読書家ぶっちゃうぞ

今年の三島賞と山本賞が決まりましたな。

で、今年の受賞者なんですが。
三島賞の佐藤友哉については、正直よくわかりません(^_^;)。
デビュー作『フリッカー式』を読み始めたものの挫折した茄子彦には何を語る資格もないって言うか(去年の受賞者、古川日出男であれば色々語れるんですが……)。

で、山本賞。
受賞者は恩田陸森見登美彦ですかー。
(自分のイメージでは)けっこう好対照な2人ですね。
女性と男性っていうのもありますけど、作家としてのキャリアも違うし、作風もまるきり違う(でもデビューしたのは2人ともファンタジーノベル大賞なんですね)。

茄子彦のイメージでは、恩田陸ってプロット重視型の作家だと思います。
作品構成の核となるアイディアをきっちり決めて、それにのっとって物語を進めていく、みたいな。
たぶんご本人的にも、「よっしゃいいプロット思いついた!今回はこれで行くぞ!」みたいに書いてるんじゃないかと(あくまで想像)。
で、そのプロットがどれも魅力的なんですね。
『六番目の小夜子』なら、地方の進学校に代々受け継がれている奇妙な風習「小夜子ゲーム」。
『三月は深き紅の淵を』なら、(実在しない)伝説の奇書。
『夜のピクニック』なら、丸一日かけてひたすら歩くだけの地方高校の伝統行事。
どうです。どれも面白そうでしょう?(実際面白いんですが)
キャラの造形がワンパターン気味という批判もありますが、プロットの魅力でぐいぐい読ませてしまう作品ばかりです。
あ、あとタイトルのつけ方が上手いなー、とも思いますね。
何も知らない人でも、本屋さんで思わず手にとってしまうタイトルが多いなー、と。

森見登美彦はその点、プロットは特段優れてるわけじゃないんですよ(恩田陸と比べるとね)。
それよりも魅力的なのは、想像のおもむくままにつづられる文章です。
幻想的って言うか。
妙なこだわりというか、自意識過剰的なドライブのかかった文章も魅力的。

どちらも一読をオススメします。

2007年5月6日 東京コスプレキャラクターショウ(TFT)
今回のモデルは月宮うさぎさんです!
この日はTFTとTOCのイベントはしごしてて、両会場を行き来してたんですよ。
で、TOCに行こうとTFTを出たところで偶然うさぎさんと遭遇しまして。
私服姿もバッチリ拝見しました☆もー、めちゃめちゃ可愛かったです!

月宮うさぎ さま
a0088158_8125475.jpg

a0088158_8131491.jpg

a0088158_8141361.jpg

a0088158_8135057.jpg

a0088158_8143580.jpg

a0088158_8145119.jpg

a0088158_815732.jpg

a0088158_815225.jpg

[PR]
# by nasuhiko | 2007-05-18 08:15 | Book

最近ネットで見た面白い記事のまとめとか

a0088158_7552923.jpg

ネタも時間もないとき恒例、拾いネタ特集ー!

と言うわけで茄子彦が最近ネット界隈で見かけたちょっと面白いネタなどをいくつかご紹介してみますよ。

@nifty:デイリーポータルZ:ダチョウに蝶ネクタイは似合うのか
ダチョウに蝶ネクタイ付けたら似合うんじゃね?という安易な考え(?)による企画。
ある意味バカネタなんですが、実際に写真見るとすげー和みます(トップの写真は記事中からの引用です。元記事には他にいろいろ写真があるよ)。
ダチョウ可愛いよダチョウ(;´Д`)

ある編集者の気になるノート : 人は結局、この「4つのタイプ」に分けられる?!
人間の性格というかタイプを4つの類型に分けるというもの。一種の心理テストですな。
ちなみに茄子彦のタイプは「プロモーター」でした。

xx - イン殺 - 『おおきく振りかぶって』(ひぐちアサ、講談社)
『おおきく振りかぶって』のレビュー記事。
腐女子的な(?)キャラ萌えトークはけっこう見かけるんですが、この記事では西浦高校の試合時の戦術とかをゲームっぽく分析しててちょっと新鮮です。
こういう男子視点でも読めるところがおお振りのすごさなのかも。

【2ch】ニュー速クオリティ:肌の綺麗な人がしてる事
こちらはほぼ100%女子の世界。レイヤーの皆様的に少しでもお役に立てば幸いでございます。
でも女子って大変ですねー(^_^;)
[PR]
# by nasuhiko | 2007-05-15 08:26 | Internet

全身ユニクロマン参上!

a0088158_23401167.jpg

今日はTFTのイベントに行ってきましたー。
撮らせていただいた写真などについてはいつもどおりもう少し後で紹介するとして、まずは別の話。

今日のイベント、どういうわけだか知ってる方や撮らせていただいた方の私服姿を拝見する機会が多かったのですね。
入場直後のお着替えになる前のKipiさんにお会いしたり、イベント後は沙谷さんやネネさん、牌さんの私服姿を拝見することができまして。
すでに何度か言ってる気がしますが、茄子彦はレイヤーさんの私服姿拝見するのけっこう好きなんですよ。
コス姿とのギャップって言うんですか?その方の意外な一面(って言うか私服の状態の方が素なんでしょうけど)を見れるのも楽しいし、何より純粋に可愛かったりします。
Kipiさんの私服は女の子っぽくて可愛いなー、とか鼻の下を伸ばしたり、沙谷さんは私服でもすげーキレイ!とか萌えまくったり。ネネさんがパーカーのフードをかぶるとますますロリっぽく見えたり(笑)。

でもあれですね。皆さんことごとく私服姿も素敵なのってある意味すごいですよね。
コスってほら、けっこうお金のかかる趣味じゃないですか。衣装作りとかで時間もかなりかかるし。
オタ系の趣味にお金とか時間とか費やしてる人って、一般的な(ちょっと古めの)イメージでは、洋服とかにすげー無頓着な感じするじゃないですか。いわゆる秋葉系っていうか。
でも実際にはそんなことなくて、皆さん私服姿もちゃんと可愛い。
みんなすごいなー、と。

茄子彦的には、レイヤーさんだけじゃなくカメラマン諸氏も割とこざっぱりした服装の方とかが増えているようにも思います(何年か前と比べて)。
そう思って見ると、何でカメコなんてしてるの?と言いたくなるようなイケメン系の方もおいでだったりします。
あいにくお名前とかは存じあげないのですが、今日ちょこっと話した方もかなり格好良かったですよ。
カメコ界にもイケメン化の流れが!茄子彦もこの流れに乗らなくては!とか勝手に風雲の志を抱いたのですが、ふと我に返って自分の身を省みると、今日の自分の服装が全身ユニクロだということに気がつきまして。
ジャケット¥4000、Tシャツ¥1000、パンツ¥3000、みたいな。
うーん。他人様の服装のことをとやかく言う資格は全くありませんね。全身ユニクロとは我ながらちょっと痛々しい。キモカメ街道一直線だぜ!(自暴自棄)

コーディネイトは全身で¥8000だけど、俺のハートはプライスレスだぜ!(<なぜって買ってくれる人がいなくて値段がつかないから)

2007年5月13日 東京コスプレキャラクターショウ(TFT)
今日のTFTはけっこう空いてましたよ。
暑くもなく寒くもなく、雨もふらずに快適でした。
イベント終了間際になってもテラスや窓際は明るいままだったので、時間ギリギリまでイベントを楽しむことができました。
っていうかイベント終了後も屋外は長いこと明るかった感じ。
だいぶ日が伸びてきましたね。

沙谷 さま
a0088158_2395992.jpg

Kipi さま
a0088158_23102514.jpg

ひろみち さま
a0088158_23104695.jpg

a0088158_23114292.jpg

殺嘩 さま
a0088158_23131471.jpg

夢桜ゆのん さま
a0088158_23191167.jpg

那美乃 さま
a0088158_23195384.jpg

蓮美零 さま
a0088158_23201855.jpg

朝倉れのん さま
a0088158_23211384.jpg

姫草撫子 さま
a0088158_2322064.jpg

いとこ さま
a0088158_23223812.jpg

a0088158_23225930.jpg

天王マチ さま
a0088158_23234643.jpg

[PR]
# by nasuhiko | 2007-05-13 23:24 | MONO(Goods)

「櫻の園」がリメークされるとか

a0088158_22412697.gif

GW疲れって言うか、職場変わって初めての連休が終わったせいか、先週は妙に疲れました。
仕事はもちろん(?)能率があがらず、帰宅しても妙に疲れが残ってて。
気候が急に暑くなったせいもあるのかな。

ともかくそういうわけで、GWにいっぱい撮らせていただいた写真も、ろくろくレタッチできませんでした。
気がつけばまた週末。
せめて少しでもレタッチ&アップしようとチマチマいじっくてるところなのです。

そういうわけで今さら感のある話題ですが、吉田秋生の「櫻の園」がリメークされるそうですね。

リメークって言っても前に映画化されたのは’90年、原作にいたっては’80年代半ばに連載されていたそうですから、どちらも20年近く前の作品。
お若い方(年寄りくさい言い方だな)にはご存じない方も多いかと思います(って言うか今度主演する福田沙紀も生まれてないころの作品なんじゃ……)。

ごく簡単に(’90年に公開された映画版の)内容を解説すると、毎年創立記念日にチェーホフの「桜の園」を上演する女子高演劇部を舞台に、開演当日の部員たちの行動や心情を描写した作品です。
って、これだけだとどこが面白いのやらさっぱりわかりませんね(^_^;)。
って言うかちゃんと知りたい奴はレンタル屋さんでDVD借りて来い!(逆ギレ)

ということでわかんない方を置き去りにして自己満足的にこの映画のことを語ってみます。
一言で言うと「ロリ映画」です、これ(笑)。
もう少しマシな言い方をすると、「少女映画」でしょうか。
出演者の大半が女子高生役ということもありますが、何て言うか「男性の想像した女子高生ドリーム」みたいなものがまんま映像化されています。
こんなに清純な女子高生いないよ!と見ててツッコミを入れたくなること必至です。
まぁこれは(男性が監督の)映画版だけでなく、(女性が描いた)原作からしてそういう部分が多々あったので、これはもう製作者側の意図なのでしょう。

映画自体は淡々と進んでいくんですが、物語の核となってるのは、部員たちの三角関係です。
女子高で三角関係?ゆ、百合ッスか!?と色めきたった方々、どうか落ち着いてくださいw
三角関係って言ってもかなり淡いもので、恋愛感情というよりも憧れとか共感とか言ったほうが良いかも。
彼女たちは公演前のわずかな時間の交流の中、思いを伝え(あるいは諦め)、受け入れあうのですね。
そのクライマックスとなるシーンが、2人で一緒に記念撮影を撮るシーン(映画オリジナル)。
舞台衣装のまま、笑いながら何度も一緒に写真を撮るのですよ。
将来への不安とかそういったものを抱えた2人が、恋とも呼べない淡い感情をお互いに抱きながら、「そういうことを思った瞬間がかつてあった」ことを残しておくために1枚の写真におさまるシーン。
そして2人から隠れてその場面を見守るのは、失恋したもう1人の彼女。
初めてこの映画を見たときは、ちょっと泣けました。

蛇足を承知で申し上げると、写真ってそういう機能があると思うんですね。
ロラン・バルト『明るい部屋』(写真論の古典)の有名な言葉、「かつてそれはあった」ことの記念碑としての写真っていうか。
そのときの(撮る方、撮られる方双方の)気持ちとかそのときの思い出とか、そういったものの一部でも自分の写真に残せればいいのですけど。

2007年5月6日 新会場でコスプレ博(TOC)
あわわわわ。だらだら文章書いてたらやたらと長くなってしまいました(>_<)。
さてさて、今回のモデルはナマダさんと沙谷さんのお二人。
お二人ともご覧のようにビューティフルな方で、エヴァ合わせすごい似合ってましたよ!
って言うかお二人ともけっこう背が高くて、ヒールのついた靴を履くと茄子彦と身長が並ぶくらい。
でも腰の位置がすごい高くて(茄子彦の足が短いせいもあるけど)、まるでフィギュアのよう。どんだけスタイルいいんだよ!
あ、プラグスーツバージョンも撮らせていただいたのですが、そちらはまた後日ということで。

ナマダ さま&沙谷 さま
a0088158_23461726.jpg

a0088158_23465137.jpg

a0088158_23471670.jpg

a0088158_23481130.jpg

ナマダ さま
a0088158_23484286.jpg

a0088158_2349519.jpg

a0088158_23494925.jpg

a0088158_2350203.jpg

a0088158_23503955.jpg

沙谷 さま
a0088158_2351517.jpg

a0088158_23513396.jpg

a0088158_23515125.jpg

a0088158_235284.jpg

a0088158_23522624.jpg

[PR]
# by nasuhiko | 2007-05-13 00:03

友だちの結婚式で

今度、友だちの結婚式がありまして。
どういうわけか友人代表の挨拶みたいなのをすることになったんですよ。
その友だちというのが、茄子彦といっしょにコスとかしてた奴で(男ですよ)、当然そのときの写真とか持ってるわけですね。
ということは披露宴でその写真を一挙公開!みたいなことも出来ちゃうわけですよ、ぐふふふふ。

が、機先を制してその友だちから、「コス写真出したら殺す!」みたいな事を言われちゃいまして。
って言うか向こうも茄子彦のコス写真とか持っているわけなので、こちらが公開とかしちゃったら何されるかわかったものじゃありません。
何て言うか、大国同士が核兵器を向け合ってる構図に似ているような。
お互い大量破壊兵器を喉元に突きつけあって、つかの間得られる平和(殺伐とした友人関係だなオイ)。
そういうわけで昔の(恥かしい)写真公開はあきらめたのでございます。

2007年5月6日 東京コスプレキャラクターショウ(TFT)
この日でACHICOさんがコスプレ引退なさいました。
ほんとうに素敵な方で、当ブログでも何度もお写真掲載させていただきました。
それだけに引退はすごく残念なのですが、いろいろと事情がおありとのこと。
この日が最後だというのはあらかじめうかがっていたので、お写真撮らせていただいてる間もちょっとしんみりというか微妙に涙目になったりして(茄子彦も)。
初めて撮らせていただいたがこのTFTホールのテラスで、それを思い出してまたしんみり。
あああ、思い出したらまたグッときてしまいました(>_<)。
ACHICOさん、いままでほんとうにお疲れ様でした&ありがとうございました。

ACHICO さま
a0088158_811375.jpg

a0088158_8115027.jpg

a0088158_812341.jpg

a0088158_8121976.jpg

a0088158_8123385.jpg

a0088158_812499.jpg

a0088158_813713.jpg

a0088158_8131910.jpg

a0088158_8133523.jpg

a0088158_8134842.jpg

[PR]
# by nasuhiko | 2007-05-11 08:13 | Others

GW終わったー

皆様、ゴールデンウィークは楽しまれましたか?
茄子彦はGWはイベント三昧でしたー。
特に後半の4連休はけっきょく毎日イベントに行ってきたのですよ。どんだけ暇なんだ自分(^_^;)。

イベント以外だと何したかなー。うーん(<考えてる)。
あ、そうそう、ベトナム料理(と言うかアジアエスニック系料理)を食べに行きましたよ、一人で
いや、このところ急に暑くなってきたじゃないですか。暑くなると無性に辛いものが食べたくなるのですよ。
発作的に辛いもの熱が高まったので、知り合いを誘うとか悠長なことができなくて。と、友だちがいないとかそういうのじゃないんだからねっ!(<何を動揺してるんだ)

行ったのは下総中山のマッチョイというお店。
昭和っぽい和風の町並みの中に突如として存在するベトナム料理店で、特に2階席の窓際から見える町並みが微妙に哀愁をそそるお店なのですね。

いただいたのは生春巻きとグリーンカレーとお酒を少々。
こちらのお店では生春巻きを1本単位で注文できるので(1本¥250)、一人で行ったときなど前菜として便利です。
半透明の皮の中には野菜がいっぱいで、見た目もきれいなんですが、頬張るとこれがまた逸品なのですね。
パクチーの鮮烈な香りが口いっぱいに広がって、鼻に抜ける。
野菜食べてるぞって気持ちになります。

333(ベトナムのビール)とか飲みながらのんびり待ってると、グリーンカレー登場。
なぜかライスに生野菜がたっぷり添えてあるんですが、お店のご主人にうかがうとカレーと混ぜて食べると美味しい、とのこと。
やってみると確かにその通り。まったりしたカレーの中に、しゃきしゃきしたフレッシュな野菜の歯ざわりとほのかな苦味がアクセントとして効いてきます。
カレーの中にはぶつ切りのチキンがごろごろ。噛み締めるとうまみがぎゅって染み出てくるんですね。
ココナツミルクの甘い香りの奥には唐辛子の辛みが隠れてて、食べ進むうちにじわじわと汗がにじんできます。
額は勿論のこと、頭のてっぺんの方からも汗が流れてきて、気がつくとテーブルに汗が垂れてくるほど。自分のことなのに、うわ凄い、とか思わず言ってしまいました。

食べ終えてお店を出ると、路地の向こうから涼しい風が。
日中は暑くても夜はまだ涼しいですね。

【2007年5月6日 東京コスプレキャラクターショウ(TFT) & 新会場でコスプレ博(TOC)
GWの最終日は、2つのイベントをはしごしてきましたよ。
2つの会場はけっこう近くて、歩いても5分かからないくらい。そういうわけで両方を行き来してみました。
新会場であるTOCはけっこうきれいだったんですが、ちょっと狭かったですね。自然光の入るところもなくて、写真の照明的にはちょっと不満だったり。
場所によっては空調が全然きいてなくて、人が多かったせいもありかなり暑かったです。
正直、ちょっと微妙な会場でした(^_^;)。
対照的にTFTは(TOCの方が参加者も多かったせいか)空調もよくきいてて、場所もゆったりしてましたよ。

この日は知ってる方ばかり撮らせていただいてた気がします。

ナマダ さま &沙谷 さま
a0088158_863324.jpg

ナマダ さま
a0088158_865179.jpg

沙谷 さま
a0088158_881088.jpg

みぁさ さま
a0088158_895792.jpg

ACHICO さま
a0088158_883251.jpg

a0088158_88504.jpg

Kipi さま
a0088158_891437.jpg

蝶羽(あげは) さま
a0088158_8103539.jpg

霧恭介 さま
a0088158_8111195.jpg

月宮うさぎ さま
a0088158_8113436.jpg

a0088158_81153100.jpg

那々原まい さま
a0088158_8121692.jpg

[PR]
# by nasuhiko | 2007-05-07 08:12

新しいカメラ欲しい病

カメラの話書くよっ。

いや、ブログではカメラのこととかあんまり書かないようにしてたんですね。
そういう記事、カメラに興味のない方だと読んでもつまらないでしょうし、逆にカメラに詳しい方にとっては低レベルで的外れな文になっちゃいそうな気がして。
でも書くのだ。

それと言うのもですね、新しいカメラが欲しいなーとちょっと前から思い始めたんですよ。
何度か申し上げてる気がしますが、いま自分が使ってるのはEOS Kiss デジタルNという1世代前のキヤノンのローエンド機種。
買ったのが2005年の年末ですから、かれこれ1年半くらい使ってるわけです。
これまでに17,000枚くらい撮ったかな。
フィルムカメラだったらフィルム代・現像代とかで80万円以上かかってる計算ですね。
8万円くらいで買ったカメラなので、自分的にはじゅうぶんすぎるほど元は取った感じ。

1世代前の機種と言っても、画質的には何の不満もないんですよ。
じゃあ何が不満かと言うと、カメラの機械部分(って言うのかな)。
ファインダーは小さいし、AF測距点は選びにくいし、露出補正はしづらいし……。
こういう撮影時に直接触れる部分がしょぼいと、撮ってて微妙にテンションが上がらないんですね。
茄子彦も人間ですから、撮ってて楽しいって感じられるカメラの方が写真の出来も良いように思うんです。
って、新しいカメラを買う口実めいた言い方ですかね(^_^;)。

で、ネットや雑誌で他の機種の情報をいろいろ集めてみたわけですよ。
いくつかの機種を見ていく中で、最初に気になったのはキヤノンのEOS 5Dというカメラ。
コス関係で有名カメラマンさんのサイトを拝見すると、このカメラをお使いになってる方が多くて。
これがあれば同じくらいきれいな写真が撮れるかなー、とドリームが広がるわけです(腕の差はともかくとして)。
ただ、どうしても気になるのがお値段でして。
安いお店でも30万円近いという。
うーん30万円かー。ちょっと躊躇してしまう額ですね。
買って買えないことはありませんし、事実それだけの価値もあるんでしょうけど、何て言うか今の自分には分不相応に感じちゃうのですよ。
たいした技術もない人間がそんなに高いカメラ買っても宝の持ち腐れかも、みたいな。
そりゃ下手は下手なりにそれなりの写真は撮れるでしょうし、欲しいならそんなこと考えずに買っちゃえというのも正論だと思います。
でも自分的には、技術の向上にあわせてちまちま機材のステップアップを図っていくほうがいいかなー、とも思うんです。
カメラとともに向上していく自分、っていうか(オーバー?)

というわけで、現実的な選択としては今の機種の1段階上くらいのクラス、具体的には10万円くらいのカメラを選ぼうかなって思っちょります。
具体的には、

のいずれか。
このうちのどれにしようか、日夜思い悩む今日この頃なのでございますよ。

この中ではEOS 30Dはちょっとお高めなのですが、2万円のキャッシュバックセールやってるし今使ってるレンズやメモリーカードもそのまま使えるので実質的な差はほとんどありません。
ボディも金属でがっしりしてるし、シャッター音も格好いい。
が、ファインダーは3機種の中でいちばん小さいし(今使ってるのより全然大きいけど)、液晶がイマイチ見づらいのが不満。

D80はニコンらしく作りのいいボディに大きく見やすいファインダーと、現状の不満点をことごとくクリアしてるんですが、強いて言うとAF測距点が微妙に選びにくいです。
あとK10Dに比べると機能が少ないって言うか。

で、そのK10DはボディもファインダーもD80と甲乙つけがたいくらい優秀で、そのうえボディに手ブレ補正機能まで内蔵してる。
じゃあK10Dでいいじゃんとも思うんですが、画質というか画の傾向が今使ってるキヤノンとけっこう違ってる気がして、そこが気になる(レタッチで色補正はできると言ってもねぇ)。
そういうわけで三者三様、どれもいい機種だけに今ひとつ決めかねているのですね。

って言うかデジカメって新しい機種出るの早いので、もうちょっと待てば新機種が出るのは間違いないでしょう。
特にEOS 30Dは後継機種が夏にも発表になるともっぱらの噂ですし。
じゃあそれを見てからでいいかな、とか問題を先送りにしつつある優柔不断な自分。
とか言ってるとニコンもペンタックスも、それからソニーも魅力的な新機種を出したりして。そしてまたどれにしようか悩んだりして。ああ、今からその状況が目に浮かぶ……。

誰か背中を押してくれ(<他力本願)

2007年5月5日 コスキャラワールドinTFT
3日連続イベントに行ってきましたー。
実はこのところ、写真的にはけっこうスランプ気味だったんです。
連日のイベント疲れかなと思ってたんですが(仕事の疲れもあるのかも)、この日のイベントである方を撮らせていただいてるときに原因みたいなものに気がつきまして。
おかげで不調脱出のヒントをいただいた感じです。ありがとう!

南チハル さま
a0088158_8531114.jpg

華輪(かりん) さま
a0088158_854030.jpg

ほしのまな さま
a0088158_854234.jpg

明音(あかね) さま
a0088158_8544984.jpg

ひろみち さま
a0088158_8552826.jpg

ちっぴー さま
a0088158_8562195.jpg

いまる さま
a0088158_8564094.jpg

[PR]
# by nasuhiko | 2007-05-06 09:07 | Camera/Photo

女子トーク、男子トーク

一昨日書いた家飲みのときも思ったんですが、女子のトークって男とけっこう違いますよね。
男子は飲み会の間中バカ話というか笑える話(アホな失敗談とか)ばかりしてるのに、女子の場合はすきあらばグチをこぼすって言うか。え?茄子彦の周りだけ?そうですか(^_^;)。

グチの内容は仕事とかの場合もあるんですが、付き合ってる人とかいる女子の場合、もう十中八九は彼氏のこと。
自分の彼氏がいかに駄目かを延々と語る。
そういう話を真剣に聞いてると、男子的には「そんなに嫌なら別れちゃえよ」的なことを言いたくなったりするわけですよ(茄子彦も昔はそうだったかも)。
でも当の女子的には、「えー、でも」とか言っていっこうに話が進まない。
って言うか、女子的には別に解決法みたいなものを聞いてるわけではないんですね。ただ自分の話を聞いて欲しいだけ、みたいな。
さんざんグチっておきながら、最終的には「でも彼もいいところあるんですよねー」とかいう結論に達したりもします。結局ノロケだったのかよ!

男の場合だと、自分の彼女に関するグチとかはあんまり言いませんね。ほとんど皆無と言っていい。
グチに限らず、彼女の話題とか口にすることはまずありません。
じゃあどういう話をするのかというと、他の女子の話題w
同じゼミの○○ちゃんが可愛いとか、隣の課の○○さんがきれいとかそういう話で盛り上がる。しまいには新垣結衣長澤まさみのどちらかが可愛いか激論をかわしだし、最終的には殴り合いの喧嘩にまでいたるという(オーバー?)。
もうね、自分とは縁もゆかりもない女子の話題ばかりしてるわけですわ。
まぁこれも一種の照れ隠しというか、わざわざ自分の彼女の話をするのが恥かしいんですよ、男の美学的に。

単純にガキなだけとも言いますが。

2007年5月4日 春のとなりでコスプレ博(TFTホール)
昨日はTFTのイベントに行ってきましたよ。
この日は撮影会に誘っていただいてて、ほんとうはそっちに行く予定だったんですが、午前中で終わるはずの仕事がずれ込んでしまって。時間的に間に合いそうになかったので急遽イベントに行ったのでした(せっかく誘っていただいたのに、行けなくてごめんなさい(>_<)>撮影会)。
ドタバタしてたので、前日のビッグサイトより撮らせていただいた方はだいぶ少なめ。

レン さま
a0088158_9594960.jpg

Kipiさま
a0088158_1025255.jpg

森本尊志 さま
a0088158_1013192.jpg

ラー油 さま
a0088158_1034192.jpg

七味とうがらし さま
a0088158_104546.jpg

AZUMI さま
a0088158_1045655.jpg

アト さま
a0088158_1055694.jpg

あさひ みう さま
a0088158_1064690.jpg

Sizu さま
a0088158_1073034.jpg

いおり さま
a0088158_1075115.jpg

[PR]
# by nasuhiko | 2007-05-05 10:07 | Others

家飲み好き☆

このあいだ、自分の部屋で飲み会をやったんです。
メンバーは学生のときの友だちと、会社の友だちで、全部で6人(茄子彦を除く)。
メンバー的に初対面同士の人間もいたんですが、心配するまでもなく共通の話題(茄子彦の悪口とか)でけっこう盛り上がってやがりました。おいおいおい、人の家来て悪口言ってんじゃないよ!

でも自宅飲みっていいですね。
何と言ってもお金がかからない。お酒はコンビニで近くのコンビニで買えばいいし、食べ物も何なら自分たちで作ればいいし。
って、やってきた中には女子もいたのに、料理をするのはなぜか茄子彦の役目になってて。
おいおいおい、こういうときは手料理とか振舞って可愛いところを見せるべきだろ、女子は!(という主張もむなしく麻婆豆腐とか作りましたよ、ええ)

家なのをいいことに酔いつぶれて寝ちゃう奴とか閉店(&終電)を気にせず飲み続ける奴とか出現したわけですよ。出現というか全員がそのどちらかになっちゃう。家飲みの必然と言っていいですな。

で、翌朝気がつくと、部屋中とんでもないことになってるわけですね。
シンクは汚れたお皿でいっぱい、部屋のそこかしこに空き缶や飲みかけのコップが散乱し、適当なところで寝入ってしまった奴の体で足の踏み場もない。

酒臭い部屋の中、呆然と立ち尽くす部屋の主(<茄子彦)。あ、頭が痛い(二日酔いで)。

仕方ないのでもう一度寝なおしました。グー(現実逃避)。

2007年5月3日 ビッグコスプレ博
今日はビッグサイトのイベントに行ってきましたよ。
5月に入ったせいか日差しも強くて、屋外だとけっこう暑かったです。
って言うか!今日お会いした知り合いのレイヤーさんみんなに、「あー、褒め殺しの茄子彦さんだw」みたいに言われちゃったよ!
だから褒め殺しじゃないんだってば!もー、褒め殺しって言うの禁止!(>_<)

ナマダ さま
a0088158_22263048.jpg

Kipi さま
a0088158_22275522.jpg

春秋 瑛(はるとき・あきら) さま
a0088158_2230245.jpg

ラー油 さま
a0088158_2231535.jpg

咲乃アイ さま
a0088158_2232343.jpg

南チハル さま
a0088158_2237051.jpg

酒の肴 さま
a0088158_22381024.jpg

有栖川さくら さま
a0088158_2239694.jpg

華月美羽(かげつ・みう) さま
a0088158_2240274.jpg

かおり さま
a0088158_2241271.jpg

桜沢佳梨(おうさわ・かりん) さま
a0088158_22414792.jpg

飯塚あかね さま
a0088158_22431986.jpg

王咲 さま
a0088158_22484953.jpg

緑 さま
a0088158_22491474.jpg

亜羽音(あはね) さま
a0088158_22514338.jpg

伊藤のり子 さま
a0088158_22522732.jpg

幸田絵麻 さま
a0088158_22535926.jpg

岸本薫 さま
a0088158_2254258.jpg

天城たから さま
a0088158_22545283.jpg

[PR]
# by nasuhiko | 2007-05-03 22:55 | Food/Drink

嘘と饒舌

職場の人に、ブログやってることがばれまして。

って、自分で言っちゃったんですけどね。「ブログやってるんですよー」って(^_^;)。
前にいた部署の送別会をちょっと前にやったんですが、その場のノリで思わずカミングアウトしてしまったんです。
「URL教えて!」とかもちろん言われたんですが、コスイベント行ってるとかは周囲に秘密にしているので、さすがにそれだけはと隠し通したんですよ。
でも、「どういうこと書いてるの?」と聞いてくる人もいまして。
それに対する答えは、「自転車とB級グルメとマンガのことばっかり書いてまーす☆」というもの。
……よ、よし。少なくとも嘘は言ってないぞ。嘘は言ってませんよ、私は。

一番大事なことも言ってないけど。

2007年4月30日 横浜コスプレ博(横浜日石ホール)
GWの初イベント(<自分的には)に行ってきましたー!
お昼近くまで寝てたせいで、会場到着は2時近く。閉会が4時だったので正味2時間弱しかいれませんでした(>_<)。
よーし、GW後半はいろいろイベント行くぞ!

あ、日石ホール初めてだったんですが、明るくてのんびりしてて、良い会場でしたよ。イメージ的には秋葉原の中小企業振興会館を広くしてきれいにした感じ。

ACHICO さま
a0088158_7503716.jpg

れもん さま
a0088158_751446.jpg

橘 月華 さま
a0088158_7513548.jpg

橘 めぐみ さま
a0088158_7515383.jpg

[PR]
# by nasuhiko | 2007-05-01 07:52 | Internet

カレー部

いきなりカレーが食べたくなりまして。

茄子彦の好きなカレーというのは大きく分けると二つの種類があって、ひとつはタイカレーなどに代表される辛いもの。特に暑いシーズンなどむしょうに食べたくなるものです。
もうひとつは日本風って言うのでしょうか、にんじんとかジャガイモとか入ってるいわゆる普通のカレーライス。
で、今回食べたくなったのは後者なのですね。

このところ異動のドタバタであんまり料理してなかったんですが、外食とかだと美味しい「普通のカレーライス」ってあんまりないんですよね。ココイチとかチェーン系の外食店などだと、何て言うかまろやかさだとか具の量だとかでいまひとつ想像してるものと違っちゃう。

そりゃ探せば自分にぴったりのカレー屋さんもあるんでしょうけど、食べたいのは今なんだ!ネットで探したり食べ歩いて味をチェックするとか悠長なことはやってられん!

というわけで自分で作ることにしましたよ。
茄子彦流の普通カレーの作り方はですねー、まず近所のスーパーとかで鶏がらを買ってくるのです。それを煮てスープを作るところから始めます。
鶏がらスープと言うとすごい時間かかりそうに聞こえるかもしれませんが、別に売り物じゃないしそんなに時間をかけてやることもありません。鍋にかけて1、2時間も放っておけばいいダシがでてまいります(じゅうぶん長い?)。
鍋には他にクズ野菜というか、にんじんのヘタとかネギの青いところとか入れてグツグツ。なぜか戸棚に残ってたダシ昆布も入れてグツグツ。
で、その間に別の鍋でニンニクとしょうがを炒めて、玉ねぎと豚肉(鶏でも可)を炒めます。玉ねぎがシナシナになったところでスープを投入。煮えてきたらジャガイモやにんじんを入れてまたグツグツ。
ポイントは具をケチらないことですね。ファストフード系カレーの具材の少なさを常々嘆いている茄子彦的には、もうこれでもかというくらいに具を投入いたします(特に玉ねぎ)。
煮えてきたらスパイス類を入れます。カレールーをだいたい規定量の半分くらい入れて、あとはカレー粉や赤唐辛子、ソースやケチャップ(このあたりは少なめに)などで味を調えます。

なんだかんだで出来上がるまで2時間以上かかりましたが、結果的には美味しいカレーが出来上がりましたよ。
もう豚になるとか言ってられない。待ちに待ったカレーの匂いを前にしたら、食べすぎも来月の健康診断もかまうものかと食べまくってしまいました。
ただ問題は、それでも残ったカレーの処置。鍋にまだ半分以上残ってます。一人暮らしなのでこういうときの処置はちょっと困ってしまいます。冷凍すると味が落ちるしなー。うーん。

ともあれ、今朝もカレーでした(一晩置いたカレーの美味しいこと)


2007年4月15日 コスプレワンダーランドin晴海
モデルはEm(エン)さん。
初めて撮らせていただいたのですが、表情やポーズがほんとうにお上手で、カメラを向けるたびにいろいろな表情を見せてくださいました。
可憐な美少女という言葉がぴったりの方でした。

Em さま
a0088158_7512570.jpg

a0088158_7513948.jpg

a0088158_751537.jpg

a0088158_7522762.jpg

a0088158_7524432.jpg

a0088158_753499.jpg

a0088158_7532694.jpg

a0088158_7534998.jpg

a0088158_754675.jpg

a0088158_7543225.jpg

a0088158_7544843.jpg

[PR]
# by nasuhiko | 2007-04-18 07:56 | Food/Drink

男の花道?

すでにお伝えしたように、異動で新年度から新しい部署で働くことになりまして。

4月も半ばをすぎ、何とかかんとか新しい職場にも慣れてきました。
仕事内容的にはこれまでと全然違ってて戸惑うことも多いのですが、アットホームな職場なのでかなり救われています。

ただ今度の部署って、女子が一人もいないんですよ。男しかいない。事務とかで一人くらいは女性がいても良さそうなのに、それすらも男性のスタッフがやってて。
いや別に女子がいたからといって何がどうなるわけでもないんですが、前の職場は女性の割合が多かったので雰囲気がかなり違ってることを実感します。

ってでも、こういう男オンリーの環境というのは、実は茄子彦的には初めてというわけではないんですね。
よく考えてみると高校も男子校だったし、大学のときも学生寮(男子寮)にいたことがあるし。
華やかさは皆無ですが、慣れてしまえばこれはこれで快適なものが。

とは言うものの、異性がいないとどんどん馬鹿になっていくのですよ、男は(男性だけじゃなく女性もそうかもしれませんが)。恥も外聞もなく、ただひたすら馬鹿になっていく。
もうね、どんどん馬鹿気流が上昇していって、ついには神の領域に達するという。
大学の寮でも料理用ボウルでウィスキー一気飲みとか(真似しないように)、パンツ一丁で大学の中庭で踊ったりとかしてました(って言うか寮の伝統でやらされてた。こんなことが代々受け継がれる寮って……)。男子寮時代はもとより高校時代にもいろいろな馬鹿ネタはあるのですが、それについてはまた機会があれば。
まぁもう社会人なので、学生時代のようなわかりやすい馬鹿プレイはないと思いますが、何か根っこのところは同じような気が。そしてその環境に順応してる自分。あああ……。

婦女子の皆様の妄想を壊すネタでスミマセン

2007年4月15日 コスプレワンダーランドin晴海
休日出勤の合間を縫って晴海に行ってまいりましたー(って今週末もまた出勤でございますわ。シクシク)。
久しぶりのイベント参加でちょっと気合が入ってたので、自分的にはかなり多くの方を撮らせていただいてしまいました。
お写真撮らせてくださった皆様、ありがとうございました。

さき さま
a0088158_7083.jpg

まゆ さま
a0088158_70354.jpg

雨宮雷子 さま
a0088158_711899.jpg

板橋有奈 さま
a0088158_732441.jpg

睦月ジロ さま
a0088158_734936.jpg

りんどう紗奈 さま
a0088158_762386.jpg

かなえざき。しの さま
a0088158_772680.jpg
なの さま
a0088158_793493.jpg

マーリー さま
a0088158_795682.jpg

Em(エン) さま
a0088158_71032100.jpg

さえ さま
a0088158_711986.jpg

東汐美(ひがし・しおみ) さま
a0088158_7114731.jpg

芝姫彬(しばひめ・あきら) さま
a0088158_7162569.jpg

遼水麗(りょうすい・うるは) さま
a0088158_7171939.jpg

唯 さま
a0088158_7175051.jpg

亜夜 さま
a0088158_7201899.jpg

ワカメ さま
a0088158_72127.jpg

七月(なつき) さま
a0088158_7213524.jpg

[PR]
# by nasuhiko | 2007-04-17 07:21 | Others

4月といえば

今さらですが、4月になりましたねー。
4月といえば、入学や入社のシーズン。この春、新たに進学や就職した皆様、おめでとうございます!慣れない環境に戸惑うこともあおりでしょうが、精一杯がんばってくださいね。

さて。
4月といえば、社会人にとっては異動のシーズンでもあるわけで。
実は茄子彦も4月から職場が変わったのでございます。
それまでは内勤で財務関係の仕事をしていたのが、今月から営業系(?)の部署に配属となりました。
これまでとは全然違う部署ということで、右も左もわからず涙目になっております(花粉症のせいもあるかも)。
まぁ褒め殺し屋の自分にとっては向いてないこともないかも……。

って今週末も出勤かよ!(>_<)(土曜日はちょっとイベント行けるかも)

2007年3月25日 イマージオのコスイベin秋葉原
今さらですが先々週の秋葉原イベントの写真ですよー。
この日はほんとうは晴海に行く予定だったんですが、雨が降ったりやんだりとよくわからない天気だったので、急遽予定を変更して秋葉原へ(晴海って雨だと室内がすごい混むので)。
同様のことをお考えになった方も多かったのか、けっこう混雑しておりました。
会場にいた時間が短かったせいか、あんまりお写真撮らせていただく時間がなかったのが残念(>_<)。

九重結月 さま
a0088158_757463.jpg

ACHICO さま
a0088158_758268.jpg

イチゴ飴 さま
a0088158_7585939.jpg

えりざ さま
a0088158_7592770.jpg

[PR]
# by nasuhiko | 2007-04-06 08:09 | Others

ホモじゃないよホメの話だよ

まゆやまるさんがmixiの紹介文を書いてくださいまして。
身に余る光栄というか、恐縮であります。

で、その紹介文にもあったのですが、茄子彦はどうも「褒め殺す人」みたいです(^_^;)。
ちょっと前に月宮うさぎさんにも同じようなこと言われた気がします。
「褒めすぎ!」的な反応は他にも数知れず。

いちおう言い訳をしておくと、自分的には褒め殺そうとかいう意図は全然ないんですよ。
心にもないお世辞を言ってるわけでもないです。
ただ自分が思ったことをそのまま口にしちゃってるだけで。要するに軽薄な人間なわけで。
高倉健や次元大介みたいな、無口でダンディなキャラに憧れます。

茄子彦の場合、写真を撮らせていただくのはその方が素敵だからなんですね。
きれい!とか、可愛い!とか、そう思うから撮らせていただくわけで。
そうした思いが思わず口をついて出てきてしまってるだけなのでございます。

って言うか、最近ネット界隈でちょっと話題になってる、梅田望夫さんの「直感を信じろ、自分を信じろ、好きを貫け、人を褒めろ、人の粗探ししてる暇があったら自分で何かやれ。 」という記事にあるように、褒めることって大事だとも思うんです(言い訳その2)。
自分の多くないレイヤー経験に照らしても、似合ってるかイマイチ自信のないまま更衣室から出てきて、「似合ってる!」とか言ってもらえると救われた気分になるんですよ、ちょっとオーバーだけど。
程度の差こそあれ、これってレイヤーみんなに共通することじゃないかなー、と。

2007年3月21日 コスキャラワールドinTFT
年度末でこのところちょっと多忙気味。
というわけでアップ遅れてしまいましたが、先日のTFTイベントのお写真であります。
この日は気候も良く、会場も適度に空いていて快適でしたー。

ナマダ さま
a0088158_1048212.jpg

ラー油 さま
a0088158_10482570.jpg

サチコ さま
a0088158_10484546.jpg

ari さま
a0088158_10491215.jpg

のんたん さま
a0088158_10493757.jpg

夢殿ひなの さま
a0088158_10503081.jpg

森野クルミ さま
a0088158_1051393.jpg

九重結月 さま
a0088158_1051455.jpg

大野ゆた さま
a0088158_10542225.jpg

無々(なな) さま
a0088158_10545811.jpg

[PR]
# by nasuhiko | 2007-03-25 10:55 | Others

ポートレート撮影してきました♪

2007年3月18日 ACHICOさんポートレート撮影(日比谷公園・東京国際フォーラム)
今日は日比谷でポートレート撮影をしてまいりました。

モデルはACHICOさん。ご多忙のところを土下座してお願いしたのでございますよ(うそです。快く承諾してくださいました)。
ACHICOさんのように素敵な方を独占状態で撮らせていただけるなんて、ほんとうに夢のよう。他のACHICOさんファンの皆様に刺されるんじゃないかとちょっと心配だったり(^_^;)。

当初は日比谷公園で屋外ポートレートを中心に撮影する予定だったのですが、思いのほか風が強くて。
風で髪が収まらないうえ、寒さでACHICOさんの表情もこわばりがち(仕方ないですよね)。ついでに言うと茄子彦自身もいまいち集中できず(甘ったれるな)。

というわけで予定を変更して、東京国際フォーラムの中で撮影することにしたんですが、これがなかなか良かったんですね。
天気が良かったせいかいい感じに光も回ってて、何より屋内ですから風もなく暖かで。
普段どおりの(もしかしたら普段以上?)ACHICOスマイルを拝見できて、もーメロメロでしたよ茄子彦は。
イベントと違って時間を(あまり)気にすることなく撮らせていただくことができて、心なしかいつもより良い写真を撮ることができたような気もします(気のせい)。

お忙しい中、貴重なお時間を割いてくださったACHICOさんに心から感謝します。ほんとうにありがとうございました。

ACHICO さま
a0088158_23392218.jpg

a0088158_23395920.jpg

a0088158_23404978.jpg

a0088158_23411530.jpg

a0088158_2341334.jpg

a0088158_2342070.jpg

a0088158_23422977.jpg

a0088158_23425316.jpg

a0088158_23432067.jpg

[PR]
# by nasuhiko | 2007-03-18 23:43 | Others

祝!1万ヒット☆

a0088158_745354.jpg

このたび、当ブログのヒット数が10,000を迎えました。

ブログ開設から半年あまり、ようやくの大台達成です。
これもひとえに足を運んでくださる皆様のご愛顧の賜物と、従業員一同(<誰?)心より感謝申し上げます。

まぁぶっちゃけた話、ペース的には全然早くありませんね(^_^;)。
開始からだいたい200日で1万ですから、平均すると1日50ヒット程度。有名レイヤーさんやカメラマンさんの1/10以下、下手をすると1/100くらいのペースかも。
始めた当初は一日2ヒットとか3ヒットでしたからねー(遠い目)。
でもおかげさまでこのところ、コンスタントに3桁ヒットが続いております(先日のワンフェスバブル以降、順調にヒット数が伸びていて)。

ともあれ1万ヒットを祝して何か企画とかやりたいなー、とか微妙に思ったんですよ。
撮影会とか一瞬思ったんですが、スタジオとか借りたことないし、そもそも撮影会自体あまり経験のない(トイタイプさんの撮影会くらい)自分では主催などできるかどうか心もとないです。
ではオフ会とも考えたんですが、自分を祝ってもらうためだけのために集まっていただくなんておこがましいにも程がある。
しょうがないので自分ひとりで浮かれることにします。わーい(<馬鹿)。

お祝いのコメントなどお待ちしております(いつもと同じオチ)

2007年3月11日 晴海コスプレターミナル
前回も書きましたが、この日はレンズの調子が悪くて。
ズームが全然動かず、しょうがないので単焦点レンズのつもりで使うことに。
そしたらいつもにも増してワンパターンな写真ばかりになってしまいましたとさ。

モデルは桜沢ひなさん。とても可愛らしい方でした☆
お会いしたのはこれが初めてなんですが、当ブログを以前ご覧くださったそうで。ちょっと嬉しかったです。

桜沢ひな さま
a0088158_820158.jpg

a0088158_8203561.jpg

a0088158_8205853.jpg

a0088158_8211944.jpg

a0088158_8214275.jpg

[PR]
# by nasuhiko | 2007-03-13 08:31 | Aubergine's Darkroom

100万の言葉より

a0088158_21331969.jpg

文庫になったので、嶽本野ばらの『ロリヰタ』を読みました。その感想など。

別にそれがいいとか悪いとか言うつもりはないんですけど、非常に「わかりやすい」なー、というのが第一印象。
何がわかりやすいかというと、作者の意図(って、これはあくまで茄子彦の感想であって作者本来の考えはまったく別のところにあるかもしれません。念のため)。

先ず何と言うか、明らかに話題になることを意図してるっぽい設定です。
タイトルからして(あまりにも有名な)ナボコフの『ロリータ』のパロディというかオマージュで、書店で見かけた人などを「おっ」と思わせます。思わず手にとってしまう。

次いで主人公、これがまた嶽本野ばら本人を髣髴させる造形なのですね。ロリータファションに詳しい作家という設定で。
語り口も一人称で、はたしてこれは虚構の人物であるのかそれとも作者当人なのであるかわからなくなってきます。
作中で主人公が巻き込まれるのはスキャンダラスな醜聞(?)なのですが、もしかするとこれは嶽本野ばら本人が体験した出来事なのではないか、と1%くらいは邪推せずにいられません。こうした感触も作者の思うつぼなのでしょう。太宰治を思わせるやり方ですね。

ネタバレになっちゃうんですが、テーマというか本作品を通じて作者が言いたいことも非常にわかりやすくて、それは一言で言うと「千万言の言葉を費やすよりも、たった一つの顔文字こそが思いを伝えられる場合もある」みたいな感じ。文学的書き言葉の否定と顔文字に代表される「軽薄な」コミュニケーションの肯定とも言えるでしょうか。
こうした話題づくりと文壇に対する挑発的なメッセージのためか、本作品は2004年の三島由紀夫賞の受賞候補となり、最終的には落選してしまいます。

あ、ここまで読んで本作品に否定的な印象を持たれた方もおいでかもしれませんね。
って言うか茄子彦がこの作品を嫌いだと思われた方もいらっしゃるかも。
でもそれはたいへんな誤解なのでして。自分的にはかなり好きです、この作品。
話題作りして何が悪い、わかりやすいの結構じゃないか。
何より本作品で描かれる純愛というか困難な状況での思い、それから流麗な文章は読者に強い印象を残すものと思います。佳作と言って良いでしょう。
未読の方はぜひ。

2007年3月11日 晴海コスプレターミナル
午前中はけっこう雨が強かったので行くのやめようかと思ったのですが、昼過ぎに雨がやんだので行ってまいりました。
家を出るのが遅かったので、到着したのは3時ちょっと前。会場にいたのは2時間少々だったんですが、けっこう楽しめました。

関係ないんですが、イベントの最中にレンズがいきなり調子悪くなってかなり焦っちゃいました。ズームが固まって動かなくなっちゃって。
帰りにカメラ屋さんで見てもらったら、修理には2、3週間かかるみたい。何か代替のものを買わないといけないかも。
カメラ本体も微妙に調子悪いし、ぼちぼち買い替えの時期かなー(その前にサービス窓口に持って行こう)。

いまる さま&ari さま
a0088158_22383779.jpg

a0088158_22385819.jpg

いまる さま
a0088158_22393157.jpg

ari さま
a0088158_22395056.jpg

K.みむ さま
a0088158_2240976.jpg

瀞(せい) さま
a0088158_22402969.jpg

灰斗(かいと) さま
a0088158_22405258.jpg

Miu さま
a0088158_22411329.jpg

mikuro さま
a0088158_22414112.jpg

桜沢ひな(おうさわ・ひな) さま
a0088158_2242242.jpg

りりぽ さま
a0088158_22422726.jpg

♪りん♪ さま
a0088158_22425570.jpg

みやこ さま
a0088158_22431450.jpg

[PR]
# by nasuhiko | 2007-03-11 22:26 | Book

平井堅の

ちょっと前の記事で、ハルヒの主題歌のラップバージョンを紹介したんですけど。

このラップバージョンは歌ってるのが男性ということで、このやり方ならカラオケとかでハルヒ歌えるぜ!とか思ったのもつかの間、普段ラップとか聴かない茄子彦的には早口の歌い方が全然真似できなくて(自分の部屋で試しに歌ってみました。馬鹿(^_^;))。

ハルヒ、やっぱりオレには歌えないかなと思ってたんですが、そんな時!こちらの動画を発見しまして(前回と同じ流れだな)。

YouTube - 冒険でしょでしょ? 平井堅ver

平井堅なら普段からカラオケで歌ってますよ!これなら大丈夫っぽい!

って、一応この動画の説明をしますと、原曲の再生速度を変えたものみたいです(情報源はSWFBLOG様)。そうすると声も低くなって、まるで平井堅が歌ってるかのように聴こえるという。
まぁ正直な話、平井堅の声に聞こえるかと言われると微妙なんですが、POP STARのPVには違和感なくハマッてます。
って言うかハルヒ第二期(あるのか?)のOP曲、ほんとに平井堅に歌ってもらったらいいんじゃね?ハルヒ売れてお金ありそうだし。

カラオケで自分が歌うのは、うーん。

2007年2月4日 トイタイプ撮影会
モデルはラー油さん。
あどけなさとセクシーさが同居してる感じで、カメラを向けるたび表情が全然違っちゃうのがびっくりでした。
あ、あと肌がすげーつるつるなんですよw!0.1秒くらい背中を触らせてもらったんですが(セクハラ)、指が吸い込まれそうになりました。いやマジで!

ラー油 さま
a0088158_8164031.jpg

a0088158_817096.jpg

a0088158_8171976.jpg

a0088158_8173750.jpg

a0088158_8175753.jpg

a0088158_8181755.jpg

[PR]
# by nasuhiko | 2007-03-07 08:18 | Internet

誕生日

実は今日(3月2日)は茄子彦の誕生日でして。
ハッピーバースディ自分!ぱちぱちぱちー。
と、誰も祝ってくれないので自分で祝ってみます(って言うか誰にも誕生日教えてないじゃん)。

せっかくなので3月2日生まれの有名人など探してみたんですが、ゴルバチョフ元ソ連大統領くらいしか見つかりません。ゴルバチョフ、悪くはないんだけどこの場合あまり嬉しくないなー。
とか言ってたら、ナマダさんのお誕生日が3月2日だとCureで発見!お誕生日おめでとうございます☆

誕生日といえばバースディプレゼントなわけですが、そういうわけなので自分で自分に買ってあげるくらいしかあてがありません。
まぁそういうのも良いかなと欲しいものをノートに書き出してみたんですが、カメラとか自転車とか高価なものばかり。そんな高いもの買ってやれねぇよ!>自分

誕生日祝いのコメント・メールなどお待ちしております(<図々しい)

2007年2月4日 トイタイプ撮影会
うわー、もうこのときから1ヶ月近くたっちゃってるんですね。月日のたつのは早いなー。
モデルはみかんさん。雰囲気のある憂いの表情も輝くような笑顔も、どちらも素敵な方でした。

みかん さま
a0088158_7372978.jpg

a0088158_7375980.jpg

a0088158_7382833.jpg

a0088158_7384793.jpg

a0088158_739656.jpg

a0088158_7395795.jpg

a0088158_7401916.jpg

[PR]
# by nasuhiko | 2007-03-02 07:40 | Others

選ばれることっていうか

すでにお伝えしたように、このところアクセス数が急増してまして。

いや、理由はわかってるんですよ。ワンフェス記事のおかげでコスイベ更新情報まとめ@WikiRinRin王国さん(カメラデータ修正ありがとうございます)からのアクセスがどーんと増えてるせいなんです。
あ、あと先日のドキドキ対決記事関連で、たまごまごごはんさんのところからのアクセスも多いですね。ドキドキ対決って言えば、半ば予期してたことなんですが写真投稿は自分しかいませんな。何かすごい場違い感(^_^;)。でも懲りずにもう一度投稿しようかと思ってたり。
そうそう、ドキドキ対決にイラスト投稿されてる卯月さんにも発見していただいて、リンクまではっていただいちゃいました。kipiさんの素敵さを布教できたようで幸いでございます(笑)。

別に当ブログが優れているからリンクされたとかそういうことは全然思わないんですが、やっぱりリンクされると嬉しいですね。
大げさに言うと自分のブログが認められた思いというか何というか。オレのやってきたことは無駄じゃなかったんだ(<ゴリ口調)、みたいな。
アクセス数が増えるのももちろん嬉しいんですが、リンクやコメントなどで何らかの反応が返ってくるのは格別ですね。

いま思ったんですが、これってレイヤーさんの心理みたいなものも近いんじゃないでしょうか。
イベントで(程度の差はあっても)注目されるのがアクセス数みたいなもので、写真撮られるのがリンクとかに近いんじゃないかなって。
実は茄子彦も若いころコスしてたことがあって(恥)、写真撮られるとすげー嬉しかったんですよ。ただ見られてるだけよりも。
よーく考えてみるとそれって、写真を撮る価値がある、みたいに認められたわけですよね、他の人から(まあ後になって写真捨てられるとしてもだ)。
「メロディ」4月号の羽海野チカとよしながふみの対談でも言われてるように、沢山ある中から自分(の作品)を選んでくれたという事実が嬉しくて。

今は反対に自分が撮る立場になってるわけですが、自分の「撮るという行為」そのものがレイヤーさんに少しでも励みになればいいなーって思います。

などど自分のキモカメ行為を正当化するテスト。

2007年2月25日 ワンダーフェスティバル2007[冬]
卯月さんもお待ちかねの、kipiさん写真ですよー。この日の行列はいつもにも増してすごかったです。
何かこのところ、毎週のようにkipiさんとお会いしてる気が。何つーか真性のストーカーと思われてるんじゃないかと心配です(^_^;)。
って、ここで重大事実発見!
今までずっと“Kipi”さんだと思ってたんですが、ご本人のブログなど拝見すると、ほんとうは“kipi”さんだったんですね!“K”は大文字じゃなく小文字でした(でもタグとかつけちゃったので直せないんです(>_<))。
あわわわわ。ファンにあるまじき間違い。もう口きいてもらえないかもしれません(>_<)。

kipi さま
a0088158_80589.jpg

a0088158_812667.jpg

a0088158_814893.jpg

a0088158_822080.jpg

a0088158_824043.jpg

a0088158_825975.jpg

a0088158_831877.jpg

[PR]
# by nasuhiko | 2007-03-01 08:12 | Cosplay