0088158_058522.jpg

a0088158_0592713.jpg

a0088158_102198.jpg

a0088158_104071.jpg

a0088158_11272.jpg

a0088158_113020.jpg

a0088158_115773.jpg

a0088158_125115.jpg

a0088158_13337.jpg

a0088158_131630.jpg

a0088158_134117.jpg

a0088158_135419.jpg

a0088158_152286.jpg

a0088158_154423.jpg

a0088158_16936.jpg

a0088158_162283.jpg

a0088158_164056.jpg

a0088158_172277.jpg

a0088158_173391.jpg

★おまけ
a0088158_181821.jpg

a0088158_18326.jpg

a0088158_184494.jpg

a0088158_185523.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2008-10-03 01:09 | Cosplay

EOS 50DとD90が出た

CanonとNikonから相次いで新型一眼レフが発表になりましたね!
発表時期が非常に近いのに加え、どちらもAPS-Cサイズの撮像素子を搭載したミドルクラス機。
ということで文字通りのライバル機種なわけです。
価格帯も近いし。
カメラマン諸氏のみならずレイヤーの皆様的にもご興味がおありのことと思いますので、頼まれてもいないのに茄子彦がネット情報を元にファーストインプレッションとか語ってみますぞ☆(<余計なお世話)

発表順にということで、昨日(8/26)に発表になったCanonの新型機、EOS 50Dから。
a0088158_2225327.jpg

キヤノン:EOS 50D|概要 <Canonのサイト
キヤノン、“DIGIC 4”を搭載した中級機「EOS 50D」 <デジカメWatchの記事

Canonのこのクラスのカメラは1年半おきのリリースがセオリーだったのですが、今回は前作EOS 40Dの発売から約1年しかたっていないわけで、ある意味異例のことと言えます。
茄子彦的にも26日に発表があると聞いたときは「ついにEOS 5D後継機か!?」とか思ったのですが、蓋を開けてみればこの通りだったわけで、正直ガッカリの念を抑えきれませんでした(^_^;)。
んが、発表から一夜明けてよくよくスペックとかを見てみると、異例の短期間での刷新にも関わらずきっちりとスペックアップが図られてるのですね。
画素数はAPS-C機では最多の約1,500万画素、最高感度も同様に最高水準となるISO 12,800まで。
進化したオートライティングオプティマイザー(人物撮影にはけっこう役立つと思います)を備え、背面液晶モニタもクラス最高水準の3インチ92万ドット、レンズ毎のAF微調整機能も備えている……といった具合に、NikonやSONY、PENTAXといった各メーカーのライバル機種の備えてる機能は残らず搭載し、可能であればそれを超えてしまおうという意気込みを感じます。
自分的にすごいな-、と思うのは最高感度で、このところの「高感度でキレイなのはNikonだ」という風評を吹き飛ばすパワーがあると思います(APS-CのNikon D300は約1,200万画素、最高感度ISO 6400ですからね。どっちも超えてるという)。
元々Canon機は高感度でのノイズの少なさには定評があったところですので、このスペックにはCanonの意地を感じました。
まだ実写撮影画像とかは出回っていませんが、APS-Cサイズのセンサー搭載機としては「いちばん画像がキレイ」なのではないかと期待できるスペックと言えます。
EOS 40Dと比べると正常進化というか手堅いスペックアップだと思いますが、このところ「出し惜しみ」と揶揄されている進化スピードがだいぶ速まったな-、というのが正直な感想。

で、もう一方のD90は今日(8/27)発表だったわけですが。
a0088158_2232461.jpg

D90 - デジタル一眼レフカメラ | ニコンイメージング <Nikonのサイト
ニコン、動画が撮れるデジタル一眼レフ「D90」 <デジカメWatchの記事

こちらは前作であるD80の発売からほぼ2年ということで、時期的には特段サプライズはないのですが、驚くべきは何と!動画が撮影できちゃうらしいのですよ!
こう言うと、「いや、そんなのコンパクトデジカメでは普通ッスからw」みたいな反応が予想できるのですが、いやいやいや、コンパクトとはぜんぜん違うんだってば!
って、自分も最初はそう思ってたんですが、Nikonのサイトにアップされてる動画を見て度肝を抜かれましたよ!

D90:動画撮影機能 - デジタル一眼レフカメラ | ニコンイメージング

とにかく試しに↑ここにアップされてる動画を見てみてくださいってば!
いやー、コレすごいわー。
茄子彦はビデオカメラとか動画関係の機材に関してはまるきり無知なのですが、いわゆるホームビデオの動画とはぜんぜん違うの。
いちばんわかりやすいのがボケを生かした動画が撮れることで、ホームビデオでの撮影が「記録」であるならD90での撮影はまさしく「作品」。
文字通り映画同様の撮影が可能みたいです。
これがSONYのカメラであれば予想の範疇(α350とかの背面液晶が稼働するところ、ちょっとビデオカメラみたいですし)だったのですが、まさかNikonがこんなことをやるとは。
それでいて価格も特に高くなっているわけではないのですから、豪華すぎるおまけといって良いでしょう。
Canon機の進化が正常進化だとするなら、Nikonは明らかに斜め上の方向に進化してますな。

……と、褒め殺し気味に両機種をご紹介してみましたが(新発売ってことでご祝儀も兼ねてね)、もう少し率直に自分の思ったことを書いてみると、「どっちも自分的には、今のところ欲しくないな-」といったところ。
別の言い方をすると、「このクラスのカメラもコンパクトデジカメっぽくなったな-」ということです。
Canonのオートライティングオプティマイザーや顔認識AF、Nikonの場合は動画と、明らかにコンパクト機からフィードバックされた機構が搭載されてるのが今回のニューモデルに(価格帯とか以外に)共通する項目なわけで、そのこと自体はデジカメの進化の方向としてアリと言えばアリなのですが、自分の求めている方向とは違うような気がするんですよ。
自分の求める方向というのは、もう少し「(一眼レフ)カメラとして使っていて気持ちよく、今まで撮れなかったような写真が撮れる」といった方向性なのですね。
EOS 50Dには少しそういった方向性を感じますが、正直D90にはあまりそうした意向が感じ取れないのが残念なところ。
そもそもの話、APS-C機も技術的に成熟してしまって驚くような進化が今のところ見込めないようにも感じます。
ますますフルサイズ機が欲しくなった、というのが今回の発表を見た自分の感想です。

が、もう少し一般的な方がコスイベ等での撮影用に使うのであれば、両機ともけっこうお奨めのような気がします。
このところNikonびいきの自分ですが、コスイベ用ということであればEOS 50Dがお奨めですね、この2機種なら。
イベントだとけっこう暗い場所(TFTのホール内とか照明から遠いところとか)がありますが、そうしたところだと嫌も応もなくISO感度を高めないといけません(手ぶれ補正も良いのですが、レイヤーさんが動いたらぶれるのに変わりはないので)。
そうした状況では50Dの高感度耐性が効いてくると思います。
オートレンジオプティマイザーの逆光人物補正も(同様の機能を搭載しているEOS Kiss X2の雑誌などでのレビューを見る限り)いわばデジタルレフ板として人物写真をキレイに撮るには悪くない機能です。
レフを使えない/使いづらい場合もありますしね。
むやみな多画素化には反対気味の茄子彦ですが(高感度耐性が落ちちゃうし、ファイルサイズも大きくなって記録メディア容量や画像加工の際の速度が遅くなっちゃう)、この機種の場合は画素数を減らして記録するsRAWというモードがあるのでファイルサイズの点で有利なのも良いところ(普通にモニタで見たりA4くらいまでの印刷であればsRAW1でじゅうぶんだと思います)。

一方D90は率直に言ってカメラとしてはD80から(EOSに比べると)さして進化していないので、これなら旧機種のD80か、いっそのことD300までおごってしまう方が幸せになれるような気も。
ただ良くも悪くもこの機種の売りは動画機能(たぶん)。
コス関係のサイトやブログでは写真(制止画)の掲載が一般的ですが、映画同然の動画作品を撮影できるこのカメラであれば、YouTubeやニコニコ動画を使って動画作品をアップするという前人未踏のことも可能になるかもしれません。
いろいろとハードルはありますが(そもそも、コスイベって動画撮影OKなのか?)、可能性という点では面白いかもしれませんな。
ロケや撮影会の模様をアップしたりとか。
それこそ、短編のドラマ調ムービーが作れるかも。

ついでにもう少し広範な市場の予測など。
Canonの今回の新機種投入は、Nikonに押されたシェアダウンへのてこ入れなどの意図があることは明白で、EOS 40Dのときと同様に団塊の世代をターゲットユーザーにしているようです。
なるほど、道具としての手触りや画質などは同社のKissシリーズを上回っていることは間違いないでしょうが、他社も見回すとNikon D300が強力なライバルとして立ちふさがる予感。
特に高年齢層にとってはNikonのブランドイメージは高いですし、機械としての感触もおそらくはD300の方が上でしょう。
それでいて現時点の最安値ではEOS 50Dが¥13万強に対してD300が¥15万強。
このクラスでこの程度の価格差では、「ちょっと上質」を狙うユーザー層はNikonに流れるのではないかと予想します。
EOS 50D、単独で見ると悪くないんですが……(って言うか現行のAPS-C機では一、二を争う完成度だと思います)。
Nikonに目を転じると、そうしたハイアマチュア層はD300に任せ、D90はこれまでのミドルクラスユーザーからもう少しファミリー向けに舵を向けているように感じます。
これ一台で写真も動画も撮れてお得ですよ、みたいな。
その試みが吉と出るか凶と出るかはわかりませんが、野心的な試みであることは間違いないでしょう。
ある意味、現在のNikonの勢いを象徴していますね。

最後にもうひとつ。
デジカメWatchのEOS 50D発表会記事によると、Canonの重役さんが〈「2008年中にもう1機種のデジタル一眼レフカメラを発売する」と明言した。〉そうなんですけど!
そ、それってEOS 5Dの後継機ですか!?
期待しても良いんですか!?

EOS 1D系の新型機だったりして(^_^;)。

【2008年8月17日 となりでコスプレ博】
先週末にイベント行かなかったので、相変わらずとなコスの写真で許せ。
と言うわけでこんかいはナスダナマダさんのお写真を掲載させていただきます。
って言うか、左に並んでる登録タグを見ていただくとおわかりになるかと思いますが、今回の掲載でナマダさんのお写真掲載数がこのブログ内ではトップになるのですね。
つまりそれだけたくさんお写真撮らせていただいてるわけで。
アクセス解析見ても、ナマダさんのお名前で検索してお越しになってる方も多いようですし(いま試しにナマダさんのお名前でGoogle検索してみたら、1ページ目に出てくるんですね>当ブログ)。
こんな底辺零細ブログだというのに、ナマダさんご本人からコメントいただけるのも感謝です。
有名美人レイヤーさんなのに、超気さくなんだよこの人は!
いや、コメだけじゃなく実際にお会いしても。
本当にいつもお世話になってます<(_ _)>
かくなる上は、次にお会いするときには何か貢ぎ物でも用意しないと!とか本気で思うのですが、何が良いでしょうね?>ナマダ姫(え?スク水?w)

ナマダ さま
a0088158_22181945.jpg

a0088158_22185585.jpg

a0088158_22191537.jpg

a0088158_22193516.jpg

a0088158_22195246.jpg

a0088158_22201197.jpg

a0088158_22202512.jpg

a0088158_22204775.jpg

a0088158_22212073.jpg

a0088158_22214069.jpg

a0088158_22215694.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2008-08-27 22:22 | Camera/Photo

D700買うにはいくらくらいかかるのか?

今日はカメラ雑誌の発売日だったので、ウホウホ言いながら何冊か買い込んできました(何か先月も同じようなこと言ってたような気が)。
お目当てはもちろん、D700の特集記事です。
もはや完全に買う気満々モードに入っております。

そういう心理状態ですので当然ながら価格.comの最安値情報は毎日のようにチェックしてるのですが、ついに約26万円まで下がりましたね、D700
発売してから1ヶ月もたたないというのに30万円→26万円まで下がるなんて。
いったいどこまで下がるのか興味津々というか、こんなペースで価格下落が続いてると買うに買えなくて困りますな(^_^;)。
さすがに自分が買ってから1ヶ月後に5万円も値下がりしてたら心穏やかではいられません。
って、そんな風に考えるのは茄子彦が貧乏性だからかもしれませんが(>_<)。

でも現状でD700に手を出すのをためらわせてる最大の要因は、やはりEOS 5D後継機の動向。
現時点ではD700が自分にとって最適のカメラであるように思うのですが、もしかしたら(今後発売されるであろう)5D後継機の方が自分的に良いカメラである可能性もあるわけで、そう思うとD700をいま購入するのに不安を覚えるわけです。
できればEOS 5D後継機の発表を待ち、D700とスペック等を比較検討してより良い方を選びたいと思っているのですよ。
だから早く5D後継機を発表してくれ!>Canon

などとCanonの動向を気にしながらも、現時点での購入最有力候補であるD700に関する皮算用もしっかり行っていたりするのですけどね。
自分の備忘録的に、購入したい/すべきものを書いてみます。
a0088158_144745.jpg

●Nikon D700 ¥250,000
以前も言いましたが、自分が買う頃にはこのくらいの金額になってるんじゃないかと。
a0088158_145763.jpg

マルチパワーバッテリーパック MB-D10 ¥30,950
縦位置グリップ。
片手撮影(もう一方の手でレフ板を持つから)の多い自分としてはぜひ使いたいアイテムなのですが、これをつけると重量増を招いて片手保持が難しくなる恐れもあるという諸刃の剣。
とは言えそういった運用面での良い悪いは実際に使ってみないとわかりませんから、とりあえずは買ってみて駄目そうならヤフオクで売り払おうと思ってます。
a0088158_151092.jpg

TranscendSILICON POWERの300倍速CFカード(8GB) 1枚¥10,000くらい
自分の撮影スタイルだとけっこうパシャパシャ連続して撮るので、高速タイプのCFカードが必須。
ネット上の噂などだとSANDISKやLexarの評判が良い(スピードや信頼性の点で)のですが、なにぶん高価なのですよ。
だいたい上記製品の2倍くらいのお値段でして。
なのでブランド的には二番手的なTranscendかSILICON POWERの方が費用対効果の面では良いかな-、と思うのです。
パンフレットによるとD700はRAWで撮った場合2GBのCFカードに100枚くらい記録できるらしいので、300倍速CFの現時点での最大容量である8GBのものをチョイス。
容量少ないと撮影途中にカード交換しなきゃになってしまい、レイヤーさんにも後ろに並んでる方にも迷惑ですからね。
問題は何枚用意するかなのですが、とりあえず1回のイベント等でのこれまでの最大撮影枚数+αということで余裕を見て4枚くらい買っておこうかと思ってます。
a0088158_151915.jpg

●カメラバッグ ¥?(¥30,000くらいまで)
せっかくカメラを新しくするんだから、カメラバッグも新調したいと思ってます(って言うか今は専用のカメラバッグ使ってないのですが)。
とは言え、あんまり「カメラバッグです!」って感じのデザインじゃない方が良いな-。
だってただでさえ外見がキモカメなのですから、せめて持ち物だけでもカメオタ臭を取り除きたいじゃないですか(^_^;)。
目下の最有力候補はARTISAN&ARTISTというメーカーのCOV-8000GDR-213C
どちらもカメラバッグにありがちなゴツゴツしたデザインじゃないのが好印象です。
逆に言うと女性向けっぽいデザインとも言えるのが難点でもあるのですが……。
お奨めのカメラバッグとかあったらぜひお教えください>読者各位。
a0088158_153537.jpg

★レンズ
茄子彦のレンズ選びのコンセプトは、「費用対効果を重視する」こと。
具体的には「最良だが高価」なものより、「性能はそこそこだが安価」なものを選ぶということですね。
いくら高性能でもAF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G EDに¥18万以上かけるなら、同じ費用でそこそこのレンズを複数購入した方が撮影領域も広がるじゃないですか。
問題は「そこそこ」の基準をどのあたりに置くかということですが、2ちゃんねる・デジカメ板の「D3/D700で安レンズを使っている人のためのスレ」や雑誌等で好評なものであれば良いかなって。
そのあたりを参考に選んだのが下記の購入候補。

TAMRON SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09) ¥32,095
Nikon Ai AF Nikkor 50mm F1.8D ¥16,766
Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.8D ¥36,430
Nikon Ai AF Nikkor 35mm F2D ¥29,199
TAMRON SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO (Model A001) ¥71,190

欲しい順に書いてみました。
特にA09と50㎜は必須というか、コスイベで使いやすいレンズなのでぜひ欲しいですね。
これはカメラと同時購入を考えてます。
それ以外もポートレートには使いやすいレンズなので、必要に応じて買いそろえていこうかと。
それにしてもA09の安さは異常。
純正24-70mmF2.8の約1/6の価格って!
って、よくよく考えてみれば、上にあげた5本のレンズ全部買っても24-70㎜とほぼ同じ費用なんですね。
どちらを選ぶべきかは(自分的には)考えるまでもないことです。

……と、ここまであげてきた全部(レンズは2本分ね)を足すと、総費用は約40万円。
お金かかるとは思ってましたけど、これほどとは(^_^;)。
ってでも、無理矢理自分を納得させるためにフィルム時代のことを考えてみると、フィルムなら(フィルム代と現像・プリント代で)8,000枚ほど撮影するとほぼ同じ金額がかかるわけで、それを思えば納得できないこともないこともないと言うか(<歯切れ悪いな)。
8,000枚なんて、下手すれば3ヶ月かそこらで撮影してしまう枚数ですものね。
とは言えお財布的にはけっこうな打撃であることも事実。
節約に励まないと(>_<)。

【2008年8月17日 となりでコスプレ博】
ナマダ先生のお写真なのでございます。
衣装は「昇龍戦姫 天夢」というえっちなゲームのコスだったとのこと(<いちおう宣伝してみた)。
知らないキャラを撮るのは褒められたことじゃないんですが、衣装可愛いし、何よりナマダファンとしては見過ごせないだろう!?(<逆ギレ)

この日は会場入り口がいつもの正面中央じゃなくて、(ワンザから見て)左側だったのですが、ナマダさんたちはそのすぐ手前の角のところにおいでだったのですね。
なので入場前にナマダ姫を発見した茄子彦は当然のようにそこへ直行w
キモカメらしいわかりやすい行動ですな(^_^;)。
この日はナマダタンの妄想炸裂トークが聞けて楽しゅうございましたよ。
それはそうと、以前の記事で「ナマ彦」と名乗るのを却下されたワタクシですが、それならばと「ナマ彦が駄目なら『ナース彦』に名前変えます!」と申し上げたところ、もはや返事もしてくれませんでした(>_<)。
……粘着にも程があるだろう>自分。

ただ惜しむべきは、カメラの露出設定間違えてしまい、特に全身写ってるカット(座りポーズも含む)がことごとく露出不足になってしまったのですよ。
妙にノイズが乗ってたり色が変だったりする写真があるのはそのせいです。
あぁ大後悔……(>_<)。

ナマダ さま
a0088158_1345812.jpg

a0088158_135839.jpg

a0088158_1353155.jpg

a0088158_1354594.jpg

a0088158_1363097.jpg

a0088158_1364152.jpg

a0088158_1381499.jpg

a0088158_1371826.jpg

a0088158_1383373.jpg

a0088158_1384443.jpg

a0088158_1385979.jpg

a0088158_1394927.jpg

a0088158_140049.jpg

a0088158_1401290.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2008-08-21 01:40 | Camera/Photo

ネットで見つけたコス関係の記事を紹介してみるぞ

ネタがない時はネットで見つけたニュースとかだらだらご紹介することにしてるのですが、今日はいつもと趣向を変えて(?)コス関係っぽいネット記事に絞っていくつかご紹介してみますよ。

フォトレポート:アニメイベント「Anime Central」で見つけたコスプレーヤーたち:ニュース - CNET Japan
a0088158_064350.jpg

米国のアニメ関係のイベントに集まったコスプレイヤーさん(海外のイベントだと日本風にに「レイヤー」って呼びづらいような)の写真を集めた記事。
アメリカのイベントってことで参加してる皆さんの人種も様々で、日本人のコスプレばかり見慣れた目にはちょっと新鮮です。
でもやってるキャラは日本でもおなじみのものばかりなのな!
せっかく米国でやるのだから向こうオリジナル作品やればいいのにと思うか、あるいは日本アニメの強さを実感するかはあなた次第。
当然ながら日本人のような黄色人種ばかりではなく白人・黒人のレイヤーさんもいらっしゃるので、キャラによってはありえないほど似合ってたりその逆だったりw

山梨・ハイジの村、人気コスプレ大会中止 : 旅得NEWSBOX : 旅ゅーん : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

こちらは普通に国内記事。
ハイジの村でコスイベやってるってのは聞いたことありましたが、苦情電話で中止になっちゃうとは……。
コス愛好者としては微妙に寂しかったり。
んでこのことに対する2ちゃんねるの皆様の感想その他が下の記事↓

【2ch】日刊スレッドガイド : ハイジの村のコスプレ大会に、クレームの電話1本→イベント中止

途中までは開催者側を非難する書き込みが多かったのが、実際の模様を見たとたんに論調が一変。
「ハイジと全然関係ないじゃんw」とわかるといっせいにレイヤー批判(というかせめて場所と関係あるコスしろよ!って感じ)になっているのが痛いです(<自分の心が)。
世間のコスプレに対する目がわかるというか、自分的にはちょっといたたまれないなー(^_^;)。

コスプレ批判っぽい流れに対して脊髄反射的にマジレスモードで反論すると、人間には愚行権というものがあると思うのですよ。
大げさに言うと憲法で保障された自由権の一種とも言えるもので、傍から見ればどれほど馬鹿馬鹿しいことでも本人がそれで良くて、かつ他人に迷惑かけてないならそれでいいじゃん、という考え方ですね。
コスプレもそうですし、例えばパチンコや競馬で大金を失っても、煙草やお酒にのめりこむのも、あるいは電車の中で人目もはばからずカップルでいちゃいちゃするのも、他人からすれば「何バカやってはるんスかww」という事柄でしょう。
でも本人的にそれでいいじゃんと思ってるんなら、他人がとやかく言う筋合いにないことも事実なわけですね。

とはいうものの、その前提には社会的に(自分には理解できない)他者の行動に対する寛容が認められている必要があるわけなのですが、現今のわが国においてはこうした寛容性が以前に比べて低くなっているようにも思うわけです。
昔なら許された「馬鹿なこと」が許されづらくなっているって言うか。
公共の場での喫煙とかはそうしたうちでもわかりやすい例だと思います。
もちろん、その理由としては「他人に迷惑をかけない」という部分が厳密になっているせいもあり、また一方で「馬鹿なこと」がいくらなんでもエスカレートしてる(他人に迷惑かけないないなら援助交際してもいいじゃん、とか)せいもあるのでしょうけど。

今回のコスプレ中止についても、一部の心ない参加者による「他人に迷惑をかける」行動が背景にあったのかもしれません。
例えば(公共の場だというのに)やたら露出度の高い衣装の人がいたとか、会場内を我が物顔で占拠するとか。
いずれにせよ「クレームの電話1本」で中止に追い込まれる前例ができたわけですから、コスイベント参加者は(カメラマンも含めて)イベント参加者以外の方々に迷惑をかけることがないよう注意する必要があると思います。

若い頃の押井守がハンサム過ぎる件|はちま起稿\(^o^)/
a0088158_0995.jpg

コスとは何の関係もないんですが、紹介せずにはおられなかった記事。
押井監督、昔はこんなに美形だったんスかー!!
でも確かに石野卓球に似てますなw

【2008年6月8日 東京コスプレキャラクターショウ in TFT】

某さんのリクエストにお応えして(?)ナマダさん特集ー!
この日はですねー、イベ会場に入ったとたんにナマダ姫にお声がけいただいたのですよ。
全然こっちも気づかないうちというか、まだコス撮影モードに入ってない状態での遭遇だったので、妙に焦ってしまったのは秘密ですw
でも2週続けてナマダつんのお写真撮らせていただけるなんて夢のよう。
調子に乗って、「自分も茄子彦じゃなく、『ナマ彦』って名前に変えます!」って言ったら、「ぜったいヤだw」と断固拒否されてしまいましたとさ(^_^;)。

ナマダ さま
a0088158_0145586.jpg

a0088158_015813.jpg

a0088158_0152173.jpg

a0088158_0154594.jpg

a0088158_016057.jpg

a0088158_0162624.jpg

a0088158_0172790.jpg

a0088158_0175614.jpg

a0088158_0181411.jpg

a0088158_0183347.jpg

a0088158_0184992.jpg

a0088158_019942.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2008-06-14 00:19 | Cosplay

やる夫特集

えっと、先日のイベントである方から、「茄子彦さんって何かコスできそうですよね」みたいなことを言われまして。
「何か、似てるキャラがあるような気がするんだよなー」とか何とか。

むぅ。
確かにはるか昔、20世紀の頃、キモフェイスにも関わらずレイヤーの真似事のようなことをしていたことはありますが、その頃にも増してキモイ外見になっている今さらになって出来るコスなどあるわけがないです。
でも強いて言えば「やる夫」のコスプレができるかもしれませんな。
こんな感じで↓
a0088158_22123275.jpg

って言うかほんとにやってる人がいるとは……w

あ、皆さんは「やる夫」ご存知ですか?
現在の2ちゃんねるでいちばん有名なAA(アスキーアート)というか、マスコット的な存在なんですね、やる夫は。
2ちゃんに限らずネットのそこら中に出没してるので、2ちゃんねる見ない方でもご存知かもしれません。
かくいう当ブログでも、時々やる夫関連の記事とか紹介してますしね。

今日は書くこともないので、やる夫関係の記事で面白かったものをいくつかご紹介してみます。

無題のドキュメント やる夫が選挙に出馬するようです
無題のドキュメント やる夫が選挙に出馬するようです(その2)

タイトルどおり、やる夫が選挙に出馬するという記事。
読んでみたらすごい面白かったですよこれ。
もうね、似たような設定(?)の某ドラマより面白い。
市議会議員選挙が舞台なんですが、へーって思うような知識が目白押し。
ぜひご一読をお奨めします。
続編で「やる夫がまたまた選挙に出馬するようです」というスレッドも2ちゃんねるでは進行中みたいです。
こちらは国政選挙が舞台だとか

やる夫が日本再建に乗り出すようです 豚速(`・∞・´)

選挙で天下国家のことにご興味を持たれた方にはこちらがお奨め。
日本の国家予算のことや政策等についてわかりやすく解説されてます。

のとーりあす やる夫で学ぶ自作PC

当ブログでは時々PCの自作関連のネタを書くことがありますが、自作に興味ないor知識のない方からすれば何を言ってるのかわけわからん状態のことと思います(^_^;)。
自作PCの現状をやる夫が解説するこの記事を読めば、ある程度のことはわかるかと思いますよ。
興味はあるんだけど全然わからなくて……、みたいな方にお奨め。

アフォBlog やる夫が東大を目指すようです

今年(もしくは来年)大学受験の方にお奨め。
受験大学全滅で予備校に通い始めたやる夫は、どうせならと東大を目指すことにしますが……?という感じの記事です。
ところどころ実際の入試にもためになる知識がちりばめられてるので、受験勉強の息抜きも兼ねてご覧いただければと。

やる夫が小説家になるようです:ハムスター速報 2ろぐ
完結:やる夫が小説家になるようです:ハムスター速報 2ろぐ

現役編集者の書き手による「小説家のなり方」みたいな記事。
どうやって小説を書いたら良いか、というハウツー知識の他に、この記事自体が物語としてなかなか面白いです。
小説家志望の方でなくても必読の記事です。

……こうして見ると、自分やる夫関連の記事けっこう沢山見てますね(^_^;)。
どんだけ暇なんだ自分、みたいな。
まぁどれも面白い記事なので、お暇なときにでもご覧くださいませ>皆様。

【2008年6月1日 コスプレ博 in TFT】
今日掲載させていただくのは、ナマダさんのお写真です。
前回の記事でも申し上げましたが、このところイベントでナマダさんのことお見かけする機会が全然なくて。
もしかして引退……?とか思ってたのですが、久しぶりにお会いできて良かった良かった。

すげーキレイな方なのですよ。
手足がむちゃくちゃ長いの。
文字通りのモデル体型ですな。
ご自身のブログとか拝見すると、かなり沢山ご飯やお菓子を召し上がってらっしゃるようなんですが、この女神のようなスタイルの良さは何なの。
ナマダつんの身体構造はどうなってるのでしょうか?

ナマダ さま
a0088158_22212239.jpg

a0088158_22213981.jpg

a0088158_2222747.jpg

a0088158_22222168.jpg

a0088158_22223683.jpg

a0088158_22225324.jpg

a0088158_22232687.jpg

a0088158_22234997.jpg

a0088158_2224996.jpg

a0088158_22242490.jpg

a0088158_22244423.jpg

a0088158_2224591.jpg

a0088158_22251928.jpg

a0088158_2225328.jpg

a0088158_22255217.jpg

a0088158_2226769.jpg

a0088158_2226368.jpg

a0088158_22265744.jpg

a0088158_22271075.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2008-06-03 22:27 | Internet

コスプレイベントの会計学

a0088158_23323450.jpg

……と言うわけで、明日(3/2)は茄子彦の誕生日なわけですが。
例年であれば一人寂しく自分の誕生日を祝うと言うか、普通に仕事してて別に何のイベントも無いまま1日がすぎていくわけなのですが(<寂しい奴だな)、明日は日曜日。
イベントもありますので、イベントで会う方会う方に「今日誕生日なんですよー」と聞かれてもいないのに吹聴しまくって、あわよくば(お義理でも)祝ってもらおうという魂胆なのですね。
我ながら図々しすぎる。

まぁそれはともかく、今日は別のお話。
ほら、最近会計学の本って微妙に流行ってるじゃないですか。
大ベストセラーになった『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』は世の中のあれこれを会計学的な見地から解説した本ですし、これまた今年のベストセラー『効率が10倍アップする新・知的生産術』も著者の勝間和代さんが公認会計士なので随所に会計学の知見が盛り込まれてて。

『新・知的生産術』の方は茄子彦もちょっと前に読んだのですけど、著者である勝間さんは食事に入ったレストランでもそのお店の家賃やら人件費やらを推測して収益や素材のレベルを計算なさるそうで。
さすが経済アナリストと言ったところでしょうか。
一緒に食事に行って目の前でそんなことを解説されたらちょっと困ってしまうところですがw、普段の生活の中でも常に自身の職業的な洞察を欠かさない点は見習いたいものです。

で、それに触発されて茄子彦も身近なものをちょっと会計学的に考えてみたいと思います。
せっかくなのでこのブログをご覧の方の多くが知っていると思われるコスプレイベントについて。
とは言え自分は会計学の専門家でもなんでもなく、財務諸表さえろくすっぽ読めない素人なので、遊びだと思って話半分に聞いてくださいな。

まず収入の方から。
茄子彦はコスプレイベントを開催したことも無ければスタッフになったことも無いのであくまで想像なのですが、多くの場合コスプレイベントの収入の大半は参加者の入場料だと推測されます。
ご存知の通りイベントによって入場料はまちまちですし、コスプレイヤーと一般参加とでは料金も違うのですが、話を単純にするために平均¥2,000だとしましょう。
これに参加人数をかければおおよその収入がわかるわけですが、参加者数もイベントによって大きく違うでしょうから、これも単純に平均500人ということにします。
すると収入は2,000×500=100万円。
他にあるとすれば出店者からの出店料ですが、これは(勝手な推測ですが)1店から1万円取れればせいぜいで、たぶんもっと安いと思います。
いちおう1万円ということにすれば、仮に5店出てたら5万円。
以上を合計すると1回のイベントの総収入は105万円と推測することが可能です。

一方支出に関しては、そのうちのかなりの部分を会場使用料が占めていると考えられます。
試しにネットで検索してみたら、TFTホールのホール500とホール300、つまり(入り口から見て)右側の部分を1日借りた場合、約70万円~95万円程度が必要になるようです。
晴海ターミナルホールであれば1日10万円。
って言うかTFTと晴海ってこんなに使用料金が違うんですね。知らなかったよ。
ただ晴海に関して言えば、これはあくまで4階のホールの使用料なので、3階や5階も使ってる最近のイベントだと使用料がどうなってるのかはわかりません。
それでもこの価格水準から推測すると、コスイベント的な使い方でもせいぜい30万円かそこらにおさまるような気がします。
あと当然発生する費用はスタッフの人件費。
これを仮に1人1万円とすると、10人いればそれだけで10万円。
あとは音響機器や什器類のレンタル費用がありえますので、これに10万円を見込みます。
他に重要と思われるのが宣伝広告費なわけですが(入場証の印刷費用も含む)、コス関係メディアの出稿料がどの程度なのかさっぱりわからないのでもろもろ込みで10万円と仮定すると、しめて総支出は晴海で65万円程度、TFTなら(高く見て)125万円程度と推測されるわけです。

以上を比較すると、晴海でイベントを開催した場合は1回につき40万円(以上)の黒字、TFTなら20万円の赤字が発生すると考えられます。
まぁこれは机上の空論なわけで、実際にはもっと違うと思うんですけどね。
だって普通に考えれば、TFTでイベントをすると赤字が発生しちゃうのならばこんなに年中あそこでイベントやってるわけがなく。
おそらくTFTの場合は500人よりも平均入場者が多く、結果的に赤字は回避できてるものと思われます。
仮に平均入場者が1,000人ということで計算しなおせば80万円の黒字になりますので。
逆に晴海イベント大儲けじゃん!というのも必ずしも正しい推測ではなく、こちらはイベント開催される頻度が高いせいか入場者数がTFTに比べて少ない可能性が高いですし、そもそも入場料自体がここで推測した2,000円より安価な場合が多いので、TFTイベントに比べて「儲かってる」とは一概に言えないような気が。
いずれにせよイベントが毎週のように開かれている現状を見るに、少なくとも中長期的に見ればイベント運営は黒字になっているはずです。

こうしてイベントの収益構造を見ると、イベント主催によって利益を上げるためには入場者数の増大を図るのが最も良い手法であることは明白です。
品物を売る小売業などと違い経費が顧客数に左右されず一定ですので、「人が来れば来ただけ儲かる」わけです。
茄子彦がもしもイベント主催者で、イベント開催で一儲けしてやろう!と目論むのであれば、先ずはイベント開催を広告しまくりますね。
特に(女性)レイヤーさんが来てくれるようにします。
コスイベントに限らずイベント的なものの集客に際しては「女性が集まれば男性も集まる」という定理(?)が有名ですが、コスイベに関してもこれはあてはまります。
参加してくれる(女性)レイヤーさんが増えれば、彼女たちを撮影したいと思う(男性)カメラマンさんも多く参加してくれるようになりますので。
そのためには(女性)レイヤーさんの入場料を低く設定するといった手法が考えられます(コス系以外のイベントでもこうした男女で料金設定を変える場合はありますよね)。
ここまでは今でも行われていますが、さらに露骨にお金儲けを考えるのであれば、有名レイヤーさんを入場無料にするとか、あるいは報酬を支払って来てもらうというやり方も考えられます。
そのレイヤーさんのブログとかで「このイベントに行きます」と書いてもらえば、つられてカメラマンさんの参加増も見込めますよね。

って、こういう風に言うと、「茄子彦はイベント開催でお金儲けするのをオッケーと思ってるのか?」と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、その通りです。
あくまで趣味として、無償で衣装を作ったりして参加なさってるレイヤーさんやカメラマンさん的には、「イベントで儲ける」といった考え方にはあまり賛同できないかもしれません。
ですが、イベント主催者も普通の人間なわけで。
反対にイベント開催するたびに何十万円といった赤字を自分で補填しないといけない状況では、年に数回イベントを開催するのが精一杯でしょう。
私たちが毎週のように参加できるほど頻繁にイベントが開催されてるのは、「イベントが儲かる(少なくとも主催者が私財で赤字を補填しないで済む)」からに他なりません。
あと、先ほどTFTと晴海の会場使用料に触れましたが、TFTなんていう「高い会場」を使用できるのもそれなりの収入が期待できるおかげです。
収入が少なければ、晴海どころか公民館で開催するのが精一杯という状況になってしまいかねません。
事実、茄子彦がコス系のイベントに参加し始めた当時は板橋区の高島平公民館や晴海がコスイベントの主会場でした。
もしくは同人誌即売会会場の片隅でコスするしかなかったのですね。
それがTFTやTOC、プラザ平成といった新しくてきれいな会場を独占的に使ったり遊園地で開催できるようになったのは、儲かるようになったおかげだと思うのですよ(まぁそうした会場は昔は存在しなかったせいもあるでしょうし、遊園地の使用料は一般客の客寄せのためにディスカウントしてもらってるんでしょうけど)。

茄子彦的にもコスをお金儲けにする、みたいな考えには微妙に抵抗があるのも事実なのですが、それによって得られた収益でもってコスプレイベントとかがさらに楽しいものになるのであれば、むしろ歓迎すべきことなのでは、とも思います。
今っぽい言い方をすれば、「利益を消費者(参加者)に還元する」といった考え方ですね。
イベント主催者はどんどん儲けて、どんどん参加者に還元するようにして欲しいものです。

最後に蛇足めいたことを付け加えると、イベント主催者は税金とかどうしてるんでしょうか?
たぶん儲かってる人は本当に儲かってると思うのですが、ちゃんと申告してるのか他人事ながら微妙に心配というか。
ほら、ちょっと前に有名同人作家さんが申告漏れ(って言うか脱税)で摘発されたことがあったじゃないですか。
そのときも脱税のことだけじゃなく同人全体を叩くような報道が少なくなかったので、コス界でも同じことが起こるとヤだなって。

【2007年9月16日 コスプレ博 in 有明TOC】
そういうわけで明日は茄子彦の誕生日なのですが、実は同じ誕生日の方がコス界には(茄子彦が知ってる範囲内で)もう一方いらっしゃいまして。
それが今回掲載させていただくナマダさんなのですね。
くそう、おれもナマダつんのような完璧美少女に生まれたかったぜ。神様の意地悪(何それ)。
明日はたぶんイベント速報レポみたいな写真を掲載することになると思いますので、1日早いお誕生日祝いを兼ねてお写真掲載してみます。
ナマダさん、お誕生日おめでとうございます!

ナマダ さま
a0088158_2326772.jpg

a0088158_23265418.jpg

a0088158_23271556.jpg

a0088158_23273995.jpg

a0088158_23275953.jpg

a0088158_2328168.jpg

a0088158_23283843.jpg

a0088158_23285386.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2008-03-01 23:29 | Cosplay