<   2007年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

しょうが焼きの食べ方

a0088158_747728.jpg

仕事でお茶の水(というか神保町)に行きまして。
14時くらいにお昼を食べることにしたんですが、ご存知のようにこの界隈は都内でも有数の学生街で、学生向けの飲食店が山のようにあるんですね。

B級グルメをこよなく愛する茄子彦的には夢のような街なのですが(本屋も多いし)、中でも自分のベスト3は、天丼のいもやキッチンカロリー、そしてキッチン南海の3店です。

これらに共通するのは、何と言っても安いこと。¥1000で余裕でおつりがきます。いもやなんていまどき天丼が¥500ですよ。てんやと変わんないじゃん。でも味は圧倒的にいもやのほうが上です。

それからどこも量が半端でないんですよ。キッチンカロリーのカロリー焼きなんて、ご飯が山のように出るうえにおかず(牛焼肉)にも大量のスパゲッティがついてて。腹ペコの学生さんも満腹という次第。

そして何と言っても特徴的なのは、油、もしくは脂の量でしょう。
天ぷらはもちろん揚げ物ですし、他の2店も炒め物もしくは揚げ物がメイン。
青春真っ盛りの皆さんにとっては脂ギッシュな風味は何よりのご馳走だと思いますが、いい歳した茄子彦だと体調によっては微妙にキツくなりつつあったりします。好きだけど。

ともあれこの日いただいたのはキッチン南海のしょうが焼きとひらめフライの定食。
ひとくちに豚のしょうが焼きといっても、豚肉だけを焼いたものや肉野菜炒めのようになってるものなどお店によっていくつかのスタイルみたいなものがありますが、このお店の場合は豚肉と玉ねぎを一緒に炒めたタイプなんですね。

自分だけかもしれないんですが、こういうタイプのしょうが焼きの場合、まず付け合せのキャベツの上にお肉を載せてしまいます。
ついでにお皿を傾けて、しょうが焼きの甘辛タレもキャベツの方に行くように。
こうすると肉の熱と水分とでキャベツがシナシナになるんですよ。最初は山のようにあったキャベツが一見少なくなったようにさえ見える。
こうしてキャベツがしんなりするのを横目に、サクサクのひらめフライからいただくわけです。あ、熱い!とか言いながらね。
そうこうするうちにキャベツがだいぶしんなりしてきました。そこを逃さずしょうが焼きとキャベツを混ぜて、パクッと一口。
肉の歯ごたえと玉ねぎのトロトロ感、蒸れたキャベツのショリショリ感が渾然一体となって、うーん、美味しい。
このときのポイントは、全部を混ぜてしまわないことですね。時にはしょうが焼き単独の濃い脂っこさを味わい、フライとしょうが焼きでべとべとになった口の中を新鮮なキャベツの清涼感で拭う。
とか言ってるとあっという間に食べきってしまいました。誰だ脂っこいのはきついとか言ってた奴は。

自分もますます豚に近づいてしまいましたブー

2007年2月25日 ワンダーフェスティバル2007[冬]
もうね、この日は寒くて寒くて。
正直、シャッター押す指も凍えて震えてましたね、ええ。
人が多くて行列も多かったので、自分が写真撮らせていただく番になっても枚数や会話などはどうしても控え気味に。
那々原まいさんのこともお名前は以前から存じていたのですが、そういうわけで撮影枚数はかなり少なめ(なに喋ったかも覚えてません。失礼なこととか口走ってなければよいのですが)。
また別のイベントなどでお会いできたら嬉しいです。

那々原まい さま
a0088158_7584162.jpg

a0088158_759013.jpg

a0088158_7591662.jpg

a0088158_7593594.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2007-02-28 08:00 | Food/Drink

ニュース系サイトのように箇条書きにしてみる

RinRin王国さんのワンフェスリンク集に載ったよー
昨日あたりからアクセス数が急増したのでいろいろ見て回ってたら、RinRin王国さんからリンクしていただいてました(輪王さんありがとうございます)。
あ、ちなみにカメラはEOS 30Dじゃなく、EOS Kiss Digital Nですよ。レンズはシグマの18-50/2.8。安いカメラでお恥かしい限り(^_^;)。

YouTube - ローゼンメイデン風アンパンマン OP
すごい才能の無駄づかいだw。って言うか歌上手すぎ。最初ほんとうにアリプロが歌ってるのかと思いました。

YouTube - (MAD)涼宮ハルヒの憂鬱 劇場版 「涼宮ハルヒの消失 予告編」
もうひとつYouTubeから。エヴァ劇場版予告編風涼宮ハルヒの消失。これも上手い。そう言えばエヴァの新作映画ってどうなるんでしょうね?

2007年2月25日 ワンダーフェスティバル2007[冬]
前回も申し上げたようにワンフェスではいろいろな方にお会いできたのですが、ナマダさんもそのお一人。
別のサイトなどでお写真は拝見したことあったのですが、実際にお会いしたのはこれが初めてでした。
って言うかお写真撮らせていただいてる間もナマダさんだということに気がつかず、お名刺を頂戴して初めてナマダさんだと気がついた次第です。有名レイヤーさんとか有名カメラマンさんとかのお顔、ぜんぜんわからなくて(>_<)。
何て言うか、寺田克也の描く美少女のような素敵な方でした。

ナマダ さま
a0088158_7362031.jpg

a0088158_7333427.jpg

a0088158_734811.jpg

a0088158_7343474.jpg

a0088158_735837.jpg

a0088158_7371086.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2007-02-27 07:46 | Internet

名前の由来

今日のイベントで月宮うさぎさんに、
「茄子彦さんって、何で『茄子彦』って名前つけたんですか?」
と訊かれまして。
(あ、ちなみにうさぎさんの場合は「月宮あゆ」+学生時代のニックネームの組み合わせだそうです)

いや、とりたてて深い意味とかはないんですよ、このハンドルネーム。
ただ一度聞いたら忘れない(変な)名前にしたくて。
なので他のカメラマンさんとかレイヤーさんとかとかぶってない名前、ということも考えてこの名前に落ち着いたのですね。
今のところその目論見はけっこう成功してるんじゃないかと自分的には思ってるのですけど。

名前決めるとき参考にしたのが、評論家というか文学者の四方田犬彦氏の名前。
“犬彦”ってすごい名前ですよね(ペンネームだけど)。一度聞いたら忘れられないでしょ?

ということで“○○彦”みたいな名前にすることまではすぐ決まったんですが、○○のところを何にするかはちょっと悩みましたね。
“猫彦”ではパクッたのが丸わかりですし、“馬彦”とか“牛彦”とかだとちょっと違う。
そうだ食べ物系で行こう!と思って、魚系と野菜系をいくつか考えたのですよ
で、最終的に残ったのが“鯖彦(さばひこ)”と“葱彦(ねぎひこ)”、そして茄子彦だったんですね。
何か生臭そうなので(笑)鯖彦は早々に候補から脱落したんですが、葱彦と茄子彦のどちらにするかはけっこう悩みました(どうでもいい悩みだな)。
実は一時期は葱彦と名乗ってたこともあって、霧恭介さんのサイトにアップしていただいた写真には葱彦名義のものもあったりします。

で、最終的に茄子彦にしたのは、“葱”っていう漢字が割とマイナーだからなんです。
人によっては読めない場合もありますし、何より自分でも書けなくて(笑)。
そういうわけで茄子彦という名前が最後に残ったのでございます。

ボケナスとかオタンコナスとかそういう意味じゃなかったはずなんですが……(>_<)

2007年2月25日 ワンダーフェスティバル2007[冬]
で、今日行ってきたのがこのイベント。
大イベントということで沢山のコスプレイヤーさんがいらっしゃいましたよ。
今までお名前だけは聞いたことがあったり、あるいは他のサイトなどでお写真だけは拝見していたレイヤーさんもいらして、ちょっと興奮。
でも人も多かったので行列がすごく、何よりあまりの寒さにどんどんどんどん気力がなえてきてしまって。
レイヤーさんはもっと寒いんだぞと自分を叱りながら(オーバー)会場を回ってたのですが、けっきょく撮影枚数は200枚にさえ遠く届かず。もっと精進しないと(>_<)。

あ、でもいろいろな方は撮らせていただいたのですよ。一人当たりの枚数が少ないだけで。
せっかくなので(撮影順序どおりに)全員掲載させていただいてしまうテスト。

ラー油 さま
a0088158_2073155.jpg

ナマダ さま
a0088158_20463147.jpg

ナツメ さま
a0088158_209561.jpg

亜桜日奈(あさくら・ひな) さま
a0088158_20105157.jpg

那々原まい さま
a0088158_20114246.jpg

宮妃彩(みやひ・あや) さま
a0088158_20144087.jpg

みかみありあ さま
a0088158_20151639.jpg

犬神颯子(いぬがみ・そうこ) さま
a0088158_2017012.jpg

沙来紫音(さらい・しおん) さま
a0088158_2019410.jpg

kipi さま
a0088158_2020217.jpg

飯塚あかね さま
a0088158_20205627.jpg

えみり さま
a0088158_20213459.jpg

月宮うさぎ さま
a0088158_20221077.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2007-02-25 20:06 | Others

ドキドキ対決、先手オレ!

http://d.hatena.ne.jp/makaronisan/20070219/1171811147
a0088158_10175992.jpg

たまごまごごはんさんのところでこんな企画を見つけましたよ(上の画像もリンク先から引用させていただきました)。
詳しくはリンク先をご覧いただくとして、要するに「自分にとって『ハートに熱く訴えかけてくる、女の子のポイント・しぐさ・シチュエーション』を、熱弁する」企画です。
もうね、これは茄子彦のためにある企画でしょう!(<自意識過剰)
というわけで自分も参加ー。

先手オレ!

『剣道で面をはずした後の、上気した女の子の頬』
委員長だとなお良。

『紺のハイソックスに貼り付いた桜の花びら』
何か『櫻の園』みたいだけど、これからの季節ネタということで。

……って、せっかくのコスプレ写真ブログなのに文字ネタばかりというのもつまりませんね。
では写真つきで。

先手ずっとオレのターン!(<作品が違う)

『口元に手を当てて、ちょっと上目づかい』
a0088158_10172748.jpg

(モデルはKipiさん)
基本というか、ある意味王道ですな。
Kipiさんのこのお写真だと、卯月さんのおっしゃってた『ミニスカートとニーソックスのあいだから見えるふともも』もあるのでドキドキ度倍増かも☆

『ちょっとだけ覗く八重歯』
a0088158_9421477.jpg

(モデルはラー油さん)
さあ段々フェチ入ってきました(笑)。
って、この写真だとほとんど八重歯見えないでしょうが、むしろそこがイイ!見えそうで見えないところがすごくイイ!(重症)

『キャライメージ的にずっとシリアスな表情をしていたのに、何かの拍子に出てしまった素の笑顔』
a0088158_12583872.jpg

a0088158_9574089.jpg

(モデルはACHICOさん)
クールなキャラや男装コスの場合、カメラに向ける表情は基本的にシリアス顔なわけですよ。
でもふとした拍子に普通の笑顔が出てしまったりするわけで。
で、その直後に「しまった!」って感じで妙に照れたり。
クール→笑顔→照れのコンボにもうドキドキです。
ACHICOさんもずっとクールな表情されてたのに、ちょっとした弾みで笑顔に。このギャップがたまりません。
あとACHICOさんの場合、もうひとつドキドキ要素があって、
『普段は標準語なのに、ふとした弾みで地元の言葉(関西弁)が出てくる』
これ!もうやばいくらいドキドキです(>_<)。

『コスしてるときと私服に戻ったときのギャップ』
a0088158_107556.jpg

a0088158_1081726.jpg

(モデルはariさん)
もしかしたら茄子彦的にはこれがいちばんドキドキかも!
コスしてる時の姿からは想像できない服装や表情。その落差にドキドキです!

こうして見ると、自分はギャップみたいなものにすごく弱いことが判明しました。
[PR]
by nasuhiko | 2007-02-24 10:13 | Comic

“イガワハルカ”に対する職場の反応

a0088158_22573097.jpg

毎週のようにコスプレイベントに行ってる茄子彦ですが、職場ではそんなことおくびにも出さず勤務してまして。

職場の人と話すときもオタ系ネタは注意深く(?)避けているおかげか、オタクとかアキバ系とかいう痛々しいレッテルはこれまでのところ貼られずに済んでおります。
先日アキバ系の人とかの話題が出たときは、「茄子彦くんはアキバ系じゃないでしょー。アキバ系って言うより、町田系かな?」みたいなことを言われました(って言うか町田系って何だ(^_^;))。

あー。いや、訂正。オタっぽい話してないわけじゃないですね。席が隣の先輩とは北斗の拳とかキン肉マンとかの話ばかりしてるっぽい(苦笑)。
仕事が大変なときとか、「燃えろ俺のコスモよ!」とか言い合ってるしw
何て駄目な社会人なんだ自分(>_<)。

これだけオタ要素満載な茄子彦がオタクとして目をつけられない理由は、ひとつには自他共に認める真性のオタク王が同じ職場にいるからかもしれませんね。
さっき出てきた北斗の拳の話ばかりしてる先輩とは別の人なんですが、ものすごい!鉄オタなんです。
鉄道方面に無知な茄子彦ではその人の知識量を上手く説明しようがないので、今日起こった出来事をちょっとご紹介してみますね。

いや、話自体はつまんないことなんですよ。
仕事中に顧客のリストを確認してたら、その中に“イガワハルカ”さんっていう名前があったんですね。
「え、これって井川遥?」「うそ。本人?」「同姓同名の他人でしょ?」みたいなトークで職場内が微妙に盛り上がったわけですよ(暇な会社だな)。
で、妙に盛り上がってるわしらを見て鉄オタの先輩が一言。
「井川遥って誰?」
おいおいおい。井川遥知らないのかよ!?井川遥知らない男子なんているのかよ!?
あまりにナチュラルな先輩の様子に、違う意味で職場が盛り上がってしまいました。
中でもいちばん驚いてたのは、今年入ったばかりの新卒の女子(宮崎あおい似)。
「まじスか!?井川遥知らないなんてありえなくないスか!?」
と男子高校生のような口調で先輩を詰問していました。いや、きみの外見と中身のギャップの方がありえないから(^_^;)。

こんな愉快な仲間に囲まれて毎日楽しく働いております。

2007年2月12日 コスキャラワールドinTFT
このところ、FC2ブログ経由で当ブログにお見えになる方が多くて。
不思議に思っていろいろ見てみたら、月宮うさぎさんが日記で当ブログをご紹介くださってたんですね。
あわわわわ。全然気がつかず失礼をいたしました(>_<)。
って言うかうさぎさんのような素敵な方のブログでご紹介いただいただけでも恐れ多いのですが、一緒に紹介されているのはいずれも有名&ハイレベルカメラマンさんのサイトばかり。
見比べると同じイベントで同じ方を撮っているはずなのに、写真のレベルに雲泥の差が。
自分の下手さ加減に涙が出ます(>_<)。

それはそうと、月宮うさぎさんとお会いしたのはこのイベントが2回目なんですが、茄子彦のこと覚えてくださっててちょっと感激でした。
でも2回目にして早くも褒め殺しの呪文が効かなくなってしまって(苦笑)。
うさぎさんのツッコミの速さに脱帽です(^_^;)。

月宮うさぎ さま
a0088158_23142938.jpg

a0088158_23153426.jpg

a0088158_2316383.jpg

a0088158_23164134.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2007-02-20 23:17 | Others

ハルヒラップ

a0088158_22455913.jpg

このあいだ友人たち(非オタ)とカラオケに行きました。
当初は若ぶって(笑)バンプやアジカンを歌っていた茄子彦なのですが、次第にラルクやスピッツなどチョイ懐かし系の選曲になって。
で、女子もドリカムやUAとか歌い始めたので一緒になって(マイクなしで)歌ったら、意外に歌えちゃうんですよ、キーとかいじんないでも。
自分の声って思ってた以上に高いのかもしれません。

とは言うものの、女性ボーカルの歌なら何でも歌えるというわけでは勿論なくて。
とりわけオタ系の女声楽曲は全然キーがあわず、全く手が出ません。
オレもハルヒ歌いてぇよ!と思ってもどうにもならない、悶々とした日々が続いていたのでございます。

そんなとき!この動画を見つけたのですよ。

YouTube - ハレ晴レユカイ Rap ver.

原曲(カラオケ)を一切変えずにラップ調に改変したものなんですが、歌詞とかも変えてあって単独の楽曲としてもかなり水準高いです(必見!)。
何これ?!と思ってグーグルで検索などしてみたら、他のハルヒソング(全部で3曲)もラップバージョンになってる様子。
速攻でダウンロードして、今も聞きまくってるところです(「冒険でしょでしょ?」のサビの歌詞が格好良いッス)。

歌ってるの男性だし、原曲はそのままなので、これならカラオケで歌えるかも!
そう期待して試しに歌ってみたんですが……

歌詞が早口すぎて舌が回りませんでしたorz

※参考リンク(ラップバージョンのMP3データと歌詞が紹介されてます)
ブログちゃんねる:冒険でしょでしょのラップバージョンを作ってみた
ハムスター速報 2ろぐ ~きなこもちプロファイル~ 涼宮ハルヒの憂鬱 冒険でしょでしょ (Rap ver.)
イミフwwwうはwwwwおkwwww God knows... (Rap ver.)


07年2月18日 コスプレ博 in 飯田橋コートメダリオン
行くかどうかわかんないとか言っておきながら、結局行ってきましたコートメダリオン。
会場が小さめのこともあり、こじんまりしたアットホームなイベントでしたよ。

会場にはKipiさんもいらしてたんですが、カメラマンの人数も多くなかったので撮影待ちの列もさほどではなく。
ほとんど待たずに撮らせていただけたのは良いのですが、いつもなら撮影待ちの列に並んでる間に構想というかイメージトレーニングをするところ、そんな間もなく自分の番になったものですからむしろどうして良いかわからず、うろたえてしまった次第(苦笑)。
お見苦しいところをお見せしました(>_<)>Kipiさん。

いろいろなところで拝見するKipiさんのお写真を参考に、今回は明るめに仕上げてみました。

Kipi さま
a0088158_22164571.jpg

a0088158_22171136.jpg

a0088158_22173968.jpg

a0088158_2218018.jpg

a0088158_2218173.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2007-02-18 22:18 | Internet

ハッピーバースディ♪

今日はACHICOさんのお誕生日ですよー。

何かバースディネタが続きますね。
先日お伝えしたネネさんのお誕生日も2月ですし、そういえば霧恭介さんも確か2月生まれ。
2月生まれには素敵な方が多いのでしょうか?

07年2月11日 東京コスプレキャラクターショウ(TFT)
お誕生日記念ということで、今日はACHICOさん特集ー♪
普段は笑顔の多いACHICOさんですが、この日は綾波コスということで笑顔は控えめ。
物憂げな表情もたいへん素敵なのであります☆

ACHICOさん、お誕生日おめでとうございます!(^o^)/

ACHICO さま
a0088158_1122272.jpg

a0088158_1122411.jpg

a0088158_11233267.jpg

a0088158_1124675.jpg

a0088158_1125076.jpg

a0088158_11251783.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2007-02-18 11:25 | Cosplay

ぼくたちの失敗

すでにお伝えしたように、当ブログの掲載写真のサイズが大きくなりまして。
記事本文中の写真(茄子彦が撮影したもの)を左クリックしていただくと、長辺1280ピクセルの原寸画像が開くようになっております。

で、こうなると困るのがちょっとしたピンボケor手ブレ写真。
小さい画像であればともかく、画像サイズもこのくらい大きくなると、わずかなピンボケや手ブレも気になってくるところです。

これが露出(≒画面の明るさ)やカラーバランス(間違うと画像の色調が変になるのん)のミスであれば、PhotoshopやSILKYPIXを用いることである程度修正することができるんですが、ピンボケや手ブレの写真はほとんど修正のしようがありません。ほぼ自動的に「失敗写真」になってしまいます。

なのでピンボケや手ブレ写真に自然と神経質になってくるわけですが、よく見ると自分の撮った写真の半分以上にピンボケや手ブレがあったり(>_<)。
ここで告白(?)すると、ブログにアップしている写真の中にもピンボケ・手ブレのものがあります。
もうね、自分でもわかってるんですよ。わかっててもアップしてる。ボケてるけど、この表情がイイ!とか、撮らせていただいた写真は全部ボケてるけど、この方の写真をアップしたいんだ!とかいうときですね。
でも仮にどんなに素晴らしい表情を捉えていても、写真がボケボケでは魅力も半減以下。
今さらながら自分の下手さ加減を痛感しているところです(>_<)。
カメラ買い換えようかな……(<その前に腕を上げろ)

2007年2月12日 コスキャラワールドinTFT

昨日に引き続き、TFTのイベントに行ってきましたよ。
連休だからといってイベント参加の二連チャン。どんだけ暇なんだよ自分。

言い訳するわけじゃないんですが、今日のイベント、ほんとうは行くのやめようかなとか思ってたんですよ。
じゃあ何で行ったのかって?
……そうしろとささやくのよ、私のゴーストが(何それ)。

でも!今日のイベント、すごい良かったんですよー!
それというのも、何と!TFTホール脇の屋外スペースを使うことができたんです!
外ですよ外!ハァハァ(<興奮しすぎ)。
具体的に言うとTFTビルの北側で、パナソニックセンターの裏手からTOCセンター脇、陸橋を渡って湾岸ライフミュージアムの方まで行けたのです。
今日はちょうど日差しも暖かで、多くのレイヤーさんカメラマンさんが屋外に出ておいででした。
全体の人数は昨日と大差ないように思いましたが、そういうわけでホール内も混み過ぎにならず、終始ほどよい人数で。
昨日とはまた違ったレイヤーさんにもお会いでき、結果的にはかなり充実した一日でした(^o^)/

Kipi さま
a0088158_23403422.jpg

綾城 弥叉月(あやしろ・みさき) さま
a0088158_2326816.jpg

小夜子 さま
a0088158_23333275.jpg

月宮うさぎ さま
a0088158_2318064.jpg

れもん さま
a0088158_23415997.jpg

古賀 重美(えみ) さま
a0088158_2364516.jpg

花梨 さま
a0088158_2393720.jpg

チロ さま
a0088158_2337930.jpg

雪之丞 天音(ゆきのじょう・あまね) さま
a0088158_23395512.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2007-02-12 23:43 | Camera/Photo

三回忌

マルコよ。お前が天に召されてからもうじき3年になるね。
a0088158_9341134.jpg

……ってこの書き出し、当ブログをご覧になってる方の大半にとっては意味不明ですよね(^_^;)。
もう少し丁寧に説明すると、マルコ・パンターニというイタリアのプロ自転車ロードレーサーの命日が2月14日なので、そのことを書いているのですね。

日本ではマイナースポーツである自転車ロードレースですが、ヨーロッパでは非常にファンが多く、その人気はサッカーに勝るとも劣らないほどです(でも野球は不人気)。
なのでプロのロードレース選手と言えばヒーローも同然なわけですが、中でもツール・ド・フランスとジロ・ディ・イタリアを同年に連続制覇(いわゆるダブルツール)したパンターニは文字通りの国民的英雄でした。

でも、彼は34歳の若さで亡くなってしまいます。
死因はコカイン中毒。状況からすると自殺同然であったとも言います。
パンターニの訃報は、イタリア国内のみならず世界中に衝撃をもたらしました。

茄子彦的にもちょうどツールのDVDとか見始めた頃のことで、けっこうショックを受けたのを覚えています。
パンターニは自転車選手としては小柄で、絶対的な筋力・パワーでは他の選手より劣ってたと思うんです。平地での速度を競うタイムトライアルも得意ではありませんでしたし。
でも逆に言えば身体も軽いわけで。アルプス山脈などの上り坂では圧倒的な強さを見せてくれました。
こういう、不利な部分もある選手が機知と努力で勝利を掴む、みたいな構図が大好きでして>自分。

パンターニの運命を狂わせたのはドラッグでした。
ドーピング疑惑と、プレッシャーに耐えかねて手を出したのであろう違法薬物。
ドラッグは彼から栄光と、ついには生命まで奪ってしまったのです。

言うまでもないことですが、ドーピングも違法薬物の使用も決して褒められた行為ではありません。法的・社会的制裁を受けるのはむしろ当然のことです。
でも。
そんなことは当のパンターニもじゅうぶん承知していたはずで、それでもなおクスリに手を出さざるを得なかった彼の心境を思ってしまいます。
若くして英雄に祭り上げられた重圧。勝者の孤独。期待されることの重み。勝利への執念。
自分がもしパンターニと同じ立場であったら、果たしてそうした行為に手を染めなかったか?残念ながら私にはその自信はありません。
「この違法薬物を使えば、お前の夢をかなえてやろう」
悪魔にそう持ちかけられたら?

そう思うと、彼の死をまったくの赤の他人のことだとは考えられなくなるのです。
ありえたかもしれない自分、あるいは今後ありえるかもしれない自分、みたいな。
ちょっとオーバーですかね。
(ほぼ日刊イトイ新聞のパンターニ追悼記事はこちら

2007年2月11日 東京コスプレキャラクターショウ(TFT)
TFTに行ってきましたよ。
連休ということもあってか、けっこう混んでいて。
先週のスタジオ撮影会があまりに撮りやすかったので、むやみに撮りづらく感じてしまったり。
撮影場所も限られていたので、アップばかりになってしまったのですよ(<言い訳)。

↓端正なお顔立ちで、可愛らしい方です。目が大きくてお人形さんみたい!

九重 結月 さま
a0088158_1043368.jpg

↓とにかくスタイルがいいのですよ!大人気でいつも行列が出来てて、リリムコス撮らせていただくの断念したヘタレカメコの茄子彦です。

サチコ さま
a0088158_10453983.jpg

ACHICOさんの綾波!(ゴスロリバージョン)こちらも常に行列で、大人気でした♪って言うか後ろに撮影待ってる人がたくさんいるにも関わらず、割り込みで紹介とかしちゃってスミマセンでした>各位。

ACHICO さま
a0088158_10494713.jpg


↓この方の素の表情を撮るのが自分のライフワーク(?)なのです。

ルー さま
a0088158_10544717.jpg

↓何かいつもあーみんトークばかりしている気がしますwシグルイもぜひ!

ラー油 さま
a0088158_105547100.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2007-02-12 10:56 | Bicycle

画像容量が無制限になりました

エキサイトブログ・アドバンス」というサービスを申し込みました。
当ブログで利用しているエキサイトブログの有料バージョン(月額250円)で、いろいろ特典があるようです。
その中でも自分的にオイシイのが、ひとつの記事に掲載できる画像の合計容量が無制限となる点。
これまではひとつの記事につき合計500KB以内という容量制限があったため、100KBくらいに縮小した画像を4、5枚掲載するのがせいぜいだったのですが、これからは文字通り無制限にアップできるようになったのですよ。うひょー!
画像サイズもこれまでより大きくする予定ですよ。

そうそう、この機会に当ブログ(に限らずエキサイトブログ全般のことですが)をご覧になるうえでの注意点などをいくつか。

  • 記事に掲載されている画像は縮小されています(レイアウトを見やすくするため)。
    画像を左クリックしていただくと、別ウィンドウで原寸画像が開きます。
  • 記事の末尾に 青字で"続きを読む"とかある場合、記事にはまだ続き(文章や画像)があります。
    ご覧になりたい方は青文字を左クリックしてください。
    (記事が長かったり画像が多い場合など、見やすくするためにこうした構成をとることがあります)
  • 記事末尾の"Tags"は記事につけられたタグです。
    原則としてイベント名・モデル名で関連付けています。
    左クリックしていただくと、そのイベントで撮影した画像orそのモデルさんの画像の掲載記事の一覧が表示されます。
  • 記事右下の"Coments"を左クリックしていただくと、記事へのコメントが投稿できます。
    どうぞお気軽にコメントくださいませ。

あ、最後の注意点はあくまでもついでに書いただけですからね。
とりたててコメントが欲しくて書いたわけじゃないですから。単なる補足ですよ、補足。
べ、別にあんたのコメントなんて欲しくないんだからっ!(ツンデレ)

この記事へのコメントもお待ちしております。


07年2月4日 トイタイプ撮影会

トイタイプのネネさんのお誕生日撮影会に行ってまいりました。
モデルの皆さんはもちろん素敵だったんですが、スタジオがとても良い感じで。
撮影会の雰囲気もたいへん良く、本当に楽しい時間をすごすことができました。
牌さんをはじめとするスタッフの方々ならびに他のカメラマン各位、そして何よりモデルの皆様に心から感謝します。

せっかくの撮影会なので、(自分的には)いつもと違った雰囲気の写真を選んでみました。
え、いつもと変わってない?(^_^;)

ルー さま
a0088158_12155026.jpg

町子 さま
a0088158_17553122.jpg

みかん さま
a0088158_1221790.jpg

ラー油 さま
a0088158_12225666.jpg

まゆやまる さま
a0088158_12234176.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2007-02-07 12:24 | Internet