<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

茄子彦の写真、派手になってますか?

a0088158_0181068.jpg

「教えて君.net」さんで見つけた記事が面白そうだったので試してみましたw(って言うかケンイチって誰)

それはともあれ。
ちょっと前にあるレイヤーさんから、「茄子彦さんの写真、最近派手になってません?」とか聞かれまして。
そ、そうかなー?
いったい何がどう派手になったんだい?と小一時間問い詰めたかったところなのですが、そこは茄子彦も大人ですから、慎み深く「そう?」とか締まらない薄笑いを浮かべながら曖昧にうなずいたわけなのですが。

別に撮り方は以前と変わってないし、何が派手になったというの!?とも思ったのですが、「派手になった」のはたぶんRAW現像をするようになったからじゃないかなー、というとりあえずの結論に達しました。
JPEGをレタッチしてた時期と比べるとRAW現像だと色味とかをいじる自由度が高いから、知らず知らずに過補正しちゃうんじゃないかと。
RAW現像を始めてさほど日がたっておらず、いろいろ試行錯誤してるから余計にそうなっちゃうのかもしれませんね。

って言うかRAW現像、難しいですね!
周囲のカメコ諸氏にお奨めのソフト聞きまくって(<ウザい)いちばん多かったSILKYPIX PROというソフトを使ってるのですが(ニコンユーザーならCapture NX使えよ)、調整項目多すぎ。
伊達淳一氏の解説書買ってきてそれと首っ引きでやってるのですが、上手くいく場合はそれなりになるのですが、いったんドツボにはまってしまうともう駄目。
一定水準を保つ腕もありまへん。
上手い方はどういう感じに現像してるのか、公開して欲しいなー、とか図々しいことを考えてしまいます。

でもRAW現像、面白いんですよ。
色調もコントラストもいじる自由度が高くて、試行錯誤するのが楽しい。
基本的に自分、低コントラスト&高彩度の絵が好きだと思ってたんですよ(この「高彩度好き」が派手に見られる原因か?)。
実際JPEGレタッチのときはそういう傾向でレタッチしてたんですが、RAWになってもう少し進歩したというか、キャラやそのレイヤーさんによって調整するという発想が出てきました。
このキャラならこういう色調がいいな、とか、このレイヤーさんの場合はコントラスト高く(あるいは低く)した方が魅力を引き出せるんじゃないか、みたいな。
とまぁ頭ではそういう風に思ってるのですが、実際にできあがった画像を見ると……orz。

あと、こういうRAWいじりが楽しいって思えるのはやはりパソコンのスペックがそれなりだからというのもあるかもしれません。
自分はCore2Quad Q6600にメモリ4GBというPC環境なのですが、これで1,200万画素級のRAWデータを扱うのにほぼノーストレスですね。
さすがにソフトの立ち上げには少し待つ感じですが、いったん起動してしまえば補正結果はほぼリニアに画像に反映されます(ノイズ処理だけはちょっと時間かかるけど)。
現像中もブラウザで動画サイトを流しつつ、画像ビューアーで画像セレクトしててもまったくもたつく感じがしません。
これが2,000万画素超のデータだとまた違うのかもしれませんけどね(そのレベルになるとCore i7が必要になるような気も。どっちも使ったことないから憶測ですけど)。

今なら5万円くらい(ただしOSやキーボード等は別売り)でCore2Quadマシンを自作できるらしいですし、外資系メーカーのタワー型機(自分的にはGatewayのDX2710シリーズがお奨め。DellのVostro420もけっこう良いと思うんですが、法人向けなのが難点)やショップブランドのBTOマシンなら10万円以内でOSとか全部込みで購入できるので、RAW現像用途にはかなりお奨めな気がします(まぁ別にCore2Quadが必須というわけじゃないんですが。Pentium Dual-Core E5000シリーズでもじゅうぶんかもしれません)。
って言うかこの記事書くのに2ちゃんねる・自作板の「5万で組む( ゚Д゚)ウマーなPC」スレ見たら、自分でも(雑誌やネット情報の受け売りによる)格安カメコ向け・レイヤー向け自作PCの構成とか書いてみたくなったけど、まぁそれはまた別の機会に。

【2009年1月11日 コスプレ博 in TFT】
今日はぜろいんちさんのお写真を掲載させていただきまっす。
ぜろ様のベッキーですよ!
もう可愛いったら。

ぜろいんち さま
a0088158_0512055.jpg

a0088158_0522243.jpg

a0088158_0524553.jpg

a0088158_0525562.jpg

a0088158_0531733.jpg

a0088158_0533199.jpg

a0088158_0534762.jpg

a0088158_0541311.jpg

a0088158_0542326.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2009-01-16 00:54 | Camera/Photo

文章力に脱帽

ネットを見てまわっていたら、こんな記事を見つけました。

インサイター:ゼロ年代の妄想力 ~2008年グラビアアイドル ベスト10~ - livedoor Blog(ブログ)

記事タイトルを一見すると、「ブログの筆者の好みによるグラビアアイドルベスト10」みたいな(ある意味安直な)記事に思えるんですがさにあらず。
いや、確かにそういう記事ではあるのですが、文章がすごいのですよ。
前半で90年代からのグラビアアイドル界の流行等を解説しつつ、現在とそして未来のグラビアを語って見せているのですが、その文章がいろいろな意味で半端ない。

というのもこれ、宇野常寛の『ゼロ年代の想像力』という昨年ちょっと話題になった(茄子彦も流行に乗せられて読んでみたのですが)サブカルチャー批評書の論法・用語のパロディになっているのですね。
パロディでありながら何か妙に説得力があるように思えるのもすごい。
すごすぎて意味がわかるようなわからんような部分もあるのですがw

が、何よりすごいのが言語感覚って言うか言葉の選び方・作り方で、

バブル崩壊を発端とする平成不況に苛まれた90年代、日本の男たちは絶望し、完全に自信を喪失していた。その結果生じた「引きこもり/心理主義」的モードは、「デカい乳に優しく包まれ、完全に承認されたい/癒されたい」という退行願望を満たす「デカイ系」を生み出した。つまり巨乳ブームだ。

とか、

男がアイドルに望む願望を見事に全て纏ったその存在は、アイドルのアンドロイド=「アイドロイド」とでも言うべきフィクションの域に達している。

デカイ系」(「セカイ系」のパロディなのは言うまでもないでしょう)とか「アイドロイド」とか!
並大抵の感性ではこういう言葉は思いつきません。
「上手いなー!」と言わざるをえない。

後半はベスト10に選んだグラビアアイドルの写真(微エロ注意)が並んでるんですが、そこについてる文章もパねぇッス。

過去のグラビアアイドルたちの良いパーツばかりを合体させたような、キン肉マンでいうところの悪魔将軍的なボスキャラ。そんなゴージャスな肉体の持ち主が、オスカーという超一流事務所に所属しながら着エロ一歩手前のハードコアな水着ばかり着るという、まるで藤子F不二雄が『快楽天』にエロマンガを描くが如き奇跡に我々は立ち会っている

悪魔将軍」などと古めのオタネタをちりばめつつ、「藤子F不二雄が『快楽天』にエロマンガを描く」というすごいたとえを持ってくるあたり、尋常のセンスではありません。
何より「奇跡に我々は立ち会っている」という、メシアが降臨でもしたかのような大げさな言い回しがすごすぎる。

それにしても、ここに掲載されているグラビアアイドルの半分もわからない自分って(滝沢乃南がCD出してるの、知らなかったよ)。
筆者がマニアックなのか自分が疎いのか、どっちなんでしょう?

ともあれ思わずこのブログの過去ログを片端から見てたら、目にとまったのがこの記事。

インサイター:ガッキーVSアッキーナ - livedoor Blog(ブログ)

上の記事でいちばんすごいのはやはり、

新垣結衣は性欲よりも青春欲=青欲を刺激する希少な存在だ。

の一文でしょう。
青春欲=青欲」って!
上手い、上手すぎるよ!(しいてイチャモンをつければ、「希少」より「希有」の方が自分的には好み)
これほどまでに端的に新垣結衣の魅力の本質を捉えた言葉を、自分は他に知りません。

自分もレイヤーさんのお写真載せるときにその方についてぐだぐだ文章書いたりしますけど、このブログのセンスの足元にも及びません。
いやー、ほんとすごいわ。

【2009年1月11日 コスプレ博 in TFT】
今日掲載させていただくのはひろみちさんのお写真です。
ほんとは上で紹介した「インサイター」さんみたいな言い回しで文章書こうかと思ったんですが、何度書き直しても上手くいかないので断念しました(^_^;)。
まぁ人間、向き不向きがあるわけで……(言い訳)。

ひろみちさんはご覧のように萌え系美少女なわけですけど、口調とか割かしテキパキというかチャキチャキしてるのですね(江戸っ子?)。
そのギャップが可愛いっていうか。
あと小柄なのにスタイル良いんだよ!
文字通りアニメのキャラが現実に顕現したが如き奇跡に我々は立ち会っている(<けっきょく真似してるじゃん(^_^;))。

ひろみち さま
a0088158_23532455.jpg

a0088158_2354158.jpg

a0088158_23542913.jpg

a0088158_23545321.jpg

a0088158_23552932.jpg

a0088158_23555529.jpg

a0088158_23563273.jpg

a0088158_23564326.jpg

a0088158_23565542.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2009-01-14 23:56 | Internet

さらば青春の光

しまった。

RAW現像してる間はBGM流しっぱなしにしてることが多いのですよ。
ネット依存の茄子彦の場合、たいていはニコニコ動画の「作業用BGM」かYahoo!のサウンドステーションなのですけど、何となくYouTubeでPVを聞いてたわけですね。
90年代くらいの懐かしめの曲を連想するままに聴いていたら、Globeの「departure」を聞いてしまったのですよ。
これがまずかった。


当ブログをご覧になってる方でも若い方はご存じない曲だと思うのですが(10年以上前の曲だし)、年末に話題になった小室哲哉氏の全盛期の楽曲です。
これがまた茄子彦の青春時代(笑)とちょうど同時期にヒットしてた曲なのですよ。
そう言えば小室サウンドといえば華原朋美の「I'M PROUD」も確か同じような時期の曲だったと記憶しますが、自分的にはこれまた同時期にエヴァをテレビ放送してたせいで、「この曲はアスカの心境だ!」とか周囲のオタ友に熱く語ってた覚えがあります。
我ながらアイタタタ、ですね(^_^;)。


ちなみに中谷美紀の「MIND CIRCUS」はシンジだと思いますw


まぁそれはともあれ。
冒頭にあげた「departure」が流行した頃って、ちょうど今時分の寒い時期だったのですよ。
気候と楽曲のせいか、自分も思い出すとはなしに昔のことを思い出してしまいまして。
青春の甘酸っぱさ、ほろ苦さみたいなものを噛み締めていたところなのであります。

……自分が初めて女性の部屋に泊まったのって、ちょうど今日みたいな寒い日だったのですよ。
小田急線の経堂駅から10分くらい歩いたところにある狭いアパートで、前日降った雪がだいぶ溶けて、それでも硬いシャーベットのようになって歩道を薄く覆ってるのを踏むたびにシャリシャリした感触がしたのを覚えています。
女性の部屋に行くと不思議な物で、トイレを借りるとき汚しちゃいけないといつもより緊張するの、何故なんでしょうね。
まぁその女性の手料理をいただいて、テレビとか観て。
その後は。

一晩中トーン貼り&べた塗りをやってましたw

あ、もしかしてラブな展開とかちょっと期待しました?>読者各位
幸か不幸か、そういう仲ではありませんでしたから(^_^;)。
エヴァ本のアシスタントを延々とやっていたのです自分。
もう色気も何もありませんがな。

この話をすると聞く人聞く人みんな笑うんだけど、そんなにおかしいかなー?

【2009年1月4日 東京コスプレキャラクターショウ(TFTホール)】
また明日からお刺身の上にタンポポを乗せる仕事が始まるので、アップできるうちにアップしちゃうよ!
というわけで本日2人目の犠牲者(<茄子彦の下手くそな写真を掲載される刑)は白雪姫乃さんです。
この方も女の子っぽいのですよ。
妹系というか小悪魔系というか(<性格が悪いって意味じゃなくて茄子彦的外見イメージ)。

白雪姫乃 さま
a0088158_22232431.jpg

a0088158_22242168.jpg

a0088158_22244333.jpg

a0088158_22251382.jpg

a0088158_22253121.jpg

a0088158_22254432.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2009-01-12 22:11

『バクマン』がすごい!(もしくはオッサンによる『バクマン』の感想)

年末に購入してたんですが、時間がなくて読めなかった『バクマン』をこの連休でようやく読めました。
a0088158_16402443.jpg

『デスノート』の大場つぐみ&小畑健の新作ということで連載開始時からネット等でも話題沸騰の作品だったわけなのですが、正直に申し上げると自分、『デスノート』そんなには好きじゃなかったんですね(^_^;)。
小畑健の作画は素晴らしいと思いましたが、感情移入できるキャラがいないし(<ここ重要)、心理戦やトリックもミステリ小説好きな自分的にはさほど感心できる水準ではなく。
もう少しメタな視点で言うと、正義と悪との関係性みたいなものを問い直すという物語は、小説では確かに昔からある素材ですが、マンガで(それも「ジャンプ」で)現代的に解釈しているのは野心的な試みだなー、とは思ったのですけどね。

というわけで読む前はあまり期待してなかった『バクマン』なのですが、一読して(良い意味で)期待を裏切られました。
これ、すげーよ!

すっごい簡単に物語を説明すると、主人公(中3)の二人組が「マンガ家になっててっぺんを取る!」と奮闘するお話。
そこに美少女ヒロインとの淡いラブとか(主人公の1人が、「マンガ家になったら結婚してくれ!」とか言っちゃうの)マンガ業界の裏話的なトピック(次巻以降ではジャンプ編集部の話も出てくるとか)を織り交ぜつつ、物語が進展してくるわけです(これまた次巻以降ではライバルも登場する模様)。
題材こそ異世界バトルやメジャースポーツ(野球とかサッカーとか)ではありませんが、こうしてみると王道の少年マンガの物語を正しく踏襲してるのがわかりますな。
そういう意味では前作『デスノート』とは全く別の方向に進もうとしているのが明らかです。

で、何が茄子彦の心を揺さぶったのかと申しますと、登場人物の体温というか考え方とか。
無気力だった主人公が「もうハンパはやらない」「1秒だって無駄にできない」と真剣にマンガに取り組む姿勢に胸が熱くなります。
ひるがえって自分はどうなんだ?と問われているような気がするというか。
それを見守る大人たち(主人公の家族とか)も素晴らしくて、(マンガ家志望を反対する母親に対して)「やらせろ。男には男の夢がある。女にはわからない」とか言っちゃうお父さんとか(「男なら死ぬときは、たとえドブの中でも前のめりに死ね」というのもすごい)おじいちゃんとか。
ヒロインのお母さんも良い(スイーツ脳だけどw)。

何よりシンパシーを感じるのは、主人公の叔父さん。
ずっと好きだった女性と釣り合いのとれる男になるために人気マンガ家を目指すものの、作品がアニメ化されるころにはその女性はすでに他の男性と結婚してるという。
その心情を端的に描いた叔父さんのマンガ「男の浪マン」を見た段階で涙腺崩壊。
……まさか大場&小畑コンビのマンガで泣かされる羽目になるとは思わなかった。
この叔父さんの心境、男ならわかるよな!?(<涙目になりながら)

話は脱線するのですけど、男ってこういう心理あるのですよ。
ほんとに好きになった女性には格好悪いところ見せたくないし、苦労もさせたくない。
そのためには自分がビッグにならないといけない、みたいな。
何もそこまで思い詰めなくても……いまは駄目な自分でも、2人で一緒に助け合って成長していくやり方もあるやん?とも一方では思うのですが、「ビッグになってから迎えに行く」という思想も(人によっては差はあれ)拭いがたく頭の片隅に居座っているのも事実。
それってある意味コドモの考え方ですし、不器用であることに間違いはないのですが、個人的には応援したいのですね。

ただそうやって男モードで作品を読んでると、ヒロインの恵まれた環境だとか無意識の計算高さとかが鼻につくのも事実。
おまえもう少し苦労しろよ男がこれだけ頑張ってるんだからさ!とか思ってしまうのです。
まぁ主人公的には、彼女を苦労させないために頑張ってるんですけどね。
ともあれ一度そう思ってしまうと他の女子キャラが魅力的に思えてくると言うか、ツンデレ見吉やガリ勉岩瀬の不器用さがむしろ好ましく思えてしまうわけです。
って言うかヒロインが完璧すぎて逆に愛着が持てない自分なのであります。

何つーか「ジャンプ」の主な読者である男子小中学生とはまるで違った視点で読んでるなー、と我ながら思うところですが、まぁこういう読み方もあるということで。

【2009年1月11日 コスプレ博 in TFT】
今日のお写真はつぎはぎ未芯さんのですよ。
未芯さんはすごい女の子っぽい方なのです。
衣装も女の子っぽい可愛いのがすごいお似合いなんですね。
お姫様っぽいっていうか。
外見だけじゃなくて、ちょっとお話とかさせていただいても、(古い言い方になっちゃうのですが)癒し系っていうか、ほにゃっとした感じでたいへん和ませていただいております。
素敵な方です。

つぎはぎ未芯 さま
a0088158_16452066.jpg

a0088158_16454622.jpg

a0088158_16461620.jpg

a0088158_1647572.jpg

a0088158_1650945.jpg

a0088158_16502532.jpg

a0088158_16503721.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2009-01-12 16:49 | Comic

いまIPS液晶が安い!(ような気がする)

PCパーツとかの相場を見るために「AKIBA PC Hotline」をときどき見てるのですが、そちらでこんな記事を見つけました。

市場短報:特価液晶ディスプレイ フルHDの21.5インチ液晶が2万円割れ、IPSの24インチも4万円台で販売中

な、なんだってー!
IPSパネルの24インチ液晶が4万円台前半!?
ご存じのように一般的に液晶にははTN、VA、IPSと大きく3つ方式があるわけですが、このうち静止画像を見るのに最も適していると言われているのがIPS
デジカメ画像を見る用途にはもちろんいちばん適しているのですが、高価なのが難点だったわけです。
かく言う自分も、予算の兼ね合いでいま使ってるのはNANAOのVA液晶。
それでも購入時は8万円くらいしたというのに、いまならおよそ半額でIPS液晶が買えてしまうという現実に愕然ですよ。
もう半分涙目状態。
ちなみにその4万円台IPS液晶というのがこちら。

価格.com - HYUNDAI W241DG 価格比較

クチコミやレビューを見ると、「調整項目が少ない」とか「デザインが垢抜けない」とか「グレア(光沢)タイプなのがちょっと……」といった難点も挙げられてるのですが、この圧倒的低価格を見てしまってはそれらも許さざるを得ない。
同じ24インチでも3万円くらいの低価格TN液晶モデル買うなら、1万円ちょっと足してこっちにした方が幸せになりそうな気がします。
下手したらNANAOや三菱といった名の通ったメーカーの低価格24インチモデル(それでも5~6万円はする)よりW241DGの方が良いかもしれないくらい。
NANAOとかのそういう液晶、IPSじゃないですからね。

って言うか!IPS液晶もしかして安くなってるんじゃ?と思って調べてみたらほんとにその通りで、三菱の25.5インチIPS液晶、RDT261WHも8万円前後になってるじゃんか!
自分が液晶買うときこのくらいの値段だったら、間違いなくこっちを買ってたっつーの!
さらには評価の高いNECのLCD2490WUXiも約10万円
……何てこった(>_<)。
液晶の買い換え(買い増し?)を真剣に考え始めてるところです。

【2009年1月11日 コスプレ博 in TFT】
TFTのイベントに行ってきましたー。
午前中職場に行く用が急にできてしまったせいで会場入りが14時半くらいになってしまい、いまいち不完全燃焼気味というか。
このイベント、普段より会場広く使えたうえに屋外も開放されてたせいか、TFTにありがちな狭苦しさがなくて良い感じでした。

つぎはぎ未芯 さま
a0088158_2433866.jpg

ひろみち さま
a0088158_2435382.jpg

ぜろいんち さま
a0088158_2441668.jpg

南野みかん さま
a0088158_2451064.jpg

神田翠 さま
a0088158_245252.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2009-01-12 02:44 | MONO(Goods)

そろそろ市川駅周辺のラーメン屋さんについて語っておくか

毎日寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
お正月っぽい食べ物にもそろそろ飽きてきた頃ということで、茄子彦はこのところラーメンばかり食べてます。
1日1食はラーメン食べてるような気が<食べ過ぎ。
まぁ寒い季節には良いですよね、ラーメン。

で、タイトル通りJR市川駅周辺のラーメン環境について語ってみることにします。
この界隈には自分が気に入ってるお店が2軒ありまして、ひとつが「麺屋 亥龍」というお店。
もう1軒が「和風ラーメン シャリ」なのです。

千葉県内の人気ラーメン店で「なりたけ」という背脂ちゃっちゃ系のお店(津田沼店が本店なのかな?)があるのですが、「亥龍」のご主人は何でもそちらのご出身なのだそう。そういうわけでこちらのお店でも基本的には「なりたけ」的な背脂ラーメンを供しております。
ただ自分的には、こってり系のラーメンってあんまり得意じゃないんですよね。
「なりたけ」も自宅の近所の本八幡に支店があるのですが、好きこのんで行くことはほとんどありません。
なのでこちらのラーメンも期待半分不安半分くらいの感じで食べてみたのですが、背脂の浮く見た目とは裏腹に、意外とあっさりした味わい。
良い意味で期待を裏切られたので何度も通っているわけなのですね。
とは言えあっさり好きの自分としては、こちらで一番のお奨めは「魚塩らーめん」(700円)。
鰹節ベースの魚介系のスープに、香り付けにネギ油を浮かせたあっさり系の一品です。
自分の好みからすると少し塩味がきついのが微妙に残念なのですが、味を薄くするとネギ油の個性に負けてしまうような気もしますので、このあたりがバランスの取れたところなのかも。
お酒を飲んだ後とかには特に良さそうですね。
もちろん普通の状態で食べてもじゅうぶんに美味しいのですけど。
澄み切ったスープをすすると、最初にネギ油の香りが口に広がり、次いで鰹節の香り・旨みが追いかけてくるといったあんばい。
細い麺がこのスープに非常に良くマッチしています。
美味しいチャーシュー(豚バラをロールしてあるんだと思う)を食べて口が少し脂っぽくなったら、具材のほうれん草で口直し。
ぶつぶつ文句めいたことを言いつつも、毎回スープまで残さず飲んでしまうくらい気に入っておりますw

「シャリ」はその名の通り和風テイストのラーメンを出すお店。
醤油・味噌・塩と3種類のラーメンが基本で、具材や辛みを付けたりして品揃えのバリエーションをつけております。
基本となるスープは鰹節と煮干しの利いた魚介系の味わい。
そこに醤油味や味噌味などで風味に差異をつけています。
あっさり好きの茄子彦にとっては心底ほっとする味です。
日本人の心のふるさととも言えるだしがベースですので、どれもどこか懐かしい感じがします。
それぞれのラーメンについて簡単に自分の印象を書くと、醤油ラーメンは良い意味で「普通のラーメン」という感じ。
塩ラーメンは「亥龍」ほど技巧に走っておらず、これまた良い意味でオーソドックスな味です。
中でも茄子彦のお奨めは味噌ラーメン(700円)で、いろいろなお店の味噌ラーメンの中で自分の舌には一番合うと言っても過言ではないというか。
ほら、味噌ラーメンって言うと、やたらギトギトな感じに仕上げるお店多いじゃないですか。
もしくはやたらと野菜とかの具材をたくさん盛りつけるところとか。
ここんちの場合、他と変わらずあっさりスープとシンプルな具材なところが自分的にはポイント高しなのです。
何て言うか、食べててほっとするのですね。
鰹節+煮干しのだしと味噌というと、これはもう完全に味噌汁。
食したときの安堵感のようなものは、日本人のDNAのせいなのかも。
スープをひとくち飲むと、白味噌の甘みの後にだしの香りが鼻に抜けます。
麺はごく普通の中太麺なのですが、このスープには変に太い麺よりもこのくらいの方が合うというもの。
ちょっとお得な感じがするのが具材で、最近では有料トッピングの場合が多い味玉(<薄味)と海苔が普通についてきます。
チャーシューも「亥龍」とは違ってて、あまり脂身のない部位を柔らかく煮込んだもの。
ありがちなぺらぺらした物でなく、厚みもしっかりあるので食べ応えがあります。
途中まで食べたら、備え付けの七味唐辛子を振りかけるのが自分の好きなやり方。
香り付けに少量かけても良いですし、多めにかけてぴりっとした風味を味わうのも良い物です。
スープがしっかりしてるので、多めにかけても美味しさに変わりはありません。

というわけで今回は市川駅周辺の2店をご紹介させていただきました。
こってり好きなら「亥龍」、あっさり好きなら「シャリ」がお奨めです。
どちらも駅から歩いて2分くらいの立地ですので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

【2009年1月4日 東京コスプレキャラクターショウ(TFTホール)】
ぜろいんちさんのお写真ですよ。
この日はいつにも増してぜろさま大人気で、最初にお見かけしたときは撮影待ちの方が長蛇の列になってたのですよ。
どのくらい長かったかというと、粘着カメコの自分ですらその列に並ぶのを躊躇するくらい(^_^;)。
けっきょく別の場所でお写真撮られてたところを頼み込んで撮影させていただいた(<迷惑)のですが、お写真撮らせていただいて大行列にも納得。
だってぜろ様、すげー衣装お似合いだったのですよ!
ルックスが可愛いから、可愛らしい衣装がとても似合ってらして。
美少女は何を着ても可愛いのですが、やはり可愛い服装だとキュートさが何倍にもなりますね。
お風邪を召されていたにもかかわらず快く撮影に応じてくださったこと、ほんとうに感謝しております。

ぜろいんち さま
a0088158_1173743.jpg

a0088158_118786.jpg

a0088158_1185926.jpg

a0088158_1191896.jpg

a0088158_1205355.jpg

a0088158_123641.jpg

a0088158_1233413.jpg

a0088158_123485.jpg

a0088158_125162.jpg

a0088158_1255339.jpg

a0088158_127842.jpg

a0088158_127223.jpg

a0088158_1273862.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2009-01-07 01:27 | Food/Drink

2009年も本格的に始まりましたね

a0088158_1291338.jpg

長かったお正月休みも終わり、今日(ってもう昨日だけど)から仕事が始まったわけでして。
今回の年末年始の休暇は例年より長かったせいか、正月ボケがいまいち抜けきりません(^_^;)。
ともあれ今年も本格始動ということになりますね。
本年も何とぞよろしくお願いいたします>皆様。

【2009年1月4日 東京コスプレキャラクターショウ(TFTホール)】
仕事だけでなくコス関係も本格始動(?)。
日曜日は今年初めてのイベントということでTFTに行ってまいりました。
新春初萌えですねw
久しぶりにお会いできた方もいらして、茄子彦的には楽しゅうございましたよ。
でも流行ってるせいかお風邪を召されてる方もいらして。
御身お大事になさってくださいね。

沙谷 さま
a0088158_1464078.jpg

萌禾 さま
a0088158_14709.jpg

白雪姫乃 さま
a0088158_1471524.jpg

ぜろいんち さま
a0088158_1473514.jpg

richi さま
a0088158_148458.jpg

いばら。 さま
a0088158_149597.jpg

蓮井ユウリ さま
a0088158_1492859.jpg

まちだ速人 さま
a0088158_15067.jpg

橘恋 さま
a0088158_151577.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2009-01-06 01:52 | Others

おぬしらはWebブラウザは何を使っておるのだ?

いやまぁ、タイトル通りの記事なのですが。
アクセス解析の専用ツールとか使うと、自分のブログを見に来てくださった方の使用してるブラウザとかもわかるらしいんですが、あいにくここんちではそういうの導入してないのですよ。
なので好奇心半分で知りたいのですね、皆様がお使いのブラウザは何?って。
ちょっと前であればInternet Explorerが多かったと思いますが、最近はIE以外のブラウザのシェアも上がってきてますから、どれ使ってる人が多いのかなー、と思うのですね。

自分はこれまでにいろいろブラウザ遍歴みたいなものがありまして、最初に使ったのはMosaicというブラウザ。
かれこれ10年以上前のことです。
それからNetscape Navigator→Internet Explorer→Sleipnirときて、数年前からFireFoxをメインに使ってます。
いまメインで使ってるのもFireFox3です。

FireFoxの何が良いかというと、やはりタブブラウザであることですな。
いちどタブブラウザに慣れてしまうと、そうじゃないタイプのブラウザには戻れまへん。
それを言ったらIE7もタブブラウザなのですが、IEってセキュリティ的にどうなんだというのと、パソコン周りのものをマイクロソフトにばかり依存するのも何となく変な気分なので。
a0088158_2293674.jpg

あと曲がりなりにも写真を扱ってるブログを運営してるわけですから、カラーマネジメント機能のあるブラウザを使いたいもの。
この機能のあるなしで写真とかの見え方がどう変わるかは、こちらとかこちらとかをごらんください。
Macなら何も考えなくても標準ブラウザのSafariで正しい色が再現されるわけですが、Windowsでは(自分の知る限り)カラーマネジメントのできるブラウザはFireFoxだけらしく。
あ、ちなみにFireFoxでカラーマネジメントを有効にする方法は、「MACお宝鑑定団 blog」さんのこちらの記事が簡潔でわかりやすいと思います。

ただこの機能、有効にしてると画像の表示が明らかに遅くなるんですよね。
イベント終了後とかに他のコス系サイトをいくつも見てまわるときとか、正直ちょっとじれったくなります。
なので最近はそうしたときにはGoogle Chromeを用いることにしております。
a0088158_22191633.jpg

このブラウザ、めちゃめちゃ速いんですよ奥様!
表示も速いし操作系もいちいちが速い。
まさに異次元の感覚です。
未体験の方はぜひ一度お試しください。

【2008年12月23日 東京コスプレキャラクターショウ(TFTホール)】
今回掲載させていただくのは、白雪姫乃さんのお写真ですぞ。
姫乃さんは何て言うか外見がすげー女の子っぽいのですよ。
小柄で華奢で、お人形さんみたいって言葉がほんとに似合うの。
持って帰って飾っておきたいくらい(<ストーカー脳)。

白雪姫乃 さま
a0088158_22255648.jpg

a0088158_22262480.jpg

a0088158_22264216.jpg

a0088158_2227319.jpg

a0088158_22273751.jpg

a0088158_2228285.jpg

a0088158_22281921.jpg

a0088158_22283257.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2009-01-04 22:28 | Internet

のっち可愛いよのっち

普段あんまり書かないテレビ関係のネタをもう少し書いてみるぞ。

年末年始で実家に帰省というと外せないのが紅白歌合戦なわけじゃないですか。
自分も見るとはなしにダラダラと眺めてたのですよ。
紅組で言えばGIRL HEAVEN's DOORっていうんですか?(<惜しいけど名前間違ってます)avexの新人さんが相変わらずのavexサウンドって言うか、90年代後半から00年代前半っぽいそういう曲調(当時のELTとかそういうのん)で自分的には懐かしいというか、保守的というかそういう思いを受けましたね。
あとavexって言えば本家(?)のSPEEDも再結成されたとかで出場なさってましたね。
みんな大人っぽくなったなー。

が、やはり女性陣でいちばん目立ったのはPerfumeでしょう!
楽曲自体は当然ながら自分も耳にしたことがあったのですが、ビジュアルも含めてちゃんと見たのはこれが初めてに近いというていたらく。
どんだけ最近の歌手に疎いんだ>自分。

意外に可愛ぇーなー(<明石家さんまの口調で)と思ったのでYouTubeとかで動画をあさってみたら、思った以上に可愛いッスね。
前髪パッツン好きの自分としては、いちばん好きなのはかしゆか!
……と言いたいところなのですが、素直に(?)のっちがツボなのですよ、ええ。
どのくらいツボかというと、大きな画像を掲載したくなるくらい。
a0088158_20451991.jpg

(自分的には)明らかにあの中でいちばん可愛いじゃんかー。
ショートカットも可愛いし、口が大きいのも何か好き。
もうね、のっちにこんなこと↓言われたら0.1秒で落ちるわ正味の話。

必須アミノ酸が全部言えるとか、それで誰が得をするというのw

【2008年12月23日 東京コスプレキャラクターショウ(TFTホール)】

キモカメが熱くアイドルを語るのもウザいのでこの辺にして、さっさと写真をアップする作業に戻ります。
お正月だというのにサンタガールというのもKYというかタイミングを全く考えてなくていかにも茄子彦らしいのですが、そのあたりを気にせずに掲載してしまいますよ。
というわけで今回アップさせていただくのはちっぴーさんのお写真です。
可愛らしさと綺麗さを併せ持った素敵な方でございます。
笑顔がもう素晴らしいのですよ。

ちっぴー さま
a0088158_20571834.jpg

a0088158_20573179.jpg

a0088158_2058150.jpg

a0088158_20581134.jpg

a0088158_20582913.jpg

a0088158_20584368.jpg

a0088158_20585428.jpg

a0088158_20591049.jpg

a0088158_2059494.jpg

a0088158_2104329.jpg

a0088158_2114313.jpg

a0088158_2115981.jpg

a0088158_2123257.jpg

a0088158_2125162.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2009-01-04 21:17 | Others

あけましておめでとうございます☆

皆様、あけましておめでとうございます。
……って3が日も終わったというのに今さらですね(^_^;)<新年の挨拶。
いや、お正月は実家に帰省してたのですよ。
で、昨年末に現像したのにアップしてない写真が大量に貯まっておりまして。
というわけでそれらをずんずんアップしていこうと思います。

【2008年11月30日 レイヤード.hal(晴海ターミナルホール)】
というわけで昨年中の在庫一掃セール(?)その1。
11月の晴海イベントで撮らせていただいた甲斐枝カエさんのお写真です。
クールな雰囲気と素敵な笑顔を併せ持った美少女なのですよこの方は。

甲斐枝カエ さま
a0088158_194634100.jpg

a0088158_19464971.jpg

a0088158_19471276.jpg

a0088158_19474686.jpg

a0088158_1948594.jpg

a0088158_19483619.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2009-01-04 19:48 | Others