<   2007年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

なぜか今さら

a0088158_0571443.jpg

本日2度目の更新。

最近、ニコニコ動画にちょっとハマッてまして。
茄子彦はもっぱらBGM代わりに使ってて、アニメのオープニングとかを集めた動画を再生しながら写真のレタッチしたりしてます。
YouTubeでも同じようなことはできるんですが、容量の関係か何曲もつなげたような動画がなくて。1曲終わるたびに再生しなおすのも面倒でしょ?
その点ニコニコ動画だと、投稿者が選曲したアニソン集みたいなものがアップされてるので、BGMとして使うのには便利です。

でもこういう個人が選曲したものって面白いですね。その人の個性みたいなものが出てます。DJっぽいっていうか。
近年アニメの製作本数が多いので、当然ながら中には見たこともないアニメの曲も混じってるわけですよ。
これは何!?って思って画像もチェックする羽目になって、作業効率が上がりません(文句言うところじゃないだろ)。
最近聞いた中でお気に入りなのは、「ぼくらの」OP、「RED GARDEN」OP、「ギャラリーフェイク」EDあたり。
特にギャラリーフェイクのED曲がかなり気に入ってしまって、アーティストのサイト探して他の曲も聴いちゃうくらい。

そうした中にはもちろん見たことあるアニメとかあるわけですね(CCさくらとか)。
懐かしい!とか思いながら聴いてるんですが、少女革命ウテナのOPにやられてしまいました。
曲自体もすごい良いんですが、思わず他の動画も探しちゃって。
そしたら決闘シーンだけ抜き出した動画もあって、思わずチェック。
J.A.シーザーの個性的すぎる名曲と、超ハイレベルな演出(細田守!)に鳥肌が立ちましたよ、ええ。
で、そのまま雪崩れ込むように本編も見始めてしまったわけです(今ここ)。
おかげで一日休日つぶれちゃったよ!(逆ギレ)

茄子彦的にはですねー、ウテナのキャラはけっこうみんな好きなんですが、強いて言うと梢が好きなんですよー。なので動画探すときも、梢×幹(逆?)っぽい話から先に見るという。
梢の何が良いって、自分のこと幹に心配して欲しくてビッチっぽく振舞うところとか、お兄ちゃんラブラブのくせにツンデレなところとか、やりすぎなところがたまりませんw
なのに幹はそんな妹の気持ちにぜんぜん気がつかない所もツボ。
この兄妹、どうなっちゃうんだろう……(ヒント:本編ではあんまり描かれません)。

でもこのアニメ、10年以上前の作品なんですねー。しみじみ。
それはそうと、ニコニコ動画で初めてコメント書いてしまいました。

梢の出てくるシーンでやたらはしゃいでるコメントがあったら茄子彦だと思ってください。


2007年5月6日 新会場でコスプレ博(TOC)
エヴァ合わせ写真第二弾ー!
と言うわけで、ナマダさんと沙谷さんのエヴァ合わせ、プラグスーツバージョンですよ。
ごらんのようにすげーお似合いのお二人なので、当日は撮影待ちの方が多くて。
にも関わらず粘着してしまった自分。反省してます(>_<)。

ナマダ さま&沙谷 さま
a0088158_123626.jpg

a0088158_13150.jpg

a0088158_1104891.jpg

ナマダ さま
a0088158_1121689.jpg

a0088158_1125868.jpg

a0088158_1133595.jpg

沙谷 さま
a0088158_1141895.jpg

a0088158_1144650.jpg

a0088158_1152296.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2007-05-21 01:15 | Internet

トラックバック・フロム・茄子彦(もしくはネットストーキングの記録)

当ブログはエキサイトブログを使ってるんですが、エキサイトブログで不満なところと言えば、ブログパーツがイマイチ使いづらいことです。
アクセスカウンタとかリンク集とか、付けたくても付けられないんですよね、エキサイトブログ。
いろいろいじればできるのかも知れませんが、スキルの低い自分にはどうしようもないんですよ(>_<)。

とくにリンク集付けられないのはけっこう致命的で、リンクとかしていただいてもこちらからは何の応答もできなくて。
相互リンクとか全然できず、失礼このうえない状況なのでございます。

あ、でも、リンク集という形で公開はできてませんが、知ってる方のサイトやブログはちょくちょく覗かせていただいてるんですよ(フォロー)。
ただブログのコメントやBBSへの書き込みとかすると、ちょっとウザいかなと及び腰になってるところもあるんですね。
イベントなどで粘着しているうえ、ネットでまでウザくしちゃうのは気が引けるって言うか。
mixiの書き込みを見るだけでも、足跡残っちゃうのが気になるくらいです。

とは言うものの、全然反応なしというのもそれはそれで失礼なわけで。
今回は勇気を振り絞って(?)トラックバックみたいなことをしてみたり。

blog | 茄子彦さんからもらったぁよの
ariさんのブログです。
ariさんをはじめ、美少女のお写真がてんこもりで、いつもハァハァしながら見てます(;´Д`)(我ながらストーカーだな)。
それにしても茄子彦ぷんという呼び方はどーなんスか、ariちんw?

[ GW☆最終日☆TFT☆速報] by うさまにあ
美少女コスプレイヤー、月宮うさぎさんのブログ(うさぎさんのウェブサイト、♪うさぎ小屋♪はこちら)。
記事の更新がすごい早いのですよ!
この記事も茄子彦がアップしてから間もなくアップされてます。お忙しいのにすごいッス!
自分も見習わないと……(>_<)

Piyopiko diary:寝なきゃー。
コスプレイヤー、ひろみちさんのブログですよ(サイトはPiyopikoです)。
サイトのほうには可憐なお写真がいっぱいで、これまた萌え死にそうになりながら拝見しております。
それはそうとこのお写真、もしかして自分が撮らせていただいたたもののような気が(違ってたらゴメンナサイ)。掲載ありがとうございます☆

「*still*」 | **Auction**
Kipiさんのブログです。
こちらも素敵なお写真がいっぱいアップされてて!拝見しながらめまいがしそうです(>_<)。
サイト開設1周年を記念して、Kipiさんが過去に作成された衣装をオークションに出品されるとのことですが、こういうのっていいかもしれませんね。
ご自分でも着なくなってしまったものが他の方の役に立つなら、みんなが幸せになるかも。
自分も真似してカメラのレンズとかポータブルオーディオプレイヤーとか出品してみようかな、とか思いました(誰も買ってくれない予感)。

え?茄子彦はこの衣装、入札したのかって?
いや、買っても着れないし!
ゴトウさん(一流ホームページ)じゃあるまいしw

sunday@ネネ 写真をもらいました♪
トイタイプのネネさんのブログですよー。
可愛いお写真満載で萌え萌えであります♪
お写真、今度お送りしますのでもうちょっとお待ちを(^_^;)。

そうそう、トイタイプさんと言えば!
5/27の撮影会、参加させていただけることになりましたー。
モデルはルーさんと沙谷さんのおふたり。
今から楽しみです☆

2007年5月4日 春のとなりでコスプレ博(TFTホール)
今回のモデルはKipiさん。
撮影待ちの人が長蛇の列になっている中、貴重なお時間を割いていただいちゃいました。
お疲れだったと思うのですが、そんなそぶりも見せずに笑顔のKipiさんはすごいなー、と思いました。自分も見習わないと。

Kipi さま
a0088158_18521720.jpg

a0088158_18524231.jpg

a0088158_18525948.jpg

a0088158_18531825.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2007-05-20 18:53 | Internet

読書家ぶっちゃうぞ

今年の三島賞と山本賞が決まりましたな。

で、今年の受賞者なんですが。
三島賞の佐藤友哉については、正直よくわかりません(^_^;)。
デビュー作『フリッカー式』を読み始めたものの挫折した茄子彦には何を語る資格もないって言うか(去年の受賞者、古川日出男であれば色々語れるんですが……)。

で、山本賞。
受賞者は恩田陸森見登美彦ですかー。
(自分のイメージでは)けっこう好対照な2人ですね。
女性と男性っていうのもありますけど、作家としてのキャリアも違うし、作風もまるきり違う(でもデビューしたのは2人ともファンタジーノベル大賞なんですね)。

茄子彦のイメージでは、恩田陸ってプロット重視型の作家だと思います。
作品構成の核となるアイディアをきっちり決めて、それにのっとって物語を進めていく、みたいな。
たぶんご本人的にも、「よっしゃいいプロット思いついた!今回はこれで行くぞ!」みたいに書いてるんじゃないかと(あくまで想像)。
で、そのプロットがどれも魅力的なんですね。
『六番目の小夜子』なら、地方の進学校に代々受け継がれている奇妙な風習「小夜子ゲーム」。
『三月は深き紅の淵を』なら、(実在しない)伝説の奇書。
『夜のピクニック』なら、丸一日かけてひたすら歩くだけの地方高校の伝統行事。
どうです。どれも面白そうでしょう?(実際面白いんですが)
キャラの造形がワンパターン気味という批判もありますが、プロットの魅力でぐいぐい読ませてしまう作品ばかりです。
あ、あとタイトルのつけ方が上手いなー、とも思いますね。
何も知らない人でも、本屋さんで思わず手にとってしまうタイトルが多いなー、と。

森見登美彦はその点、プロットは特段優れてるわけじゃないんですよ(恩田陸と比べるとね)。
それよりも魅力的なのは、想像のおもむくままにつづられる文章です。
幻想的って言うか。
妙なこだわりというか、自意識過剰的なドライブのかかった文章も魅力的。

どちらも一読をオススメします。

2007年5月6日 東京コスプレキャラクターショウ(TFT)
今回のモデルは月宮うさぎさんです!
この日はTFTとTOCのイベントはしごしてて、両会場を行き来してたんですよ。
で、TOCに行こうとTFTを出たところで偶然うさぎさんと遭遇しまして。
私服姿もバッチリ拝見しました☆もー、めちゃめちゃ可愛かったです!

月宮うさぎ さま
a0088158_8125475.jpg

a0088158_8131491.jpg

a0088158_8141361.jpg

a0088158_8135057.jpg

a0088158_8143580.jpg

a0088158_8145119.jpg

a0088158_815732.jpg

a0088158_815225.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2007-05-18 08:15 | Book

最近ネットで見た面白い記事のまとめとか

a0088158_7552923.jpg

ネタも時間もないとき恒例、拾いネタ特集ー!

と言うわけで茄子彦が最近ネット界隈で見かけたちょっと面白いネタなどをいくつかご紹介してみますよ。

@nifty:デイリーポータルZ:ダチョウに蝶ネクタイは似合うのか
ダチョウに蝶ネクタイ付けたら似合うんじゃね?という安易な考え(?)による企画。
ある意味バカネタなんですが、実際に写真見るとすげー和みます(トップの写真は記事中からの引用です。元記事には他にいろいろ写真があるよ)。
ダチョウ可愛いよダチョウ(;´Д`)

ある編集者の気になるノート : 人は結局、この「4つのタイプ」に分けられる?!
人間の性格というかタイプを4つの類型に分けるというもの。一種の心理テストですな。
ちなみに茄子彦のタイプは「プロモーター」でした。

xx - イン殺 - 『おおきく振りかぶって』(ひぐちアサ、講談社)
『おおきく振りかぶって』のレビュー記事。
腐女子的な(?)キャラ萌えトークはけっこう見かけるんですが、この記事では西浦高校の試合時の戦術とかをゲームっぽく分析しててちょっと新鮮です。
こういう男子視点でも読めるところがおお振りのすごさなのかも。

【2ch】ニュー速クオリティ:肌の綺麗な人がしてる事
こちらはほぼ100%女子の世界。レイヤーの皆様的に少しでもお役に立てば幸いでございます。
でも女子って大変ですねー(^_^;)
[PR]
by nasuhiko | 2007-05-15 08:26 | Internet

全身ユニクロマン参上!

a0088158_23401167.jpg

今日はTFTのイベントに行ってきましたー。
撮らせていただいた写真などについてはいつもどおりもう少し後で紹介するとして、まずは別の話。

今日のイベント、どういうわけだか知ってる方や撮らせていただいた方の私服姿を拝見する機会が多かったのですね。
入場直後のお着替えになる前のKipiさんにお会いしたり、イベント後は沙谷さんやネネさん、牌さんの私服姿を拝見することができまして。
すでに何度か言ってる気がしますが、茄子彦はレイヤーさんの私服姿拝見するのけっこう好きなんですよ。
コス姿とのギャップって言うんですか?その方の意外な一面(って言うか私服の状態の方が素なんでしょうけど)を見れるのも楽しいし、何より純粋に可愛かったりします。
Kipiさんの私服は女の子っぽくて可愛いなー、とか鼻の下を伸ばしたり、沙谷さんは私服でもすげーキレイ!とか萌えまくったり。ネネさんがパーカーのフードをかぶるとますますロリっぽく見えたり(笑)。

でもあれですね。皆さんことごとく私服姿も素敵なのってある意味すごいですよね。
コスってほら、けっこうお金のかかる趣味じゃないですか。衣装作りとかで時間もかなりかかるし。
オタ系の趣味にお金とか時間とか費やしてる人って、一般的な(ちょっと古めの)イメージでは、洋服とかにすげー無頓着な感じするじゃないですか。いわゆる秋葉系っていうか。
でも実際にはそんなことなくて、皆さん私服姿もちゃんと可愛い。
みんなすごいなー、と。

茄子彦的には、レイヤーさんだけじゃなくカメラマン諸氏も割とこざっぱりした服装の方とかが増えているようにも思います(何年か前と比べて)。
そう思って見ると、何でカメコなんてしてるの?と言いたくなるようなイケメン系の方もおいでだったりします。
あいにくお名前とかは存じあげないのですが、今日ちょこっと話した方もかなり格好良かったですよ。
カメコ界にもイケメン化の流れが!茄子彦もこの流れに乗らなくては!とか勝手に風雲の志を抱いたのですが、ふと我に返って自分の身を省みると、今日の自分の服装が全身ユニクロだということに気がつきまして。
ジャケット¥4000、Tシャツ¥1000、パンツ¥3000、みたいな。
うーん。他人様の服装のことをとやかく言う資格は全くありませんね。全身ユニクロとは我ながらちょっと痛々しい。キモカメ街道一直線だぜ!(自暴自棄)

コーディネイトは全身で¥8000だけど、俺のハートはプライスレスだぜ!(<なぜって買ってくれる人がいなくて値段がつかないから)

2007年5月13日 東京コスプレキャラクターショウ(TFT)
今日のTFTはけっこう空いてましたよ。
暑くもなく寒くもなく、雨もふらずに快適でした。
イベント終了間際になってもテラスや窓際は明るいままだったので、時間ギリギリまでイベントを楽しむことができました。
っていうかイベント終了後も屋外は長いこと明るかった感じ。
だいぶ日が伸びてきましたね。

沙谷 さま
a0088158_2395992.jpg

Kipi さま
a0088158_23102514.jpg

ひろみち さま
a0088158_23104695.jpg

a0088158_23114292.jpg

殺嘩 さま
a0088158_23131471.jpg

夢桜ゆのん さま
a0088158_23191167.jpg

那美乃 さま
a0088158_23195384.jpg

蓮美零 さま
a0088158_23201855.jpg

朝倉れのん さま
a0088158_23211384.jpg

姫草撫子 さま
a0088158_2322064.jpg

いとこ さま
a0088158_23223812.jpg

a0088158_23225930.jpg

天王マチ さま
a0088158_23234643.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2007-05-13 23:24 | MONO(Goods)

「櫻の園」がリメークされるとか

a0088158_22412697.gif

GW疲れって言うか、職場変わって初めての連休が終わったせいか、先週は妙に疲れました。
仕事はもちろん(?)能率があがらず、帰宅しても妙に疲れが残ってて。
気候が急に暑くなったせいもあるのかな。

ともかくそういうわけで、GWにいっぱい撮らせていただいた写真も、ろくろくレタッチできませんでした。
気がつけばまた週末。
せめて少しでもレタッチ&アップしようとチマチマいじっくてるところなのです。

そういうわけで今さら感のある話題ですが、吉田秋生の「櫻の園」がリメークされるそうですね。

リメークって言っても前に映画化されたのは’90年、原作にいたっては’80年代半ばに連載されていたそうですから、どちらも20年近く前の作品。
お若い方(年寄りくさい言い方だな)にはご存じない方も多いかと思います(って言うか今度主演する福田沙紀も生まれてないころの作品なんじゃ……)。

ごく簡単に(’90年に公開された映画版の)内容を解説すると、毎年創立記念日にチェーホフの「桜の園」を上演する女子高演劇部を舞台に、開演当日の部員たちの行動や心情を描写した作品です。
って、これだけだとどこが面白いのやらさっぱりわかりませんね(^_^;)。
って言うかちゃんと知りたい奴はレンタル屋さんでDVD借りて来い!(逆ギレ)

ということでわかんない方を置き去りにして自己満足的にこの映画のことを語ってみます。
一言で言うと「ロリ映画」です、これ(笑)。
もう少しマシな言い方をすると、「少女映画」でしょうか。
出演者の大半が女子高生役ということもありますが、何て言うか「男性の想像した女子高生ドリーム」みたいなものがまんま映像化されています。
こんなに清純な女子高生いないよ!と見ててツッコミを入れたくなること必至です。
まぁこれは(男性が監督の)映画版だけでなく、(女性が描いた)原作からしてそういう部分が多々あったので、これはもう製作者側の意図なのでしょう。

映画自体は淡々と進んでいくんですが、物語の核となってるのは、部員たちの三角関係です。
女子高で三角関係?ゆ、百合ッスか!?と色めきたった方々、どうか落ち着いてくださいw
三角関係って言ってもかなり淡いもので、恋愛感情というよりも憧れとか共感とか言ったほうが良いかも。
彼女たちは公演前のわずかな時間の交流の中、思いを伝え(あるいは諦め)、受け入れあうのですね。
そのクライマックスとなるシーンが、2人で一緒に記念撮影を撮るシーン(映画オリジナル)。
舞台衣装のまま、笑いながら何度も一緒に写真を撮るのですよ。
将来への不安とかそういったものを抱えた2人が、恋とも呼べない淡い感情をお互いに抱きながら、「そういうことを思った瞬間がかつてあった」ことを残しておくために1枚の写真におさまるシーン。
そして2人から隠れてその場面を見守るのは、失恋したもう1人の彼女。
初めてこの映画を見たときは、ちょっと泣けました。

蛇足を承知で申し上げると、写真ってそういう機能があると思うんですね。
ロラン・バルト『明るい部屋』(写真論の古典)の有名な言葉、「かつてそれはあった」ことの記念碑としての写真っていうか。
そのときの(撮る方、撮られる方双方の)気持ちとかそのときの思い出とか、そういったものの一部でも自分の写真に残せればいいのですけど。

2007年5月6日 新会場でコスプレ博(TOC)
あわわわわ。だらだら文章書いてたらやたらと長くなってしまいました(>_<)。
さてさて、今回のモデルはナマダさんと沙谷さんのお二人。
お二人ともご覧のようにビューティフルな方で、エヴァ合わせすごい似合ってましたよ!
って言うかお二人ともけっこう背が高くて、ヒールのついた靴を履くと茄子彦と身長が並ぶくらい。
でも腰の位置がすごい高くて(茄子彦の足が短いせいもあるけど)、まるでフィギュアのよう。どんだけスタイルいいんだよ!
あ、プラグスーツバージョンも撮らせていただいたのですが、そちらはまた後日ということで。

ナマダ さま&沙谷 さま
a0088158_23461726.jpg

a0088158_23465137.jpg

a0088158_23471670.jpg

a0088158_23481130.jpg

ナマダ さま
a0088158_23484286.jpg

a0088158_2349519.jpg

a0088158_23494925.jpg

a0088158_2350203.jpg

a0088158_23503955.jpg

沙谷 さま
a0088158_2351517.jpg

a0088158_23513396.jpg

a0088158_23515125.jpg

a0088158_235284.jpg

a0088158_23522624.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2007-05-13 00:03

友だちの結婚式で

今度、友だちの結婚式がありまして。
どういうわけか友人代表の挨拶みたいなのをすることになったんですよ。
その友だちというのが、茄子彦といっしょにコスとかしてた奴で(男ですよ)、当然そのときの写真とか持ってるわけですね。
ということは披露宴でその写真を一挙公開!みたいなことも出来ちゃうわけですよ、ぐふふふふ。

が、機先を制してその友だちから、「コス写真出したら殺す!」みたいな事を言われちゃいまして。
って言うか向こうも茄子彦のコス写真とか持っているわけなので、こちらが公開とかしちゃったら何されるかわかったものじゃありません。
何て言うか、大国同士が核兵器を向け合ってる構図に似ているような。
お互い大量破壊兵器を喉元に突きつけあって、つかの間得られる平和(殺伐とした友人関係だなオイ)。
そういうわけで昔の(恥かしい)写真公開はあきらめたのでございます。

2007年5月6日 東京コスプレキャラクターショウ(TFT)
この日でACHICOさんがコスプレ引退なさいました。
ほんとうに素敵な方で、当ブログでも何度もお写真掲載させていただきました。
それだけに引退はすごく残念なのですが、いろいろと事情がおありとのこと。
この日が最後だというのはあらかじめうかがっていたので、お写真撮らせていただいてる間もちょっとしんみりというか微妙に涙目になったりして(茄子彦も)。
初めて撮らせていただいたがこのTFTホールのテラスで、それを思い出してまたしんみり。
あああ、思い出したらまたグッときてしまいました(>_<)。
ACHICOさん、いままでほんとうにお疲れ様でした&ありがとうございました。

ACHICO さま
a0088158_811375.jpg

a0088158_8115027.jpg

a0088158_812341.jpg

a0088158_8121976.jpg

a0088158_8123385.jpg

a0088158_812499.jpg

a0088158_813713.jpg

a0088158_8131910.jpg

a0088158_8133523.jpg

a0088158_8134842.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2007-05-11 08:13 | Others

GW終わったー

皆様、ゴールデンウィークは楽しまれましたか?
茄子彦はGWはイベント三昧でしたー。
特に後半の4連休はけっきょく毎日イベントに行ってきたのですよ。どんだけ暇なんだ自分(^_^;)。

イベント以外だと何したかなー。うーん(<考えてる)。
あ、そうそう、ベトナム料理(と言うかアジアエスニック系料理)を食べに行きましたよ、一人で
いや、このところ急に暑くなってきたじゃないですか。暑くなると無性に辛いものが食べたくなるのですよ。
発作的に辛いもの熱が高まったので、知り合いを誘うとか悠長なことができなくて。と、友だちがいないとかそういうのじゃないんだからねっ!(<何を動揺してるんだ)

行ったのは下総中山のマッチョイというお店。
昭和っぽい和風の町並みの中に突如として存在するベトナム料理店で、特に2階席の窓際から見える町並みが微妙に哀愁をそそるお店なのですね。

いただいたのは生春巻きとグリーンカレーとお酒を少々。
こちらのお店では生春巻きを1本単位で注文できるので(1本¥250)、一人で行ったときなど前菜として便利です。
半透明の皮の中には野菜がいっぱいで、見た目もきれいなんですが、頬張るとこれがまた逸品なのですね。
パクチーの鮮烈な香りが口いっぱいに広がって、鼻に抜ける。
野菜食べてるぞって気持ちになります。

333(ベトナムのビール)とか飲みながらのんびり待ってると、グリーンカレー登場。
なぜかライスに生野菜がたっぷり添えてあるんですが、お店のご主人にうかがうとカレーと混ぜて食べると美味しい、とのこと。
やってみると確かにその通り。まったりしたカレーの中に、しゃきしゃきしたフレッシュな野菜の歯ざわりとほのかな苦味がアクセントとして効いてきます。
カレーの中にはぶつ切りのチキンがごろごろ。噛み締めるとうまみがぎゅって染み出てくるんですね。
ココナツミルクの甘い香りの奥には唐辛子の辛みが隠れてて、食べ進むうちにじわじわと汗がにじんできます。
額は勿論のこと、頭のてっぺんの方からも汗が流れてきて、気がつくとテーブルに汗が垂れてくるほど。自分のことなのに、うわ凄い、とか思わず言ってしまいました。

食べ終えてお店を出ると、路地の向こうから涼しい風が。
日中は暑くても夜はまだ涼しいですね。

【2007年5月6日 東京コスプレキャラクターショウ(TFT) & 新会場でコスプレ博(TOC)
GWの最終日は、2つのイベントをはしごしてきましたよ。
2つの会場はけっこう近くて、歩いても5分かからないくらい。そういうわけで両方を行き来してみました。
新会場であるTOCはけっこうきれいだったんですが、ちょっと狭かったですね。自然光の入るところもなくて、写真の照明的にはちょっと不満だったり。
場所によっては空調が全然きいてなくて、人が多かったせいもありかなり暑かったです。
正直、ちょっと微妙な会場でした(^_^;)。
対照的にTFTは(TOCの方が参加者も多かったせいか)空調もよくきいてて、場所もゆったりしてましたよ。

この日は知ってる方ばかり撮らせていただいてた気がします。

ナマダ さま &沙谷 さま
a0088158_863324.jpg

ナマダ さま
a0088158_865179.jpg

沙谷 さま
a0088158_881088.jpg

みぁさ さま
a0088158_895792.jpg

ACHICO さま
a0088158_883251.jpg

a0088158_88504.jpg

Kipi さま
a0088158_891437.jpg

蝶羽(あげは) さま
a0088158_8103539.jpg

霧恭介 さま
a0088158_8111195.jpg

月宮うさぎ さま
a0088158_8113436.jpg

a0088158_81153100.jpg

那々原まい さま
a0088158_8121692.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2007-05-07 08:12

新しいカメラ欲しい病

カメラの話書くよっ。

いや、ブログではカメラのこととかあんまり書かないようにしてたんですね。
そういう記事、カメラに興味のない方だと読んでもつまらないでしょうし、逆にカメラに詳しい方にとっては低レベルで的外れな文になっちゃいそうな気がして。
でも書くのだ。

それと言うのもですね、新しいカメラが欲しいなーとちょっと前から思い始めたんですよ。
何度か申し上げてる気がしますが、いま自分が使ってるのはEOS Kiss デジタルNという1世代前のキヤノンのローエンド機種。
買ったのが2005年の年末ですから、かれこれ1年半くらい使ってるわけです。
これまでに17,000枚くらい撮ったかな。
フィルムカメラだったらフィルム代・現像代とかで80万円以上かかってる計算ですね。
8万円くらいで買ったカメラなので、自分的にはじゅうぶんすぎるほど元は取った感じ。

1世代前の機種と言っても、画質的には何の不満もないんですよ。
じゃあ何が不満かと言うと、カメラの機械部分(って言うのかな)。
ファインダーは小さいし、AF測距点は選びにくいし、露出補正はしづらいし……。
こういう撮影時に直接触れる部分がしょぼいと、撮ってて微妙にテンションが上がらないんですね。
茄子彦も人間ですから、撮ってて楽しいって感じられるカメラの方が写真の出来も良いように思うんです。
って、新しいカメラを買う口実めいた言い方ですかね(^_^;)。

で、ネットや雑誌で他の機種の情報をいろいろ集めてみたわけですよ。
いくつかの機種を見ていく中で、最初に気になったのはキヤノンのEOS 5Dというカメラ。
コス関係で有名カメラマンさんのサイトを拝見すると、このカメラをお使いになってる方が多くて。
これがあれば同じくらいきれいな写真が撮れるかなー、とドリームが広がるわけです(腕の差はともかくとして)。
ただ、どうしても気になるのがお値段でして。
安いお店でも30万円近いという。
うーん30万円かー。ちょっと躊躇してしまう額ですね。
買って買えないことはありませんし、事実それだけの価値もあるんでしょうけど、何て言うか今の自分には分不相応に感じちゃうのですよ。
たいした技術もない人間がそんなに高いカメラ買っても宝の持ち腐れかも、みたいな。
そりゃ下手は下手なりにそれなりの写真は撮れるでしょうし、欲しいならそんなこと考えずに買っちゃえというのも正論だと思います。
でも自分的には、技術の向上にあわせてちまちま機材のステップアップを図っていくほうがいいかなー、とも思うんです。
カメラとともに向上していく自分、っていうか(オーバー?)

というわけで、現実的な選択としては今の機種の1段階上くらいのクラス、具体的には10万円くらいのカメラを選ぼうかなって思っちょります。
具体的には、

のいずれか。
このうちのどれにしようか、日夜思い悩む今日この頃なのでございますよ。

この中ではEOS 30Dはちょっとお高めなのですが、2万円のキャッシュバックセールやってるし今使ってるレンズやメモリーカードもそのまま使えるので実質的な差はほとんどありません。
ボディも金属でがっしりしてるし、シャッター音も格好いい。
が、ファインダーは3機種の中でいちばん小さいし(今使ってるのより全然大きいけど)、液晶がイマイチ見づらいのが不満。

D80はニコンらしく作りのいいボディに大きく見やすいファインダーと、現状の不満点をことごとくクリアしてるんですが、強いて言うとAF測距点が微妙に選びにくいです。
あとK10Dに比べると機能が少ないって言うか。

で、そのK10DはボディもファインダーもD80と甲乙つけがたいくらい優秀で、そのうえボディに手ブレ補正機能まで内蔵してる。
じゃあK10Dでいいじゃんとも思うんですが、画質というか画の傾向が今使ってるキヤノンとけっこう違ってる気がして、そこが気になる(レタッチで色補正はできると言ってもねぇ)。
そういうわけで三者三様、どれもいい機種だけに今ひとつ決めかねているのですね。

って言うかデジカメって新しい機種出るの早いので、もうちょっと待てば新機種が出るのは間違いないでしょう。
特にEOS 30Dは後継機種が夏にも発表になるともっぱらの噂ですし。
じゃあそれを見てからでいいかな、とか問題を先送りにしつつある優柔不断な自分。
とか言ってるとニコンもペンタックスも、それからソニーも魅力的な新機種を出したりして。そしてまたどれにしようか悩んだりして。ああ、今からその状況が目に浮かぶ……。

誰か背中を押してくれ(<他力本願)

2007年5月5日 コスキャラワールドinTFT
3日連続イベントに行ってきましたー。
実はこのところ、写真的にはけっこうスランプ気味だったんです。
連日のイベント疲れかなと思ってたんですが(仕事の疲れもあるのかも)、この日のイベントである方を撮らせていただいてるときに原因みたいなものに気がつきまして。
おかげで不調脱出のヒントをいただいた感じです。ありがとう!

南チハル さま
a0088158_8531114.jpg

華輪(かりん) さま
a0088158_854030.jpg

ほしのまな さま
a0088158_854234.jpg

明音(あかね) さま
a0088158_8544984.jpg

ひろみち さま
a0088158_8552826.jpg

ちっぴー さま
a0088158_8562195.jpg

いまる さま
a0088158_8564094.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2007-05-06 09:07 | Camera/Photo

女子トーク、男子トーク

一昨日書いた家飲みのときも思ったんですが、女子のトークって男とけっこう違いますよね。
男子は飲み会の間中バカ話というか笑える話(アホな失敗談とか)ばかりしてるのに、女子の場合はすきあらばグチをこぼすって言うか。え?茄子彦の周りだけ?そうですか(^_^;)。

グチの内容は仕事とかの場合もあるんですが、付き合ってる人とかいる女子の場合、もう十中八九は彼氏のこと。
自分の彼氏がいかに駄目かを延々と語る。
そういう話を真剣に聞いてると、男子的には「そんなに嫌なら別れちゃえよ」的なことを言いたくなったりするわけですよ(茄子彦も昔はそうだったかも)。
でも当の女子的には、「えー、でも」とか言っていっこうに話が進まない。
って言うか、女子的には別に解決法みたいなものを聞いてるわけではないんですね。ただ自分の話を聞いて欲しいだけ、みたいな。
さんざんグチっておきながら、最終的には「でも彼もいいところあるんですよねー」とかいう結論に達したりもします。結局ノロケだったのかよ!

男の場合だと、自分の彼女に関するグチとかはあんまり言いませんね。ほとんど皆無と言っていい。
グチに限らず、彼女の話題とか口にすることはまずありません。
じゃあどういう話をするのかというと、他の女子の話題w
同じゼミの○○ちゃんが可愛いとか、隣の課の○○さんがきれいとかそういう話で盛り上がる。しまいには新垣結衣長澤まさみのどちらかが可愛いか激論をかわしだし、最終的には殴り合いの喧嘩にまでいたるという(オーバー?)。
もうね、自分とは縁もゆかりもない女子の話題ばかりしてるわけですわ。
まぁこれも一種の照れ隠しというか、わざわざ自分の彼女の話をするのが恥かしいんですよ、男の美学的に。

単純にガキなだけとも言いますが。

2007年5月4日 春のとなりでコスプレ博(TFTホール)
昨日はTFTのイベントに行ってきましたよ。
この日は撮影会に誘っていただいてて、ほんとうはそっちに行く予定だったんですが、午前中で終わるはずの仕事がずれ込んでしまって。時間的に間に合いそうになかったので急遽イベントに行ったのでした(せっかく誘っていただいたのに、行けなくてごめんなさい(>_<)>撮影会)。
ドタバタしてたので、前日のビッグサイトより撮らせていただいた方はだいぶ少なめ。

レン さま
a0088158_9594960.jpg

Kipiさま
a0088158_1025255.jpg

森本尊志 さま
a0088158_1013192.jpg

ラー油 さま
a0088158_1034192.jpg

七味とうがらし さま
a0088158_104546.jpg

AZUMI さま
a0088158_1045655.jpg

アト さま
a0088158_1055694.jpg

あさひ みう さま
a0088158_1064690.jpg

Sizu さま
a0088158_1073034.jpg

いおり さま
a0088158_1075115.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2007-05-05 10:07 | Others