<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

昔のコスプレ界隈の話

ちょいと時期を逸してしまった感がありますが、昔のコスプレ(やコミケ)関連の話題をネットで見かけたのでご紹介。

まずは何と! 25年前のコミケの様子をとらえたテレビ番組。
はちま寄稿さんの「【C28】1985年のコミケの動画を見つけた、この頃25だった奴は今50歳か・・・ : はちま起稿」という記事で見つけました。





1985年というと、まだ生まれていない方もおいでのことと思います。
ってか自分もこの時期のコミケ、さすがに子供すぎて行ってないよww

規模が現在と全然違いますな。
今で言うところの地方の即売会みたいな規模。
コスプレも出てますけど、今と(キャラとか作品とかじゃなく)雰囲気がかなり異なります。
ちょっとした歴史的資料かも。

でもって次は、1990年代後半のコスプレ界についてTwitter上でつぶやかれたツィートのまとめ。

Togetter - 「元コスプレイヤーが語る思い出話&ちょっとした裏話?」

つぶやいてる方は男性コスプレイヤーさんのようですが、ところどころ自分も知ってるネタや人名が出てきて面白いですw

さらに自分の知ってる話を記憶をたどりながら付け加えると(記憶違いがあったらスミマセン)、

・昔はウィッグ・カラコンは必ずしも必須でなかった。
綾波とか、元の髪型がショートの女子はそのままの髪でやってたりしてました。
当然カラコンもなし。
昔はウィッグもカラコンも高かったですからね……。

・男性レイヤーが今より多かった気がする。
これは印象なんですが、昔は(上記のTwiitterまとめにも載ってますが)男性レイヤーさんが今より多くて、有名男性レイヤーさんとかいたのですよ。
当時のコス雑誌にもそういう方が載ってたり。

・ダンパがメインだったような気がする。
今みたいな撮影&交流型イベントが(自分の知る限り)90年代末までなかった気がします。
晴海や神楽坂ツインスター(だっけ?)とかでのダンパがコスプレイベントの主流だったような気が。
あと当時の晴海は屋外開放してなくて、4階のホールのみしか使えなかったと記憶しています。

・名刺に住所や家の電話番号、本名とか載ってた(!)
90年代にはお目にかかったことがあります、そういう名刺。
いまほど個人情報を気にしない方が多かったのと、携帯やPCが普及してなかったので、連絡用ですね。
そのうちポケベル(死語)やPHSの番号が載るようになって、だんだんPCメールやCure、アーカイブといった情報が書かれるようになってきた感じ。

・カメラは当然フィルム型。レイヤーさんは使い捨てカメラとか多かったです。
これもテクノロジーの流れですね。
自分も昔はフィルム型の一眼レフ使ってて、毎回の現像代・プリント代が痛かったです(^_^;)。
ちなみに36枚撮りフィルムが¥500くらい、それを現像・プリントすると¥1,500くらいかかりました。
なので自分内ルールとして、「レイヤーさんを撮るのは原則3枚。多くても5枚まで」とか律していた貧乏学生時代。
それでも撮る方はばしばし撮ってましたけどね。
当時もコスプレ写真サイト(ブログというのもはそもそもなかったです)はありましたけど、当然フィルムやプリントをスキャンして掲載してたみたいです。
デジタル時代になって、]フィルム・プリント代がかからなくなったのと、簡単にネットにアップしたりデータを渡したりできるようになったのは、昔を知る者からすると感涙モノなのであります。

記憶のままつらつらと書き連ねてみましたが、何か懐古厨みたいになってきたのでこのへんで。

【2011年1月23日 コスプレ博 in TFT】
1週間以上前のイベントー。
ぶっちゃけあんまりよく覚えてないですw
あー、入り口ホールがほとんど使えなくて難儀しましたね。
テラスは日が当たってるときは良かったんですが、やっぱり寒かったです(>_<)。

蓬棟清祇 さま
a0088158_21193567.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2011-01-31 21:37 | Cosplay

『バクマン』はどうしたらもっと面白くなるのか

ちょっと前に『バクマン』の11巻を読みまして(自分はコミックス派なので連載がどんな風になってるかは知りません)。
a0088158_20424022.jpg

すごい個人的な意見なので反論もあろうかと思うんですが、『バクマン』、巻を追うごとにつまんなくなってると思うんです。
なので半ば惰性で買ってる状態。
ああ! ファンの方、石を投げないで!!

今になってみると、当初気に入っていたのもその後の展開への期待とかそういうのが多分にあったと思うんですが、ことごとく自分の好みの展開と違ってる感じ。
あと無駄に引き延ばしてるような気がするというか。

「マンガ家マンガ」って、『バクマン』以外にもたくさんあって、一つのジャンルみたいになってるじゃないですか。
思いつくままにいくつかあげてみると、古くは藤子不二雄の『まんが道』、相原コージ&竹熊健太郎の『サルでも描けるまんが教室』(通称「サルまん」)、島本和彦の『燃えよペン』シリーズ、マンガ家というより編集者マンガですが土田世紀の『編集王』などなど、むしろオタクマンガと言った方が良いのかな? 木尾士目の『げんしけん』などなど。
多すぎてたぶん他にもたくさんあると思います。

ともあれ上記の作品群はそれぞれに特徴があって、『まんが道』(実は未読)であれば実在の有名マンガ家たちの青春時代の実録風、『サルまん』はギャグとパロディ、『燃えよペン』は異常な熱量とそれがもたらすシリアスなのかギャグなのかわからない可笑しさ、『編集王』は人情、『げんしけん』はオタク文化の詳細とラブコメ、みたいに。
『バクマン』の場合は「ジャンプ」誌上での人気順位をスポーツマンガ・バトルマンガのように争うという形式が新しいと思います。

ただ、その「人気バトル」形式がうまくいってるとは思えないのですよ、自分的には。
たとえばライバルである新妻エイジのマンガが「すごい!」と作中でしばしば言われますが、エイジのマンガでなく『バクマン』を読んでる自分的には何がどうすごいのかわからないのですよ。
作中マンガの設定やあらすじ、もしくは原稿1枚分の絵とかそういうのは作品内で描かれていますが、肝心の作中マンガのおもしろさが伝わってこない。
『SLAM DUNK』でたとえれば、延々練習風景やライバルとの関係が描かれるけど、肝心の試合シーンがなく、結果だけ示されてるようで消化不良を起こしてしまいます。
むしろグルメマンガに似ていて、「これはうまい! うまいぞ山岡!」とか言われてるのと変わらない気がするのですよ。

いま例にあげた『美味しんぼ』であれば料理(『バクマン』でいうところの作中マンガ)の調理過程や、さらには食材の調達法が描かれていますし、なにしろ肝心の料理の絵が載ってるのでまだしも想像の余地があるのですが、『バクマン』の場合はその点も説得力に欠けているように思います。

それと『美味しんぼ』に限らずこれまであげたマンガ群とくらべると『バクマン』は「キャラの描写が薄い」と思うのです。
キャラの人数は多いのですけど、主人公二人はともかく他のキャラが薄いうえに、関係性が見えてこない人々も多くてドラマに重厚性が描けているきらいがあるように感じます。
エイジは「マンガの天才だが変人」、福田は「熱いマンガ馬鹿」、平丸はギャグ要員、と一言でそれぞれを語れちゃうじゃないですか。
高浜とか静河とかにいたっては何のためにいるのか……(静河、エイジとちょいキャラかぶってるし)。

何より違和感を感じるのは女性キャラで、青樹紅、何のために出てきたんだい?
当初はツンデレ担当というか、女性ならではの感性で主人公のライバルになるのかと思ったら、いつの間にかデレモードになって顔まで萌えっぽくなっちゃって……。
中井とのラブっぽい展開も中途半端だったし。
そのうえ新たなツンキャラ岩瀬まで出てきちゃって、役割全然なくなっちゃったじゃないかー。
って言うか。『デスノート』でも思いましたけど、大場つぐみってキャラを描写するの苦手ですよね。
特に女性キャラ。
女性蔑視というと言い過ぎかもしれませんが、都合の良いキャラ、中学生の妄想の中に出てきそうなキャラばかりです。
1巻に出てきた、「亜豆の方が岩瀬より頭が良い」って見解も、キャリア志向女性の否定ですし、サイコーと亜豆との「夢が叶うまで会わない」っていうのも中学生かよ! って言いたくなるくらい幼い(まぁ作中では中学生でしたけど。でもこんな約束しといて病気やら何やらでちょいちょい会ってるのがご都合主義っぽい)。
青樹紅にしても、前述のとおり何役なのかわかんないうえ、雪の中で中井に傘を差しかけるのも中学生妄想的(可愛いけど)。
香耶はまぁマシな方ですが、別にキーキャラクターじゃないからなー。
対してキャリア系の岩瀬は精神的に幼い嫌なキャラ、みたいに描かれてて、あー、大場つぐみは香耶みたいな旦那を立てる専業主婦っぽいキャラが好きなのね、キャリア系女性はお嫌いですかそうですか状態。

ぶっちゃけていうと、キャラに魅力があんまりない。
強いて言えば青樹紅タンが可愛いくらいですが、これはもはや本筋と関係なくなってる。

そういうわけで自分的な結論としては、『バクマン』をより面白くするためには、

・作中マンガがどう面白いのかもっとわかりやすくする。
・キャラとその関係性でもっと濃密なドラマを作る。

と言ったところがあげられると思うのですよ。
……正直、どっちも難しそうなのがアレなのですが。

【2011年1月10日 東京国際レイヤーズフェスティバル in プラザ平成】
はーい、10日も前のイベントですよ♪
その間何をやってたかは聞くな(ヒント:仕事)。

ともあれこの日はたいへん風が強うございまして、普段であれば1階の屋外が撮影スポットになるところ、みんな屋内に集中していたのですね。
屋外撮りやすいのでその点は残念ですけど、仕方ないッスねー。

NINE さま
a0088158_21553995.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2011-01-19 22:00 | Comic

コス用パソコンの選び方が簡単になってる件

縁起の良い初夢といえば、一鷹二富士三茄子彦!
というわけでおとそ気分が抜けきらない自分ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

1年くらい前に自作したPCの調子が良いもので最近のPC界隈にはすっかり疎くなってしまった茄子彦なのですが、最近、コス写真の加工とか用のパソコンの相談を受けたというか雑談をしてまいりまして。
で、ちょいと興味を持ってネットをぐるりと回ってきたわけです。
そしたら、最近のパソコンであればおおむねそうした用途に十分な性能・機能を持っているのですね、ノートPC(モバイル用ノートを除く)であっても。
Windows機であれば、おおむね5~10万円で普通に使える機種が多いです。
多すぎて「これがオススメ!」みたいに特定するのが難しいほど。
そりゃ、わずかでも処理速度を気にする方であればハイエンド方面になるので価格も上昇しますが、一般的なユーザー(自分を含む)であれば、今やコス写真の閲覧・加工に役不足なパソコンを探す方が難しいというか。
それでもこれから新しいパソコンを購入するにあたって何点か注意というか、より幸せになるのに気をつけておきたいポイントがありますのでいくつかあげておきたいと思います。

■外部ディスプレイを(デジタルで)接続できるもの
最近の国内メーカー製パソコンは大半が液晶一体型ですが、見たところあんまり液晶自体には気をつかってないですな。
いや間違い。
気はつかってるんだけど、3Dだのタッチパネルだの、気づかいがコス界住人的にはあさっての方向に向いてしまってる。
そんな機能よりも、コス写真をより綺麗に・精確に・大きく表示できるディスプレイの方が有り難いわけでして。
そうすると、乱暴な言い方になりますが液晶一体型PCは避けた方が無難です。

ただそうなると、国内大手メーカー製デスクトップのほとんどが選択肢から外れちゃうんですよね。
ヨドバシとかもで売ってる日本HPやDELLといった外資メーカー等の液晶セパレートタイプを選ぶしかないという状況。
地デジパソコンも良いけど、国内メーカーにはもう少し商品のバリエーションを広げて欲しいものです。

あとノートに関しても、HDMI端子など、外部ディスプレイと接続できるものが良いですよ。
コス写真を加工するのはもちろん、見るだけにしてもディスプレイが大きくて綺麗な方が見やすいですから。
写真以外の作業時(特にExcelとか使うときや、ネットを巡回するとき、動画を観るときなど)には画面が大きいのはメリットですから。

■ディスプレイは最低1,920×1,080ピクセルのもの。最近はIPSも安いぞ
外部ディプレイは大きければ大きいほど良いです。
同じ写真を見るにも迫力が違いますし、作業時にはスペースが広い。

画質は予算との兼ね合いの部分が大きいのですが、静止画像を見るのに適しているといわれるIPS液晶も、かつては高級液晶の代名詞だったのですが、LGエレクトロニクスのIPS226VPNのように2万円を切る製品も出てきてます。
ただこれ、グレア(光沢)液晶なんですよね。
グレア液晶は見栄えはするのですが、精確な色を見たいときや長時間作業時にはノングレア(非光沢)の方が適してるので残念。

国内メーカー製では三菱が安いですね(5万円くらいはしますけど、以前は10万円くらいはしましたから)。
品質重視ならNECかな。

動画を重視するならIPSではなくVAというのが一般的な評価ですが、その辺は製品ごとにチューニングとかが異なるので、ネットとか販売店で調べてください。
今回はそこまで深入りしません。

■大量のデータもUSB3.0端子があれば安心
画像ファイル、特にRAWファイルは意外にデータ量を食います。
1枚2枚ならたいしたことなくても、コス界にいるとどんどん増えてくるのが写真のデータ。
ROMに焼くというテもありますが、これも枚数が増えていくとわけがわからなくなるという状況に陥りがちです。
そういうわけでデータ保存はハードディスクが個人的には推奨なのですが、これまでの外付けHDDは転送速度が遅すぎました。
一度に大量のデータを移行しようとすると時間かかるし、ましてやそのHDDに入っているデータを加工しようと思ったらストレスが溜まるほど。

が、USB3.0ならPC内部のHDDと同じくらいのスピードで扱えるので、ストレスとは無縁です。
BUFFALOのHD-H2.0TU3なんて2TBもあって2万円しないんだよ!?

ちょっとPCに詳しい方なら、HDDケースにバルクの2TBのHDDを入れて運用すれば、さらにコストが抑えられます(最安で1万円ちょっとくらい?)。

ともあれこれで、パソコン買うときにHDDの容量をあんまり気にしなくて良くなったのはありがたいことです。

■CPUはAtomとかじゃなければおk
今やノートPCですら普通はデュアルコアですからねー。
15インチくらいの液晶搭載ノートならほぼ問題ないです。
デスクトップならなお高性能。
ご予算なりデザインなりブランドイメージなりで選んで問題ないです。

■結論
ってことで、パソコン買い換えるならデスクトップで7~8万円くらい(PC本体に5~6万円、ディスプレイに2万円)、ノートも同じくらいで、外付けディスプレイつけるならプラス2万円で10万円未満、というのが一般ユーザーへのオススメ購入(買い換え)プランになります。
もっともこれは最安ラインで、ご予算に余裕がおありならディスプレイ>本体の順で金額に上乗せした方が良いと思います。

ここからは余談めくのですが、こういう「普通のパソコン」が国産メーカーから出ないのは何でなんだぜ?
地デジとか3Dとか、需要がないとは言いませんが余計な機能が国産機には多すぎる。
そういうの、パソコンじゃなくテレビにつければいいじゃん。
パソコンもガラパゴス化してるのですかねー。

【2011年1月9日 コスプレ博 in TFT】
TFT平常運転でしたな。
日中は風がなかったのでテラスも使いやすかったです。
個人的にはタイミング悪くてor見つけられなくて撮らせていただけなかった方がいらして、それが残念でした。
まぁこういうこともありますよね(^_^;)。

ワカメ さま
a0088158_143076.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2011-01-10 01:48 | PC

あけましたおめでとうございました&新年の抱負

あけおめ!
……というにはいささか時間がたっていますが、松の内なのでぎりぎりセーフということでひとつお許しを。

旧年中はいろんな方のお世話になりました。
大変感謝しております(感謝の舞を踊りながら)。
本年も何卒よろしゅうお願い申し上げます。

ワタクシ、本年は変革の年にしたいと考えておりまして、いろいろと新たなこととかにチャレンジしたいと思ってます。
その内容をいくつか表明いたしますと、

●ダイエット
昨年は1年かけて×kgも太ってしまったので、とにかく痩せる。
とりあえず春くらいまで食事制限をしようと思い、1/4から(三が日は実家にいたこともあって甘えを許した)1日1,500kcal以内に摂取カロリーを抑えています。
会食や息抜きの制限外しを加えつつも、過去同様の手法で1ヶ月3~4kg落とした経験があるので、それを踏襲しようと。

●ロードバイク再チャレンジ
で、春になったらロードバイクを購入して運動ダイエットに移行したいと考えてます。
今のところの第1候補は、GIOS FELLO
a0088158_22585996.jpg

いまアルミのクロスバイクに乗ってるので、クロモリだと素材が違う方ので乗り味変わって面白いかなー、と思ったのと、遠乗り用途に適してそうなので。
数あるクロモリロードバイクの中でこれを選んだのは、予算内でコストパフォーマンスが良さげだったからです。
カーボン製も考えたのですが、カーボンはまだ過渡期の素材なので、今後さらに高性能に・低価格になりそうなのでそれを待ちたいのと、モデルチェンジが早すぎてすぐに型落ち感に苛まれそうな予感がして。
将来的にはカーボンバイクを買って、クロモリバイクをサブバイクにできればなー、とか思ってます。

●お金のもらえる文章を書く
お小遣い程度でも良いので、文章でお金がもらえるようにしたいのですよ。
新書みたいな評論文(って言うのかな)が自分には向いてると思うのですが、そういうの採用されるルートがわかりまへん。
小説なら新人賞あるから門戸がはっきりしてるんですけどねー。
素直にラノベとか書こうにも最近のラノベノリについていけないオッサンの自分。
メディアワークス文庫賞でも目指すべき?
もしくはボイルドエッグズ新人賞。

●コスプレ以外の写真を撮る
ってかコスプレ以外にも写真撮りたいんですよ。
前述のロードバイク遠乗りしながらスナップ撮ったり。
花とかのマクロ撮影も良いですなー。
とりあえず当ブログではポトレ掲載を増やしたいと考えてます。

こんな感じかな?
新年の抱負をただの寝言にしないよう今年は頑張っていきたいと思います。

【2010年12月26日 超コスプレ博 in TFT】
新年だというのにサンタとはこれいかに。

璃波 さま
a0088158_23193399.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2011-01-07 23:24 | Others