<   2008年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

茄子のから騒ぎ

茄子彦って(アニメ以外だと)テレビあんまり観ないんですよ。
最近こういう人増えてるみたいですね。
「若者のテレビ離れ」って雑誌やネットの記事で時々見かけますし(若者じゃないけど)。

最近だと良く観る番組(非アニメ)って何だろ?
毎日(もしくは毎週)欠かさず観てる番組ってちょっと思いつきませんな。
強いてあげれば「タモリ倶楽部」と「アド街ック天国」くらいかな意識して観てるのは。
我ながらオッサンくさいチョイスですね(^_^;)。
って言うか山田五郎が好きなんですよ。
あとみうらじゅんとか、ああいう変なオッサンがゆるいトークをしてるのがどうしてだか好きでして。
後は土曜日の午前中に、家事をしながら「王様のブランチ」を流しっぱなしにしてるくらいですが、これは「観てる」とは言わないかな?

あ、良く考えたらありましたよ他にも。
「恋のから騒ぎ」も、暇なタイミングと放送時間帯が合えば観てますな。
あの番組の良さって、何だろ?レギュラー陣の珍回答(?)とそれに対するさんまさんのツッコミが面白いというか、当初はごく普通の女子同然だったレギュラー陣が、さんまの手を経て段々キャラが立ってくるところが面白いですね。

でも茄子彦の場合、好きな番組を観てるのが面白いって言うより、むしろ自分も出演したいのですよ。
「タモリ倶楽部」の「空耳アワー」で、くだらない空耳をクククって笑いながら「これはタオルね」とか言いたい!
あと「アド街」にゲストで呼ばれて、地元民しか知らないようなマニアックな知識を披露したいー!

じゃあ「恋のから騒ぎ」ではというと、別にゲストで呼ばれても面白くも何ともないじゃないですかあの番組の場合。
先に申し上げたように、レギュラー女子がキャラ&ポジションを確立していく過程にこそ番組の面白さがあるわけで。
というわけで、かなうものなら自分が明石家さんまのポジションにつきたいですね。
でもってさんま師匠に代わって「あっあっあっあw」って独特の「息吸い込みながら笑い」をしたいですw(そう言えばSMAPの仲居くんも同じ笑い方しますよね)

妄想ついでに言うならアレだ。
どうせなら出演する女子も全員レイヤーさんだったりすると面白さもひときわです(少なくとも自分的には)。
最前列には有名美少女レイヤーさんをずらりと並べて、どんな珍回答をしても「●●ちゃんはかわええな~」と猫なで声を出したり。
三列目あたりには鋭いツッコミをしてくるレイヤーさんに座ってもらって、あえて突っ込まれて逆ギレするわけです。
こういう「茄子彦版・恋のから騒ぎ」をするとして、どんなレイヤーさんに出てもらおうかなー、とか妄想してると大変幸せな気分になりますw(<キモイよー(>_<))

でも実際にやるとして、レイヤーの皆様にお答えいただく質問はどんなのが良いでしょう?
恋愛関係の質問もお約束的に入れなきゃでしょうけど、コス系の話題も入れないとやっぱり面白くないですよね。
そうなるとどんなのが良いかなー。
そうだ!
「今までで一番ひいたカメコの行動」とかはどうでしょう?
「カメコ」の代わりに「彼氏」とか入れると恋からの質問っぽいからいい感じかも。
この質問、どんな答えが返ってくるでしょうか?
予想するとこんな感じかなー↓

・「イベント会場で会うなり『はじめてのチュー』を歌い始めた」
・「写真撮りながらラピュタの物真似を延々と続けてた」
・「『笑顔撮らせてください』とか言って無理矢理笑顔にさせられた」

……何かどれもこれも心当たりがあることばかりなんですけど!
って言うかお前ら(誰?)、特定の一人のことばかり言ってるだろ!?
えーえー、どうせオイラはキモカメですよ!
お前ら全員、説教部屋行きだー!!

というわけで、この番組は成立しそうにありません(>_<)(<自業自得)

【2008年4月29日 東京コスプレキャラクターショウ in TFT】
今日掲載させていただくのは沙谷さんのお写真です。
もうね、「茄子のから騒ぎ」なら間違いなく最前列に座っていただくであろう超美少女なのですよ(だからその妄想キモイってば)。

というわけで沙谷さんファン(粘着)の茄子彦なわけですが、先日のルルーシュコスのときは最初沙谷さんだとわからなくて(^_^;)。
せっかくお声をかけていただいたのに、「……どなたですか?」とかナチュラルに訊いてしまったという有様。
粘着カメコにあるまじき失態ですな(>_<)。
って言うか、沙谷さんの男装って初めて拝見したので、意表を突かれたのですよ(言い訳)。

それはそうと沙谷さんって誰かに似てるなー、とか時々思うのですが、イマイチそれが誰かわからないのですよ。
芸能人で言えば森下千里とか山崎真実にちょっと似てるような気がするんですが、決定的に激似!ってわけじゃないし。

沙谷 さま
a0088158_23192753.jpg

a0088158_23194069.jpg

a0088158_23195382.jpg

a0088158_23201344.jpg

a0088158_23202985.jpg

a0088158_23211744.jpg

a0088158_23212942.jpg

a0088158_2321415.jpg

a0088158_23221462.jpg

a0088158_23224041.jpg

a0088158_23225821.jpg

a0088158_23231015.jpg

a0088158_23232137.jpg

a0088158_23233174.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2008-05-29 23:23 | Cosplay

ワンザのフードコートは「学食」だ

このところTFTイベントの終了後はワンザ有明のフードコートでご飯を食べることが多いわけですが、そのあたりについて思いついたことをつらつらと書いてみる。

フードコートって言えば何もここに限ったわけでなく、各地のショッピングセンターだとか大型の集客施設にはけっこういろいろあるわけですが、実のことをいうと普段はあんまり利用することないんですよ、フードコートって。
どういうわけか何となく落ち着いて食事とかできないんですよね、自分的には。
何て言うか「食事するスペース」なのか「休憩するスペース」なのか判断がつきがたくて、ここでご飯とか食べていいのか?みたいに思えて微妙に落ち着かないのですよ。
あとあれだ。調理スペースとか手狭だから、どうしても簡易食みたいなものが多くなっちゃうのも微妙にマイナスポイントって言うか。
何だかんだ言ってもフードコートの食べ物でも500円以上かかっちゃうわけで、なら普通の飲食店でちゃんとしたもの食べたいなー、とか思っちゃうわけです、食べるの好きな自分としては。

でもフードコートに出るような飲食店でも好きなお店はあるんですよ。
モスバーガーとかね。
あとむしろフードコートで食べたいのはホットドッグとかのソーセージ系の食べ物ですね。ケチャップと辛子をたっぷりかけて食べたい。
そう考えるとイメージ的には野球場の場内スタンドにあるような感じの食べ物なら雰囲気的に合ってるような気が個人的にはします。

が、ワンザの場合はどれも微妙というか、すげー食べたい!とか思えるのないんですよ正直。
サブウェイはいいとしても、ハンバーガーはマックだし(マック自体は別に嫌いじゃないんですが)、うどん屋さんもごくごく普通のセルフ系。
あと中華系ファストフードのお店もありますけど、これは食べたことないのでよくわかりまへん。

と言うわけで、毎週のようにTFTイベント→ワンザでご飯、というパターンだと微妙に飽きてくるというのが正直なところ。
もう少しお店の種類があればいいんでしょうけど、あのスペースでは4店舗が限度ですよね。

などと文句を言いつつもけっきょくワンザでご飯を食べてるのは、何だかんだ言ってもイベント後のワンザの雰囲気が好きだからなんですね。
何て言うか、自分にとっては学食の雰囲気なんですよ、あの感じ。
大学の学食のイメージに近いって言うか。
学食ってメニュー的には別に美味しくも何ともないんですけど、それでも学外の飲食店に行かずに学食に行くっていうのは、そこに行けば知り合いに会える(かもしれない)からじゃないですか。
別の言い方をすればサークルの部室(『げんしけん』をイメージしていただければと思います)。
高校以前なら、放課後の教室でしょうか。
その日のイベントのことをぐだぐだだべったり、知り合いに挨拶やお礼とかする場所って感じですね、ワンザのフードコートは。
そういう場所としてあそこよりいい場所はちょっと思いつきません(近くのサイゼリアが近いんでしょうけど、ワンザほど「自由」ではないような気が)。

そういうわけでワンザのフードコート≒学食だと思えば、メニューやら何やらに文句を言うのも筋違いという気がしてきますな。
……でも美味しいもの食べたいという欲求も捨てきれない自分(^_^;)。

【2008年5月25日 東京コスプレキャラクターショウ(TFTホール)】
ワンザのフードコートにまつわる不満点、もう一つありました。
それは「席がイマイチ少ない」こと。
特に最近は日曜日の夕方5時になるとワンザのほぼ全テーブルが埋まるという状況になっちょるわけで(理由はほら、アレだ)。
って平日の稼働率(知らないけど)とか考えれば、あれ以上増やすのも経営的にありえないことなんでしょうけどね。

まぁそれはともあれ、今日は久しぶりに午前中(って言っても11時半くらい)に会場に到着しましたよ。
なのでいつもより多くの方を撮らせていただけました。
雨のせいか人が多くて(屋外系のイベントに行く予定の方も流れてきたでしょうし)、湿気も強かったので室内の蒸し暑いこと。
そう言えばもうじき梅雨ですね。

白雪姫乃さま&ROUさま&沙谷さま&三橋たまさま
a0088158_0141271.jpg

三橋たま さま
a0088158_0143155.jpg

ROU さま
a0088158_0144829.jpg

白雪姫乃 さま
a0088158_015336.jpg

沙谷 さま
a0088158_0153019.jpg

成原陸 さま
a0088158_0155564.jpg

a0088158_0184812.jpg

ともよ さま
a0088158_0162569.jpg

a0088158_019079.jpg

ぜろいんち さま
a0088158_0165527.jpg

柊みさお さま
a0088158_0171313.jpg

霧恭介 さま
a0088158_0174427.jpg

岸本薫 さま
a0088158_018895.jpg

なぎさりん さま
a0088158_0202497.jpg

若葉 さま
a0088158_021124.jpg

香月鈴華 さま
a0088158_0235668.jpg

櫻井蒼為 さま
a0088158_0242527.jpg

Ray さま
a0088158_026731.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2008-05-26 01:05 | Food/Drink

コスプレの「勝ち負け」

何つーかこのところ、イベントというとTFTか晴海のどちらかにしか行ってないわけですが。
って、別に何か考えがあってそうしてるというわけじゃないんですよ。
あくまでたまたま、偶然という感じでして。

ただ、今日は晴海、来週はTFTという感じで参加してると、両会場の差みたいなものが見えてきますな。
参加なさってるレイヤーさんの雰囲気が違うって言うか。
あくまでどちらかと言えば、というレベルなのですが、晴海の方が大人数の合わせや男装系のコスが目に付くような気がします。
TFTの場合この反対で、それほど大人数のグループはいないように思いますし、男装系の方も比較すれば少ないような気が。

あと雰囲気って言えば、晴海の方が「のんびり」してる感じです。
言い換えると身内(のレイヤーさん同士)で楽しめればそれでいいって言うか、どこかピクニック気分(最近の陽気のせいかも知れませんけどね、そう感じるの)。
対してTFTの場合、大げさに言うとレイヤーさん同士が「美を競い合ってる」ようにも見えます(だから大げさに言ってるんだってば)。
晴海に比べて気合が入ってるって言うか、見られることを(より一層)意識してると言いますか。

たぶんこのあたりの差は、両会場の「カメラマン密度の差」に起因している部分が多いのではないかと思うのですよ。
カメラマンさんの参加者数はたぶんTFTイベントの方が多いと思いますし、そのうえ会場も(カメラマンさんの出られない屋外を除けば)TFTのほうが狭いわけで、自然と会場内のカメラマンさんの人口密度が高くなってしまいます。
その結果、レイヤーさんにしても「(カメラマンさんから)見られてる」という意識は強くなるでしょうから、一層ご自身の見た目とかを気になさる必要が出てきちゃうんじゃないかと。
逆に言えば、そういう気負いが少なくて済む分、晴海イベの方がのんびりなんでしょうね。

そのあたりを端的に示してるのが撮影待ち行列の長さでしょう。
同じレイヤーさんが同じ衣装でいても、晴海とTFTとでは撮影待ちのカメラさんたちの行列の長さがぜんぜん違いますものね。
TFTではそこら中に行列できてますから、カメラマンさんの視線を意識するなというほうが無理って言うか。

いきなり話はそれるのですが、自分がウン年前レイヤーだった頃、自分と同じキャラのコスしてる人を見かけると、無意識に(?)比較しちゃったことがあるのですよ。
特に自分が初出しの衣装だったりするとどうしても気になっちゃって、「お、あの人よりはオレの方が似合ってる(<勘違い)」とか、「あの人の方がオレより似合ってるよ……アウアウ(>_<)」みたいに心の中で勝手に勝ち負けを考えてたわけです。
自意識過剰といえばその通りなのですが、そういうことってありませんか?>レイヤーの皆様
ついでに言えば、自分の場合底辺レイヤーでしたから行列なんてほとんど経験したことがないんですが(列って言っても2、3人がせいぜい)、行列の長さでも「勝ち負け」意識みたいなものってあるんでしょうかね?
「あ、あの人より私の方が列が長い」って思ってちょっと優越感感じたりとか。
まぁ男ってくだらないことでも張り合う部分があるので女性だとまた違うのかもしれませんが、微妙に興味があったり。

とは言えそういう「列が長いかどうか」とか「似合ってる度比較」とかってある意味不毛な気もします。
趣味でやってるコスプレにまで何も勝ち負け意識を導入しなくても……と思うのも正直なところなのですね。
ある意味偽善的な言い方になっちゃうんですが、「楽しんだ人は全員勝ち」みたいな能天気な考えの方が良いと思いますよー。

【2008年4月29日 東京コスプレキャラクターショウ in TFT】
先週末に撮影会に言ってきたことはすでにお伝えしたとおりですが、実はまだぜんぜん写真のセレクトとかしてないのですよ(^_^;)。
当然ながらレタッチもまだ。
何しろ沢山撮りましたから……。

というわけで撮影会の写真は休日にでものんびりアップすることにして、今日はGWのイベント写真。
モデルはともよさんです。
当ブログでは沢山お写真掲載させていただくの、初めてになります。
撮らせていただいたのも実はこの日が初めて。
もーね、何ていうか可愛い方なのですよ☆

ともよ さま
a0088158_23154867.jpg

a0088158_23163881.jpg

a0088158_231763.jpg

a0088158_23172033.jpg

a0088158_23173476.jpg

a0088158_23174712.jpg

a0088158_23181185.jpg

a0088158_23183486.jpg

a0088158_2318536.jpg

a0088158_2319847.jpg

a0088158_23192132.jpg

a0088158_23193140.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2008-05-21 23:19 | Cosplay

日曜日なので久々に長文

昨日(土曜日ね)は撮影会のようなものに行ってきたのですよ。
そのとき撮らせていただいた写真などや当日の模様などはおいおいアップするつもりなのですが、そのとき茄子彦が妙な歌を歌ってて、「何その変な歌」とモデルさんから白い目で見られてた(?)のですよ。
何か自作の適当な歌だと思われたようなんですが(^_^;)、その歌の動画とか見つけたのでアップしてみる。

YouTube - モテたくて・・・by ギ・おならすいこみ隊
[作業支援]The 天久聖一 with ギ・おならすいこみ隊「モテたくて…」‐ニコニコ動画(SP1)

「『ギ・おならすいこみ隊』って誰だよww」とか思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、要するに電気グルーヴ(の変名)です。
電気の曲なわけですからそこは当然馬鹿ソングなわけで、冒頭は格好良いクラブ系テクノなのに、「もてたいッスねー」と疲れきった声でボーカルが入り始めるともう台無しw
そのままぐでぐでの歌声で「下水のコーナーキャベツが腐ってる~」とか「キャバクラ最高!」とか身も蓋もないアホアホ歌詞が延々と続くという怪作(?)です。
まぁ騙されたと思って一度上記リンクから聴いてみてくださいな。
たぶん2回聴く気にはならないと思いますw
(でもYouTube版とニコニコ動画版は歌詞とかリミックスとか違うバージョンだったりします)

ところで電気グルーヴといえば篠原ともえのプロデュースをしたことでも有名なわけですが、最近見ないッスね、篠原。
とか思ってたら、2ちゃんねるまとめ系ブログで久しぶりに彼女の名前を見つけたのですよ。

無題のドキュメント 篠原ともえが可愛くなっている件について

何ぞそれwとか思って見てみたら……マジ可愛いんですけど!
証拠画像↓(上の記事には他にも沢山写真ありますよ)
a0088158_0254388.jpg

可愛いって言うかキレイ!
髪型のせいもあるんだろうけど、女の子っぽさも残しながら大人の女性の雰囲気もちょっとあって、すげー素敵だと思いません!?
上の記事でもほぼ全員が絶賛状態。
もちろん茄子彦も絶賛ですよ!
もうね、前髪ぱっつんの髪型も太目の眉もツボ入りまくり。
篠原はオレの嫁!状態ですってば。

今さら感のあることを言えば、茄子彦は昔から篠原って実はかなり可愛いんじゃね?とか思ってたんですよ。いや本当に。
テレビとかだとやたらハイテンション&不思議ちゃん(死語)なキャラ作りをしてたから彼女の美形度についてはあんまり語られてこなかった部分もありますけど、シノラーヘアって言うんですか?あのお団子頭を解いて普通にセミロングにした写真を見たときはマジで可愛いって思いましたもん。
テレビの第一線から離れて、変にキャラ演じなくて良くなったおかげかきちんと容姿の端麗さについて評価されるようになったのは、ある意味喜ばしいことかもしれませんね。
服飾デザインとかの仕事もしてらしいですし、そもそも彼女ももう29歳。
芸能人というよりきちんと自立した大人の女性として魅力的なのでは?とか思います。

そう言えば(こちらはちょっと古い記事なんですが)元モー娘の加護亜依もイメチェンというかだいぶ雰囲気が変わりましたね。
a0088158_0272517.jpg

画像の元ネタは【2ch】ニュー速クオリティさんの「そんなことより加護ちゃんが絶世の美女となって帰ってきた」という記事より。
こちらも素敵。
地味になったとも言えますが(古くさくなったという声も)、女性としては今のほうが明らかに魅力的でしょう!
やはり大人っぽい落ち着きみたいなものが魅力を増す大きな要因になっているように思います。

シノラーにせよ加護ちゃんにせよ、以前のような(程度に差はあると思いますが)作ったキャラよりも自然体っぽい今の姿のほうが多くの人にとっては印象が良いと思います。
奇抜なのも良いですが、自然体というか正統派の強さを実感しますね。

話は篠原に戻るのですが、それこそ2ちゃんだと(特にコスプレ板とかだと)29歳の女性なんて十把一絡げに「おばさん」呼ばわりだったりするですけど、こういう写真とか見るとそれがいかにウソップ物語かがわかりますな。
10代には10代の魅力もありますけど、20代にも30代にもそれぞれその年齢なりの魅力があるわけです。
なので年若いレイヤーのお嬢様方にも、年齢を経ても素敵な女性であり続けて欲しいなー、とか願う茄子彦なのであります。

【2008年5月18日 東京コスプレプロジェクト(晴海ターミナルホール)】
昨日の撮影会の写真も、それから先週の晴海イベの写真もまだ掲載してないというのに今日行ったイベントの写真を先に載せてみる。
今日のイベントは全てが「適度」でしたな。
気候も暑からず寒からずだし、会場の混雑具合もちょうどいいって言うか。
せっかく久々の即日アップですので、モデルになってくださった皆様にちょこっとずつコメントとか書いてみたり。

沙谷 さま
a0088158_0405083.jpg

↑このところ何故か(笑)日曜日は4時過ぎにはイベント会場を後になさる沙谷さん。
そのことがわかったので今日は早めにお写真お願いしたので、撮らせていただけて良かった良かった。
って言うかいきなり変なこと質問しちゃってゴメンナサイ(>_<)。

蓮井ユウリ さま
a0088158_0411868.jpg

↑「私ぜったい綾波似合ってない!」とかご心配なさっておいででしたけど、そんなことないですよね?>皆様
ユウリさん華奢だから、むしろ綾波はイメージぴったりだと思うのですけど。

クロサキシホム さま
a0088158_0434195.jpg

以前からネットなどで拝見してて、すごいキレイな方!と思ってたのですが、ようやくお写真撮らせていただく機会が得られました(ってすごい昔に一度撮らせていただいたことあったのですけどね)。
イベント終了間際のお忙しい時間帯に図々しくもお写真お願いしてしまったのですが、快くご承諾いただけて大感謝です(迷惑なカメコだな>自分)。
ご覧の通りお顔立ちがすごい整ってる方で、茄子彦的にはクールな方のイメージを勝手に持ってたのですが、ぜんぜんそんなことなくて良い方でしたよー。

SH さま
a0088158_048357.jpg

Kohina さま
a0088158_049236.jpg

↑初めて撮らせていただいた方々です。
TFTとかだと混雑のせいもあってどうしても知ってる方を撮らせていただくのが優先になっちゃって、制限時間もあるからなかなか新しい方を撮らせていただきづらいのですが、晴海だとその点ゆったりしてるから初めての方を撮らせていただく余裕がありますね。
初めてって言えばこちらのお二方ともイベント参加は今日が初めてだったそう。
初イベントのご感想はいかがでしたか?
もし気に入っていただけたようでしたら、ぜひまたイベントとか来てみてくださいね。
SHさんは笑顔の素敵な方、Kohinaさんはクールな表情がお似合いの方でした。

KYO さま
a0088158_0542695.jpg

りーこ さま
a0088158_0544543.jpg

↑こちらのお二方も撮らせていただいたのは初めて。
撮影場所が海沿いの風が強いあたりで、ご迷惑をおかけしちゃったんじゃないかとちょっと心配です。
KYOさんは素の笑顔がほんとうにキュートなんですよ。
りーこさんは声優の井上麻里奈さん(のレイヤー時代)にちょっと似てると思いました。
[PR]
by nasuhiko | 2008-05-19 01:00 | Others

茄子畑でつかまえて

久しぶりにブログを更新するわけだけど、前回の更新からの期間、僕がどれほどやりがいのある素晴らしい仕事に従事していたのかとか、近所のコンビニに可愛らしい女性が新しくアルバイトで入ってきたのだけど茄子彦的にはどんな感じかとか、そういったデビッド・カッパーフィールド式のくだんないことから聞きたがるかもしれないけどさ、実を言うと僕は、そんなことは喋りたくないんだな。
第一、そういったことは別に読者の皆さんも特に興味のあることではないと思うし、第二に、今日も残業でへとへとで文章書いてる余裕が僕自身あまりないんだ。
ただ写真のアップがしたいだけなんだよね。

……などと「ライ麦畑」風に近況を綴ってみました(^_^;)。
攻殻ファンの皆様にはニヤリとしていただけましたでしょうか?

【2008年5月4日 コスプレ博 in TFT】
実は先週末も晴海イベに行ってきたのですが、多忙でまだ画像チェックすらしてません(>_<)。
そういうわけで今回はGW中のイベント写真を。
モデルはワカメさん。
素晴らしく綺麗なお顔立ち&スタイルで茄子彦メロメロでございましたよ。
1年くらい前にも撮らせていただいてたのですが、それに気づかず名刺をお渡ししちゃってお恥ずかしいかぎり(^_^;)。

ワカメ さま
a0088158_0151635.jpg

a0088158_0153941.jpg

a0088158_016924.jpg

a0088158_0155613.jpg

a0088158_0162747.jpg

a0088158_0164241.jpg

a0088158_0165670.jpg

a0088158_0171082.jpg

a0088158_0172279.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2008-05-14 00:17 | Others

おっぱい!おっぱい!(<右手を力強く振りながら)

下の画像はイメージ画像です。
本文の内容は関係ありません。
関係ないんだったら!
a0088158_18522075.jpg

格差社会という言葉もすっかりおなじみになってまいりましたが、確かに世の中不公平なことばかりですな。
収入格差とか職業格差とか毎日のように新聞・テレビで報じられていますが、茄子彦的に格差を痛感するのはやっぱり「容貌格差」。
まぁアレです。イケメンはあんなに恵まれてるのに、茄子彦のようなブサメン・キモメンは日々迫害されてるという。
a0088158_18543136.jpg

例えば福山雅治と茄子彦を比べてみましょう。
福山雅治といえば全国民が認めるイケメンというか、男女を問わず好感度の高い人ですよね。
でもよくよく考えてみれば、茄子彦とやってることはそんなに変わんないじゃないですか。
カメラが趣味で、よく歌を歌うところ(茄子彦もイベント会場で空気読まずに歌ってるところをご覧になった方もいらっしゃるはず)もそっくり
なのに何ですかこの格差は。
同じことを福山がやれば「キャー!(歓声)」となるところが、茄子彦がやると「キャー!(悲鳴)」になるわけです。

こちらの記事をご覧ください。

[ 福山雅治(=オナニー神マーラ・ダンコーン)名言集 ] by コピペ馬鹿 ~創造力の欠如~

ラジオなどでは福山雅治は下ネタ好きとして有名で、ここにあげたようなバカ下ネタを連発してるわけですが、福山が下ネタを言っても女子的には「こういうこともさらっと言える福山さんって度量が大きくて素敵!」とかむしろ好感度がアップするというのに、同じことを茄子彦が言ったら「何このエロカメコ。死ねばいいのに」と思われるというか、その場で警官呼ばれて逮捕拘留→裁判→無期懲役(→2ちゃんねるで「茄子彦タイーホ祭り」)という流れがたやすく想像できます。
何なのこの差は。

ま、まぁそういうわけで、イベント中に限らずこのブログでも下ネタっぽい話というか、ちょっとでもHっぽい話は自重していたのですよ。
が、今回はあえてその禁を破る!
もう女どもにどう思われても構わない!
逮捕されても最高裁まで争う覚悟ですともええ(鼻息を荒くしながら)。

というわけで今回のテーマは、「おっぱい」。
あ、そこの人!ひかないで!!(めちゃめちゃ他人の視線気にしてるじゃん)
a0088158_18561753.jpg

いや、何でおっぱいの話しようと思ったかって言うと、イベントでお会いするレイヤーさん(もちろん女子)がやたらとおっぱい話をしてくるんですよw
それも何人も。
内容は皆だいたい一緒で、「自分のおっぱいがいかに小さいか」について力説してくるの。
そんなことアツく語られても困りますがな(^_^;)。
まさか「そうだねー。きみのおっぱい、ミジンコのように小さいよね」とも言えませんし、かと言って「んなことないって!超でかいよ!」とか答えるのも嘘バレバレすぎてむしろ感じ悪いっていうか。
知り合いのカメラマンさんがそのテの(?)おっぱいトークで「おっぱいの価値は大きさじゃない!感度だ!」とか力説したら、女子にどん引きされたという悲劇(むしろ喜劇か?)も耳にしましたw
もうね、どない答えればいいっちゅうねん!

ってそもそもそうした「おっぱい小さい自慢」みたいな話って、女子的には自虐ネタの一種なんでしょうからそれほどマジにならずに適当に受け答えするっていうのがいちばん正解に近い大人の態度なのでしょうけど、それでも皆やたらと話題にするって言うのは100%ネタってわけじゃなく、1%くらいは本心が混じっているようにも思えます(考えすぎ?)。
やっぱり女子的にはちょっとはコンプレックスみたいなものなんでしょうかねー。

一般男子的にというか、少なくとも茄子彦にとってはおっぱいの大きさとか別にどうだって良いんですけどね。
男子のよく読む雑誌、たとえばヤングマガジンとかの巻頭グラビアにはたいてい水着の女子が出てきて、「Gカップの巨乳!」みたいなキャッチフレーズがついてたりするわけですよ。
ただ大多数の男子的には、Gカップっていったいどれくらいの大きさなのか正確なことわかってないですからね実際のところ。
何とかカップっていうのが「アンダーとトップの差」だってことは茄子彦も知っていますが、じゃあその差がどれくらいだと何カップなのかは全然わかりまへん。
写真にGカップって書いてあれば、ああこの人はGカップなんだって思いますけど、同じ写真にEって書いてあればそう思っちゃうし、Hって書いてあればそれを信じます。
カップなんてその程度というか、実際のところを全然知らないくせに何かデカそうなことが書いてあればそれだけで嬉しくなるという単純馬鹿な生き物なのですよ男って(^_^;)。

ただそういう「デカさが正義!」みたいなおっぱい価値観って、あくまで観賞用というかグラビアアイドル写真を見るときとかの限定モードで、身近な人、実際に言葉を交わせるような間柄になっちゃうともう全然気になりませんね、おっぱいの大小は。
グラビア写真を見るときって顔とおっぱいくらいしか見るところがない(暴言)から重要度が高いだけの話で、身近に接するようになったらその他の部分の方がはるかに重要になってくるわけです。
人柄とか雰囲気とか立ち居振る舞いとかね。

同様に「太ってる」とか「身長が高い(もしくは低い)」みたいなことも女子的には微妙にコンプレックス要素かもしれませんが、男からするとどれもほとんど気にならなかったりします。
太ってるとかいっても女子の場合、男子の好みからすれば痩せすぎの人を基準にしてる場合がほとんどです。
むしろ女子の言う「太ってる」は男子的には「ちょうどいい」感じだったりすることがままあるのですね。
「足が太い」も同様。
エビちゃん体型って、実は男子的には「痩せすぎじゃね?」とか思う場合が多いのですよ。
身長についてもそうで、女子の「身長高い(>_<)」は男子的には「スタイルいいなー」「すらっとしてて素敵」。
女子の「背が低い(>_<)」は男子からすると「可愛い」だったりするので過度の心配は無用だったりするのですよ。

とまぁ最後の方はもはや下ネタ・おっぱいネタというよりは「身体コンプレックス気にするな」トークになってしまったのですが、この辺の話の脱線は当ブログではむしろ当たり前の話。
気にするな!(<これは気にしろよ)
ともあれそういうわけなので、女子の皆様におかれましてはご自分の外見とかを気になさるのも結構ですが、過度に心配とかせずにむしろ内面や振舞い方を磨かれた方がより素晴らしいレディになる近道なのではないかと愚考する次第であります。

※ここまで言ってもワカランチンな女子の皆様のために、茄子彦がアルファルファモザイクという2ちゃんねるコピペブログから見つけた記事をご紹介しますよ。

胸を無くさず痩せる方法
↑これだけ言ってもおっぱいを大きくしたい方に。
身長が高過ぎで困る
↑同じ悩みを持つ方の意見とか。
背の高い女優さん
↑これを見て「自分は●●と同じかー」と思えばさほど悩みもなくなるはず。
ちなみに新垣結衣さんは公称167cmですが、ほんとうは170オーバーみたいです
a0088158_19103342.jpg

ヲタが付けた肥満度
↑微エロ注意。
ちなみに自分的にはこの記事のぽちゃ度100%でも全然OKだと思います。
吹石一恵が「anan」でフルヌードに バストの“南半球”がこんにちは
a0088158_1911542.jpg

↑コンプレックス云々とは何の関係もないのですが、パーフェクトなボディを持つ女優・吹石一恵さんのヌード関連の記事。
男ってバカね……とお笑いください(^_^;)。

【2008年4月12日 晴海コス★ラブ】
本当はもっと早くにアップしたかったのですが、撮影から1ヶ月近くたってしまいました(^_^;)。
お写真は紅雲さん&祐宇さんのヨーコ合わせです。
お二人とも本当に素敵で、茄子彦萌え死にそうでしたよ!
おすぎです。紅雲さんの可愛らしさ。祐宇さんのきれいさ。世界に伝えたい。
と、思わずおすぎの映画CMの物まねをしたくなるほど。
もう素晴らしいったらありゃしない!
勉強や仕事でお二人とも大変でしょうけど、がんばってくださいね。

紅雲 さま&祐宇 さま
a0088158_1837855.jpg

a0088158_18372181.jpg

紅雲 さま
a0088158_18375039.jpg

a0088158_18383455.jpg

a0088158_1838494.jpg

a0088158_1839573.jpg

a0088158_18392425.jpg

a0088158_18395285.jpg

a0088158_1840882.jpg

a0088158_18402536.jpg

a0088158_18403928.jpg

a0088158_18411071.jpg

a0088158_18412467.jpg

a0088158_18413998.jpg

a0088158_18415780.jpg

祐宇 さま
a0088158_18423392.jpg

a0088158_1843435.jpg

a0088158_18431938.jpg

a0088158_18433343.jpg

a0088158_18434628.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2008-05-06 19:11 | Others

あまりに長くなったので分割してみた

a0088158_14104845.jpg

↑ちょっと前に見つけて、「おいおいおいw」と思わず言ってしまった写真(出所はGizmodo Japanさんの「スティーブ・バルマー、プレゼンでMacBookを使う」という記事から)。
Microsoftとデカデカと書いてある講演台の上にあるパソコン、明らかに林檎マークがついてるんですけど!
って言うかマイクロソフトのCEOがプレゼンでMac使うんじゃないよw
Windows機使えよ!と普通の人なら突っ込みたくなると思うんですが、周りの重役や社員は何も言わないのかこれについて(^_^;)。

まぁ勿論、Macbook Pro使っててもOSはBootCampでWindows走らせてるんだと茄子彦は確信してますけどね。ええ。
まさかそのまんまMacOS使ったりしてるはずはありませんとも。ええ。

それはともかくとして。
またしてもAppleから新製品が出ましたな。
今度はiMacの新型ですか……って、ええー!?何スかこのお値段は!!
かなりスペックアップしてるにも関わらず、ローエンドモデルは2万円の値下げですか!他もかなり値段下がってるし!!
そりゃ戸田覚先生もGW緊急寄稿したくなりますよこれは!
茄子彦も「ありえねー!」って言っちゃいましたもん。
どのくらいお安いかというと、Windows機でパクリ似たデザインの富士通FMV-DESKPOWER Fと比べると価格性能比の違いは一目瞭然。
って言うか富士通(のこのマシンの企画スタッフ)死亡フラグ立ったな……(>_<)。

もうね、みんなMac買えば良いと思うよ!
だいたいノートPC買ったって設置場所移動することなんてほとんどないでしょ?
少なくとも茄子彦はないです。
iMacなら使わないときはノートより設置面積狭いわけだし、一見すると「デカッ!?」とか思うかもしれないけど1週間もすれば慣れます。
むしろディスプレイの広さはどう考えてもメリット。

冷静に考えればプライベートで使うのにWindowsじゃなきゃいけない理由とかないんですよね大抵は。
パソコン使ってる時間の大半はWebブラウザ(InternetExplorerとか)とメーラー(Outolookとか)使ってるわけでしょ?それならMacでも普通に使えるし。
PhotoShopにしてもOfficeにしてもMac版あるわけだから、その点も問題ないし。
どうしてもWindowsでないと!って言うんならMacでもWindows走るわけだからけっきょくは無問題。
Windows(OSね)を別途購入しても普通のWindows機より安いんだから。

自分的にもMacがかなり気になってるのは以前からたびたび申し上げているところであります(ココとかココとかココとか)
正直Vista使うくらいならLeopard(Mac OSの最新バージョン)使うよ!とか思うのですよ。
なので今回の新製品にはかなりグッと来てるのですね。
自分で買うなら24インチのIPS液晶を搭載してる上位モデルを狙いたいところですが、そちらも価格.comの最安値ベースならすでに18万円を割り込んでるわけで。
だいたい、いま普通に24インチのIPS液晶買おうと思ったら10万円前後はするのですから、どう考えても安すぎる。

んが、それでもたぶん買わないと思うのは、自分の(次に買うPCの)用途が写真絡みだから。
まずRAWで撮影するとファイルのサイズがやたらと大きくなるのですよ。
具体的に言うと1200万画素で1枚12MBくらい。
JPG画像を同時記録してたら20MB前後になっちゃいます。
茄子彦がここ2年半くらいで撮りためた画像がだいたい5万枚くらいありますから、同様のペースで撮ってたら何と!1TBにもなっちゃうのですね。
しかも最近になるほど1回のイベントでの撮影枚数が増えてるので、ペースが今後さらに加速されるであろうことは火を見るよりも明らかなわけで。
これでは500GBまでしかハードディスク容量が用意されていないiMacではぜんぜん不足になっちゃうのですよ。

それから今後CPUとかアップグレードしたくなったときに、液晶から何から総取替えしないといけなくなっちゃうのも痛い。
液晶一体型の宿命と言えばその通りなのですが、そのまま使いまわせるはずの部分(液晶とか)も含めて取り替える必要が出てきてしまうのは微妙に釈然としないのですね。
当然費用も余分にかかってしまいますし。

などと人にはiMacを奨めておきながら自分は買わない理由を必死に探している自己矛盾の塊・茄子彦なわけなのですが、自分用PCは前々から言っておりますように自作しようと思ってます。
Windows XPの販売も来月末で打ち切りになりますし、来月はボーナスも出るし(何か今度のボーナス、カメラとPCの購入費用に全力投入することになる予感)ってことで来月中にはいよいよ初自作に挑戦しようと思っちょるのですが、そうなるといよいよ気がかりなのは自作機のパーツ構成(案)。
2ちゃんねるや価格.comの口コミ掲示板、それから自作PCの専門雑誌・ムック等でそれなりに勉強(?)して考えたのですが、何しろ初めての自作ですから「本当にこのパーツ構成でいいのか?」とか疑念が沸くこともしばしば。
というわけで構成案を晒して、当ブログをご覧になってる自作派の諸先輩方のアドバイスなど請い願ってみたいと思うのですが、この時点ですでに長文になってしまったので構成案その他を読みたい方(いるのか?)はこの記事のいちばん下のほうにある[more]をクリックしてみてください

【2008年5月4日 コスプレ博 in TFT】
やっと5月のイベント写真を掲載できる……。
この日のTFTはですねー、やたらと広く使えたのですよ。
ワンザから見て左側のホール(って言うか廊下)も使えましたし、屋外も(レイヤーさんのみですが)開放されてて。
とは言うものの、参加者もレイヤー・カメラマンともに多くて、会場内はけっこう混雑してましたね。
特に左側ホールの端の辺りは素敵なレイヤーさんが何人もいらっしゃったせいか人口密度が高く、天井も低いせいか熱がこもっちゃって。
もうね、カメコども自重しろ!って感じでしたよ(って言うか茄子彦が先ず自重しろ)。
そういうわけで人が多かったせいか撮れなかった方も何人もいらして。
その点が自分的には残念だったりします。

ワカメ さま
a0088158_1429355.jpg

美緒 さま
a0088158_14293548.jpg

a0088158_14295180.jpg

花桃まり さま
a0088158_14302183.jpg

月一 さま
a0088158_14311417.jpg

成原陸 さま
a0088158_14314547.jpg

桜庭優 さま
a0088158_14322317.jpg

R さま
a0088158_14362963.jpg

雫 さま
a0088158_14371257.jpg

多田果奈 さま
a0088158_14402238.jpg

有伽しの さま
a0088158_1441443.jpg

麻海ウキ さま
a0088158_14412126.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2008-05-06 14:45 | MONO(Goods)

ナスゴン桜

a0088158_21554672.jpg

実際どうなのかはよくわからんのですが茄子彦の感覚だと、レイヤーさんの平均年齢って20歳前後な気がします。
10代後半~20代前半って感じでしょうか。
このくらいの年代って、人生の最初の岐路みたいなものがありますよね。
具体的に言うと進学と就職
いずれも選抜試験みたいなものですが、その選択や合否でその後の人生がある程度左右されてしまうという大事な局面でもあります。
どちらもレイヤーの皆様にとっても無関係ではいられないイベントなわけで、事実、茄子彦の存じ上げているレイヤーの方の中にも、受験勉強や就職活動真っ只中の方が何人かいらっしゃいます。
個人的に知っている方ですし、いずれもお世話になっている方々ですから、受験や就職活動のご成功を心からお祈りしているところなのですが、信心の薄い自分が神様仏様に祈ったところで効果の程はたかが知れているのも事実。
そういうわけでもう少し実効性のあることを申し述べてみたいと思います。

大学受験もしくは就職活動に臨む方に対しては、茄子彦的にはとりあえず「三田紀房を読め」と言ってるのですよ、レイヤーさんに限らず。
具体的には『ドラゴン桜』(受験用)と『銀のアンカー』(就活用)ね。
描かれている方法論が一面的であったり必ずしも万人向けではないきらいはありますが(ドラゴン桜は絵もあんまり好きじゃないし)、どちらも受験や就活といった選抜システムのメタ構造(≒「ゲームのルール」)をわかりやすく(みもふたもなく)描いている点が秀逸です。
内容を鵜呑みにするのは危険ですが、考え方の一つとして身につける価値はあるんじゃないかと。

と、ここまで受験と就活について語ってきたわけですが、実は茄子彦的には就活のことってあんまり詳しくないんですよ(^_^;)。
大学を出て最初に勤務した会社は学生時代のバイト先でして、いわゆる(新卒採用向けの)就職活動ってしたことがなくて。
そういうわけで就活に関してはあんまり的確なアドバイスとかできかねるのです。

ってことで受験に絞って話を進めてみようと思うんですが、最近ネットをうろついてたらけっこうためになりそうな記事を見つけました。

【記憶&速読】「図解超高速勉強法」椋木修三:マインドマップ的読書感想文

大学受験に限らず資格試験等も含めた試験勉強の方法について書かれた本のブックレビューです。
記事で扱われている『図解超高速勉強法―「速さ」は「努力」にまさる!』という本自体は茄子彦は未読なのですが、レビューを読むかぎりでは「そうそう!その通り!」と思える部分が多々ありましたね。

極論を言えば、受験勉強で最も大事なのは「記憶量を増やす」ことです。
「暗記」と言い換えてもいいかもしれません。
日本史や世界史の勉強は言うまでもありませんし、英語に関してもどれだけ単語・熟語・文法知識を習得しているかが重要であることは言うまでもないでしょう。
「暗記科目」からいちばん縁遠いと思われている数学にしても、こと大学受験に関して言えば、典型的な問題の解法を一定量暗記してその組み合わせのテクニックを身につけるだけで、合格水準の得点は可能です。
暗記ではどうにもならないのは、現代文の読解と小論文くらいではないでしょうか。
それらにしても、解法パターンの暗記や頻出テーマの論述法を覚えることで一定程度は得点できるわけで。

「じゃあ記憶量を増やすのにいちばん良い方法は?」という問いが当然予想されますが、それに対する茄子彦の答えは「スピードと反復」ですね。
上にあげた記事に書かれていることは全く同感です。

例えばあなたが参考書を1冊買ってきたとします。
ページ数で言えば200~300ページ、10章~20章くらいの構成が普通でしょうか。
もう少し具体的なイメージがわくように英語の参考書にたとえますが、単語集であれば1500語程度、例文集であれば700文程度と考えてください。
あなたが受験生だとして、これを1冊最後までやり通すのにどれくらいの日数をかけますか?

茄子彦であれば「10日前後」ですね。
1週間から、長くても2週間くらい。
読者の皆様の場合はどのくらいでしょうか?
人によってもちろん違うと思いますが、中には「3ヶ月(やそれ以上)」とか思われる方もいらっしゃったかもしれません。
そうした方にしてみれば、10日というのはいかにも短い期間です。
1/10ですものね。
「オイオイオイ、そんな短い期間じゃ頭入らないだろ常識的に考えて」とか思われた方もいらっしゃるかも。
当然です。
実際問題、10日やそこらで覚えきれるはずないじゃないですか。
茄子彦はそんなに頭良くないってこと、自分がいちばん良く知ってます(^_^;)。

じゃあどうするかというと、一度終わったらもう一度やり直すんですね。
覚えてないところ、あるいは覚えたはずなのに忘れちゃった部分をもう一度覚えなおす。
で、二回目が終わったら再びやり直すわけです。

先の単語集を例にあげれば、まず初日に150語くらい覚える。
いや、実際のところ茄子彦の弱い頭では覚えきれるわけないんですが、そこは覚えたつもりになるw
たとえば最初の1ページに10個単語が載ってたら、先ずそれを覚えて、次の20語を覚えた後で「ちゃんと覚えてるか」もう一度チェックをする。
そうするとたいがい半分くらいは忘れてるわけです(^_^;)。
そしたらその忘れてた5語と新しい10語を覚える。
新しいページを終えるたびに前のページに戻って再チェックする。するとさっきは5語しか覚えてなかったところが8語とか覚えてるわけです。
これを延々と繰り返す。
ポイントは、とにかく「急ぐ」ということですね。
単語を覚えるのにいちいちノートに書いたりしない。
そんなことしてたら、単語150語学習するのに半日かかってしまいます(^_^;)。
自分的には単語150語くらいなら1時間~2時間で終えたいので、書かないで覚えるようとにかく集中する感じです。
で、翌日は前日覚えた(つもりの)150語のチェックから始めます。
すると覚えたはずなのに半分くらいはまた忘れてるわけですw(茄子彦が頭悪いからなんでしょうけど(>_<))
で、当然再び暗記しなおす、と(もちろん、その日の新たな150語も覚えます)。
そんなこんなでいちおう10日で暗記した(つもりの)単語集を1ヵ月後とかに開くと、またポロポロ記憶に残ってない単語が見つかるわけですよ。
そうしたらもう一度同じ手順で暗記しなおすわけです。

最終的には3ヶ月とかかかっちゃうわけで、そう思えば3ヶ月かけて1冊やり終える人と時間的には大差ないわけですが、スピードを上げてやると集中力が出てくるんですね。
それに何しろ何度も反復してるわけですから、記憶の定着率もかなり高いはずです。
結果的には大きな差がつくんじゃないかと。

こうしたやり方で英語や社会はもとより数学もかなりの程度モノにできると思いますよ。
あと肝心なのは「何を覚えるか」ということ
東大を目指すのに保健体育の教科書を覚えようと思う人はいないと思いますが、程度の差こそあれ志望校合格のためには不要(もしくは不適)な参考書等を使う人が少なくないように思えます。
特にまじめな方に多いのですが、やたらハイレベルな問題集等に挑戦したり、出題頻度の低い知識まで網羅されているような分厚い参考書に挑戦したり。
自分が現役の受験生や予備校講師だったのはだいぶ昔の話なので現在の受験界の流行とかはよくわからんのですが、一般的に評判のいい、定評のある参考書であれば基本的には問題ないと思います。
もしそうした本が複数あるのなら、難易度の低いほう(「チャート式」なら青)、分量の少ないほうがお奨めです。
難しいものや量が多いものに挑戦して中途半端になるよりも、易しいもの少ないものをきっちりこなした方がよろしいかと思いますので。

それから大切なのは、赤本に代表される志望校やセンター試験の過去問集。
これは昨年のバージョンでも良いので早めに入手して、早めに挑戦したほうがいいですよ。
現時点では手も足も出ないかもしれませんが、出題傾向を把握することで「自分に必要な知識」の輪郭をつかむことができます。
これまた上で述べたようなやり方で、大急ぎで何度も反復して、回答を暗記してしまうくらいになると良いと思います。
「過去問の回答をいくら覚えても、実際の入試では同じ問題出るはずないんだから無駄じゃね?」とか思うあなたは甘い。

気がつけば今回もやたらと長文になってしまいました(^_^;)。
これでもまだ言い足りない部分(各教科・分野の詳細な勉強法とか)があるのですが、さすがに自重します。
長文になってしまったのは受験生の皆様の一助となればという思いが強すぎたため、と好意的に解釈していただければ幸いです。

ともあれ皆様、受験終わったらまたコスイベにも来てくださいね。
そのときにお祝いを言えるよう、今は精一杯がんばってください。

【2008年4月27日 東京コスプレプロジェクト in 晴海】
本日2回目のアップは、先月末の晴海ですよ。
先月末って言ってもまだ1週間ちょっとしか経ってないはずなんですが、なぜだかやたらと昔のことに思えてしまいます。
なので当日何を話したかとかぜんぜん覚えてないのですよ。
何やったかなー、うーん。

……って、思い出しましたよ。
この日はやたらと知り合いに粘着しまくってました(^_^;)
だから撮らせていただいた方の人数少ないんだなー。
スマン……いろいろと(>_<)。

richi さま
a0088158_22123815.jpg

紅雲 さま
a0088158_2213166.jpg

亜愛李 さま
a0088158_2213177.jpg

いち5 さま
a0088158_22133769.jpg

麻海ウキ さま
a0088158_22135560.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2008-05-05 22:14 | Others

茄子彦の女子幻想は男子中学生と同レベルなのかもw

気がつけばブログの更新を10日もサボっていたわけでして。
何つーかね、忙しいんだよ!(<なぜキレる)
もうね、お仕事が超忙しいのですよこのところ。
ちょっと計算してみたら、4月の残業代だけで一眼レフが買えちゃう勢い。
しかもこの状況、下手したら今年度いっぱいは続くかもという予感もあって。
くそー、今年になってからほぼ毎日のように更新してたのに……と思うと残念無念。

とは言うものの、実はこのところ行ったイベントの写真レタッチとかは済んでたのですよ。
だいたいその日の夜(=休日)にやっちゃいますからね。
にもかかわらずぜんぜんブログ更新ができなかったのは、文章書いてる暇がなかったのですね。
ちょっと前に自分でも「もうこのブログに文章書かないかも」みたいなことを申しましたし、実際問題写真だけでもアップしようかと思ったのですが、アカンアカン!
残業続きでストレスがたまってるせいか、むしろ文章が書きたくなるのですね。
何しろ茄子彦は自分のブログぐらいでしか言いたいことの言えないネット弁慶。
ここに文章書かなければ、いったいどこで言いたいこと言えばいいの。

というわけでGWで時間があるのをいいことに、このところたまりまくってる写真&言いたいことをどんどこブログで公開してみますよ。
っていうかGW終わったら、マジでブログに文章載せてる暇なくなりそうな気も……。

で、ようやく本題(長い前振りだな)。
このところ、知り合いのレイヤーさん&カメラマンさんから茄子彦の写真の感想みたいなものをいただく機会が何度かありまして。
いろいろな会話の中で出てきた発言なので正確には記憶してないのですが、列挙してみると以下のような感じ。

とにかく笑顔。構図より何より表情優先」
「少女マンガみたいな写真。何ていうか人物の後ろに花が舞ってるような感じ」
清純派。胸の谷間とか露出度高め衣装でもエロくならないのはある種の才能なのかも」
「何つーかソフト。ソフトフォーカスってわけじゃないんだけど、なぜかそう感じる」

などなど。
もともとの発言の最後には、「w」がついていたかもしれませんw

まぁそれはともかく、アレだ。
要するに茄子彦の写真というのは、「男子中学生の考える理想の女子像」を具現化した感じのが多いみたいですな。
そういえば某レイヤーさんにも、「茄子彦さんって『女の子っぽい女子』が好きだよねー」とか言われたような気が。

自分的には別に意図してそういうテイストの写真を狙ってるわけではないのですが、言われてみれば確かに思い当たるところがある気がします。
写真という言葉は「真を写す」と書きますが、それって客観的な真実のことではありませんよね。
撮る人にとっての真実というか、さらに一歩進めて、こうあって欲しいと祈念する姿が写るわけです写真って。
同じところで写真を撮っても、撮る人によって美しくも醜くもなる(撮る人のテクニックっていう意味じゃないですよ)のが写真なわけで。
そう考えれば、自分の撮る写真がそういう風に見えるってことは、自分的な(ある種の)理想像なわけですよね、そういうテイストが。
茄子彦には世界(もしくはモデルの方が)こういう風に見えてます!(見たいと思ってます)ってことの言明なわけじゃないですか。
そう言われてみればそうかもしれません。
だって、やっぱり女子の笑顔っていいじゃないですかー(でしょ?>男子諸君)。

純粋な感じっていうとちょっと恥ずかしいんですが、女子のキラキラ感みたいなものは自分自身大好きなんですよ。
芸術性を目指して構図に凝るとかはそんなにしませんけど、いい表情が欲しくてお馬鹿な冗談を言うことは数限りなくやってる気がしますw
で、そこを狙ってシャッターを切る、と。
何ていうかこうして言葉にすると、最近のコンパクトデジカメの「笑顔認識シャッター」とやってることは変わりませんね(^_^;)。
オレのやってることは機械と同レベルか……orz。

あ、でも!笑顔に合わせてシャッターを切るのは機械でもできるかも知れんけど、笑顔にするのは機械にはできないぞ!(キレ気味)
モデルを笑わせるべくいろいろ工夫してるんだオレだって!
似てない物まねしたり、くだらないギャグ飛ばしたり。
……「笑わせる」というより「笑われる」の方が近いような気がしてきました(>_<)。

そう言えば最近身の回りのカメラマン諸氏(某有名カメラマンさんまでもが!)が「茄子彦さんの撮り方真似してみました」とか言ってお写真を見せてくださるのですけど、笑顔はともかく構図とかワンパターンですからね自分(^_^;)。
そりゃ真似もしやすいでしょうともええ。
って言うか茄子彦こそ他のカメラマンさん(その有名カメラマンさんも含めて)の撮り方とか真似して勉強してますから!
でもお互い真似しあっても、当然ながら全く同じにはならないわけで、そのあたりに個性とか出てくるなー、とか思えて面白いですな。

まぁともあれ、そうした(絞り優先ならぬ)笑顔優先機能搭載カメコの茄子彦ですから、隙あらば女子の笑顔をゲットすべく日夜策謀をめぐらせているわけですよ(誇張表現)。
先日のイベントでも、「女子は美味しいものを食べると笑顔になる」という物理法則に基づき、近所の美味しいケーキ屋さんでケーキを買ってきて、それを配りまくって参りました。
笑顔ゲットのためであれば手段を選ばない卑劣なカメコとはワタクシのことです。

あ、いま気がついたんですが、次回はケーキにキャッツカード(知ってる?)を添えて行ってもいいかもしれません。
盗むものはもちろん「貴女の笑顔」です(<キモいよ)。
何!?盗むものを「貴女の心」とか書いてあるキャッツカードが見つかったって!?
しかもそれを配ってたのが茄子彦だって!?
馬鹿もーん!!そいつはルパンの変装だ!早く追いかけろー!!(<銭形警部の声で)

何か久しぶりに長文書いたら、最後の方がやたらとキモくなってしまいました(>_<)。

 ※この日持って行ったお菓子関連のリンク↓
 菓子工房アントレ(お店のサイト)
 ニナのケーキワールド(このお店の商品を通販してるサイト)


【2008年4月29日 東京コスプレキャラクターショウ in TFT】
というわけで上に書いたお菓子を持って行ったイベントはこちら。
晴海などでも同日にイベントが開催されていたせいか、こちらのイベントは(TFTにしては)すいてましたね。
毎回このくらいだといいのですが。

ちなみにこの日はイベント後にワンザでご飯とか食べたのですが、その後ワンザのテラスでなぜか夜景ポートレート撮影会になってて。
周囲が真っ暗だというのに普通に撮れるD3の性能にびっくりというかちょっと嫉妬。
ISO3200であんな綺麗な写りって何ぞこれ。

ともよ さま
a0088158_192135100.jpg

ぜろいんち さま
a0088158_19215332.jpg

クロエ さま
a0088158_19223831.jpg

紅雲 さま
a0088158_192332.jpg

亜愛李 さま
a0088158_19232150.jpg

沙谷 さま
a0088158_1923429.jpg

琉樺 さま
a0088158_19242657.jpg

希柚 さま
a0088158_19244266.jpg

卯月 さま
a0088158_1925089.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2008-05-05 19:25 | Camera/Photo