カテゴリ:Anime( 22 )

【アニメ】『TIGER & BUNNY』について語ってみる

a0088158_18574752.jpg
劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」もDVDBlu-rayになったことだし、『TIGER & BUNNY』(以下タイバニと略す)について語ってみるよ!

あ、劇場版観てないのでTV版の話ね。

TV版って言っても、放映当時から追い続けてたわけじゃないんですよ。放映時に話題になってたのは知ってたけど、伝え聞く評判からバリ腐女子向け作品だと思って、むしろ敬遠してました。それがレンタルして観てみたら、男でも全然イケるじゃん!

まず基本設定がいいですね。

職業としてのヒーローって新しい!

ヒーロー物としての格好良さに加え、職業アニメとして社会とのしがらみとかを織り交ぜることで深みが増してますな。


あとバディ物って日本アニメとしては珍しい。

アメリカ映画・ドラマとかではよくある設定ですが(近年の日本ドラマなら『相棒』が有名)、アニメだとパッと浮かびませんもの。

アメリカ製作品との比較でもうちょっと言えば、主人公たちが人種的にも性別もバラバラでセクシャルマイノリティまで含まれてるあたりもアメリカ的。


強いて言えば、物語の結末がモヤッとしてるのが個人的な不満点ですかなー。

勧善懲悪物として悪の黒幕がああなっちゃうのは後味悪いし、ルナティックと決着つけて欲しかったし。

文句はそのくらい。


ぐだぐだ語るとまた無駄に長くなるので、トピック分けて話をしますね。


■各キャラについて個人的な感想

a0088158_19561790.jpg

タイバニの魅力はやっぱりキャラでしょう!

キャラ語りをせずにはいられない。

以下、個人的な主要キャラの感想。

キャラの呼称は自分が普段呼んでるものですお。


・虎徹おじさん

バカで格好いい。

自分と年齢や境遇が近い(?)せいか感情移入してしまうキャラですね。

大人・社会人としてのしがらみ(仕事がうまくいかないとか、家族関係とか)があるせいか、アニメにありがちな学生主人公には出せない深みと魅力があると思うんです。

大雑把でお節介、ベテランでありながら青臭い理想論を振りかざしてる、というあたりも(バディものではありふれた設定ですが)イイ。

こういうおじさんに私はなりたい。


どうでもいいけど虎徹の部屋、おやじの一人暮らしのくせに清潔&オシャレすぎじゃね?


・バニーちゃん

普通に格好いい。

そしてツンデレで可愛い。

復讐のために生きる、というのもアニメキャラ的にはポイント高い。

虎徹の嫁。


・ブルーローズ

乙女で可愛い。

妙に唇の作画に気合入ってると思うのは自分だけじゃないはず。

虎徹への恋心はわかんないじゃないですお。

でも正妻・バニーちゃんがいるから愛人ポジションに甘んじないといけないのが可哀想(´・ω・`)。

「それでもいいもん。きっと振り向いてくれるはず!」とか言ってずるずる引きずる未来まで予想しますた。


・牛角

虎徹と酒を飲むシーンは割と渋い。

でもそれ以外印象に残ってないです。

印象に残る個別エピソード書いてもらえなかった不遇の人。


・スカイハイ

格好いい童貞。


・折紙

可愛い童貞。


・ドラゴンキッド

ボクっ娘キマシタワー!

でもそんなにエピソード多くないんだよね。


・ネイサン

格好いいオカマ。

個人的には一番好きなキャラ。

オカマという境遇から過去に苦労したことが絶対あるにもかかわらず、それを表に出さない漢です。

そういう、酸いも甘いも噛み分けた人生経験からか他人への思いやりはナンバー1ですね。

ブルーローズの恋愛相談とか乗ってやりなよ。

すげー的確に答えそう。


■カップリング問題

a0088158_19321339.jpg

BL話題です。

タイバニを語るには避けて通れないw

つっても自分、腐女子脳を装着してないので的外れなこというかもしれませんが。


で、質問。

兎虎と虎兎、どっちが王道何スか?

pixivとか見ると兎虎のほうが投稿数多いけど、虎兎だって1万件以上投稿があるわけで。

かの星野リリィ先生も虎兎派というのを公言してらっしゃいますし。

腐女子回路を持っていない自分的にはよくわからんのですよ。


そりゃ、虎徹のほうが色々と人間的に駄目なところがあるので、女子的に可愛いと思うのはわかるんです。

年上のダメ男と年下のクールなエリートというカップリングなら、前者が受けというのもまぁ理解できる。


でもね、試しにバニーちゃんを性格等そのままで女子化してみ?


一見クール。

ヒーロー活動も仕事・宣伝と割り切ってるドライさ。

でありながら、(両親の事とかで)ときおり感情を露わにしてしまう脆さ。

復讐のために人生を捧げるという信念。

虎徹へのツンとデレの落差。


どうです。

これで美少女ヒロインだったら、萌え死ぬ男性視聴者続出ですよ?

萌え豚歓喜の円盤買い占めですよ?

とらのあなに男性向け同人山積みですよ?


受けキャラがイコール男性向け萌え要素を持ってる必要はありませんが、TLのヒロインにしてしまいたいほどてんこ盛りなのは、色々とイケると思うんだ!

BL的にも、過去の事件のことでうなされながら寝てるバニーちゃんに、「お前一人が抱え込む必要はないんだ……」とか言って抱きしめたりとか、キャー! ですわ。


逆に虎徹を女子にして考えてみましょう。


夫に先立たれたシンママ。

大雑把でお節介。

仕事もイマイチ不振。

でも理想は忘れない。


……あれ、けっこう萌えるんですが。

エヴァのミサトさんとかブラクラのレヴィみたいな姉御キャラですね。

これはこれで、個人的には観てみたいような気が。


あ、あとカップリングって言えば、ノーマルカプの話も。

ノーマルなら虎徹×ブルーローズが鉄板なわけですが、バニーちゃんとかBL要素を排しても、おじさんの眼中にブルーローズ入ってないっぽい。

亡き妻への思いとかもあるかもだけど、そもそも恋愛対象として見てないし、ブルーローズの思いにも絶対気がついてない。

カリーナちゃん素直じゃないしね……。

でもそういうカップリングの同人誌読みたいんだ!

デート的な展開になってるのにラブ要素ゼロの虎徹と、それにイラつくブルーローズ、でもラストあたりでおじさんの優しさに惚れ直す、とか!

勇気を絞って虎徹に告白するも玉砕するブルーローズ、慰めるネイサン、とか!

そういう同人誌あったら教えて下さい!!(宣伝)


あ、ネイサン×ブルーローズも(もはやカップリングと言えないけど)アリ。

ネイサン、女心を知り尽くしてるから、男モードに入れればめちゃくちゃ女あしらい上手そう。

女子会トークノリで、鈍感なおじさんに愚痴るブルーローズに色々アドバイスするネイサンとか見てみたいっスよ。


■ジェンダー(?)絡みの話

a0088158_21083771.jpg
タイバニには3人の女子キャラ(?)が登場してるわけです。
具体的にはドラゴンキッドとブルーローズとネイサン(え)。

最年少(だと思う)のドラゴンキッドは、自分の性別というか「女性性」を否定してますよね(もしくは戸惑ってる・まだ受け入れられてない)。
一人称の「僕」というのがわかりやすいですが、女の子っぽい格好も嫌がってる。

それに対してブルーローズは、自分の持つ女性性を普通に受け入れています。

これまたわかり易い例を上げれば、ヒーロースーツ着用時に胸が大きく見えるようにしても、スポンサーの意向だからと割り切れる程度には女であることを嫌がっていない。

ドラゴンキッドが同じように求められても、たぶん拒否すると思います。


一般論を言えば、少女はいずれ大人の女性にならなければならないわけで、その過程で自分の女性性を受け入れなければならないときが来る。

そうしたイニシエーション(通過儀礼)とも言えるときを、キャラクター2人の差異できっちりと描いているのもタイバニの凄さですね。

ドラゴンキッド的な「女性としての自分を受け入れることへの反発・戸惑い」を主題としたアニメとしては『少女革命ウテナ』が真っ先に思い浮かびますが、吉田秋生の『櫻の園』とか、昔の少女マンガでも割と取り上げられてた主題ではあるのですが。


そして、そうした「自分の性別を受け入れられない」人の決定版がネイサンです。

なんていってもオカマですから。

先に述べたドラゴンキッドとブルーローズの関係に加え、自分の持って生まれた性別を努力でもって覆したネイサンの存在が、性差というタイバニのひとつのモチーフを、さらに重層的なものにしています。

ドラゴンキッドの立場に立てば、「自分の性別を受け入れられなくてもああいう風に生きればいいんだ」的な人生の先輩としても見られますし。


冒頭で紹介したタイバニ新作映画では、そんなネイサンの過去話とドラゴンキッドの絡みがあるそうで、観るのを楽しみにしております。

(よし! 上手くまとめた!)


[PR]
by nasuhiko | 2014-07-09 21:40 | Anime

『ピンポン THE ANIMATION』が凄すぎた!

a0088158_21385117.jpg
2014年春アニメも大体最終回を迎えましたが、その中で一番良かったものをあげろと言われたら、ダントツで『ピンポン THE ANIMATION』ですね!
今期アニメという括りところか、’10年代を代表するアニメと言ってもいい。
萌えがないって? そういう人はラノベ原作アニメでも観てブヒブヒ言ってて下さい。
腐命の方は同じスポーツアニメでも、自転車なり水泳なりのアニメをご覧ください。
そういうんじゃないんだよ『ピンポン』の凄さは!!

原作マンガなり窪塚洋介主演の実写映画版なりをご覧になった方も多いでしょうからストーリーの詳細な解説は省きます。
未見の方に一言で言えば、「スタイリッシュスポ根」。
王道のスポ根ストーリーを軸に、勝者と敗者のそれぞれの姿をきちんと描写していて、それが物語に深みを与えていますね。
あと台詞が格好いい!
松本大洋の台詞センスはマジ神がかってますよ!

アニメ版の良さは、自分的には大きく2点です。

■演出
まず演出が凄い。
これは完全に、湯浅政明監督の天才性でしょう!
神アニメ『四畳半神話大系』も凄かったけど、『ピンポン』は更にその上をいく。
とりわけ試合シーンは鳥肌ものですよ。
原作をこれ以上ないほどに再現しつつも、動きや音のあるアニメならではの利点をとても上手く活かしています。
音楽格好いいし(基本テクノ系)。

論より証拠。
ニコ動から格好いい試合シーンを貼ってみます。
具体的には本選の決勝戦。
最終話ですな(なのでネタバレ注意)。

どうです。
これを凄いと言わずして、じゃあどのアニメなら凄いんだと聞き返したいレベル。
すさまじい動き、バッチリ合ってるBGM、キャラの色を抜いて速度感を強調してるあたりも憎いです。

■脚本
基本的には原作を踏襲してますが、アニメオリジナルキャラも出てきたり、ちょいちょい改変がありますね。
原作ファンとしては改変があると聞くと身構えてしまいますが、全然心配ナッシング。
個人的にはむしろ改変で良くなった・時代に則した部分が多いと思います。

少し具体的に言うと、原作では敗者の悲哀がクローズアップされいて、それが独特のクールさを醸し出していました。
それがアニメ版では敗者に救いがもたらされていて、それがゆえに「ヒーローとは、勝つだけでなく敗者をも救う存在」という部分がより明確になった感じです。

そのあたりが最も色濃く出てるのが、キャラ的には孔文革(コン・ウェンガ)でしょう!
a0088158_16495478.jpg
原作ではスタイリッシュ噛ませ犬というかw、序盤は凄そうだったんだけど結局は負けまくり、みたいな不遇キャラだったんですが、アニメ版では敗北の中で人間的に成長し、チームメイトの指導者役として慕われるようになります。
最終話だとオリンピック代表候補にまでなってるし。
a0088158_16575592.jpg
エピソードも大幅に増えてて、スタッフから愛されてる感じですなー。
あと中国人設定だから台詞も当然中国語なんですが(日本語訳が字幕で出るの)、中国語が格好いい!
日本生活に慣れると日本語でしゃべるようになるんですが、片言感もいい感じです。
声優さん、本当は日本語ペラペラなのに上手いなー、と。

まぁこの作品について本気で語り始めると超長文になるので、端折ってこんな感じで。
とにかくアニメ『ピンポン』面白いからみんな観て! そしてオラとピンポントークしようぜ! というあたりでこの記事は終わり。

[PR]
by nasuhiko | 2014-07-01 17:04 | Anime

生存戦略ー!!

a0088158_22475747.jpg

もうね、今夏の新アニメは『輪るピングドラム』で決まりでしょう!

監督・幾原邦彦、キャラ原案・星野リリィ、OP曲・やくしまるえつこ、と鉄壁の布陣。
そして(現段階では3話まで放送されてますが)さっぱりわからない今後のストーリー展開w

あ、いま今後の物語が読めないって言いましたけど、わしら視聴者の興味を引くフックは満載なんスよ。
台詞とかそういうのだけでも、繰り返される「生存戦略」とか「きっと何ものにもなれないお前たちに告げる」とか深読み&今後の展開予想をしたくなるオタク心をくすぐりまくりです。
そもそも「ピングドラム」って何よ。

演出もさすがセラムンとウテナをやってた幾原監督だけあってすごいの。
何がすごいってマジで文章では記せないくらい。
すごい乱暴にいうとウテナをさらに先鋭化させたような感じです。
とりあえず変身シーンの動画をぺたり。



英語の歌詞がわからない(笑)ので字幕付きの動画にしてみました。
これ観るまではこのシーンの曲の冒頭、
♪ペタンクのクローバー、ももいろのクローバー♪
だと思ってましたよ(後半は嘘。ももクロZって言いたかっただけ)。
画像も曲も、中毒性の高いシーンであります。

さすがに夏コミで薄い本が沢山! という事態にはならないと思うけど(放映開始から間もないからね……)、コスする人はかなり増えそうな予感。
まぁ今夏は「生存戦略ー!」って言いつつ冷房の効いた部屋に入ったりアイスを食べたりして暑さを乗り切ります(なんだこのオチは)。

【2011年7月24日 コスプレ博 in TFT】
この日はワンフェスと同日開催ということもあってレイヤーさん・カメラマンさんともに参加者は少なめ。
だがそれが良かった。
久々にまったりしたTFTって感じでした。
自分も去年はワンフェスに行ってたのですが、もうお爺ちゃんなので体力が続きません(´д`)。
天候的にも涼しめで良かったのですが、またしてもとなりのホールではTOEIC試験が行われてて微妙に落ち着かないというか。
双方のためにも同時開催は避けた方が良い気が……。

うり さま&ゆく さま
a0088158_23144669.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2011-07-26 23:25 | Anime

TIGER&BUNNYが

1~13話まで無料配信するらしいよ!(7/6まで)

TIGER & BUNNY 第1-13話一挙無料│バンダイチャンネル

自分も話題になってるのは知ってるのですが、ほとんど見たことないのでこの機会に見てみようと思います。


【2011年6月19日 東京コスプレコンプレックス in TFT】

遠藤ソラ さま
a0088158_7243748.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2011-06-30 07:26 | Anime

「あの花」の名作感は異常

今春から始まったアニメもだいたい1話目は出そろったところですが、自分の中でのダントツは「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」(<長いタイトルやね)。
a0088158_1933575.jpg

1話からすでに最終回並のクオリティというか、切なすぎる。
EDがまた素敵で深いの。

わざわざ10年前の流行曲を持ってくるセンスにやられます(<微ネタバレ発言)。
歌詞の内容が本編に絡んでるのが深いなー。


フジテレビの公式サイトで第1話無料で観れるから、皆ぜひぜひ観てみてね。


ぜろいんち さま
a0088158_19105190.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2011-04-18 19:18 | Anime

今秋のアニメOP

今日もやられやく」さんでこんな記事を見かけました。

今日もやられやく 今期アニメのOPでお前らのお気に入りはどれ?

これによると、

S 神のみ
A ざくろ それ町
B ヨスガ タクト そらおと
C 荒川 イカ娘 テガミバチ 薄桜鬼 バクマン FA 
  俺妹 禁書 八雲 とらぶる 百花 パンスト
D スパロボ


とのこと。
全作チェックしてるわけではありませんが、おおむね首肯できるところかなー。

・神のみぞ知るセカイ

なんて言うか攻殻っぽいですな。
冒頭のコンピュータ回路っぽいところとか、中盤~終盤の背景がころころ変わるところとかが攻殻を彷彿させます。
あと日本語が歌詞に全然出てこないところもw

・それでも町は廻っている

シャフトらしからぬ(?)動きのある気持ち良いOPですね。
梅津泰臣がやってるのかー。
梅津ファンの自分感涙。
坂本真綾姫の歌声も好感度高し。
本編見てないけど、興味のわいてくる良OPだと思います。

・おとめ妖怪ざくろ

冒頭部の入り方が好き。
音楽的にも良いし、一瞬モノクロになって画面が揺れる感じも素敵です。
全体に王道のアニメOPですね。
EDは複数パターン(3パターン?)あって、作中でコンビ組んでるキャラの声優さんが歌ってるんですが、何つーかいろいろと可笑しいものがあったりww

・Panty&Stocking with Garterbelt

上記記事ではあんまり話題になってないのですが、個人的に好みのパンストOP。
短いけど、けっこう耳につきます。
あとついでに変身シーンとか見つけたのでぺたり。

だからどうして敵がやられるときに実写になるんだよ!www

【2010年10月24日 コスプレ博 in TFT】

ちっぴー さま
a0088158_0102846.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2010-10-31 00:12 | Anime

今秋のアニメ

みんなー、アニメ観てるー?
自分も休日とかにちまちま観てるわけなんですが、今期№1はどれなんでしょうね?
個人的には突き抜けて面白いのがないっていうか。
下にあげたのはとりあえず最低1話は観てるやつなんですが、ちまっと感想なんぞ。

・Panty&Stocking with Garterbelt
何これww
下ネタやらお下劣ネタやら満載&カトゥーン絵(時々普通の日本アニメみたいになる)で、明らかに普通のアニメの斜め上をいってますな。
毎回(でもないか)ゴーストという悪役がやられるときに実写になるのもなぜだかわからんですww
いろいろとおかしいのになぜか観てしまう変な作品。
毎回サブタイトルが映画のパロディになってるのが地味にツボです。

・おとめ妖怪ざくろ
こっちは普通の作品。
なんていうか今のところ古き良き少女マンガのアニメ、って感じで好感が持てます。
女子キャラ可愛いし。
しかし原作では何ともなかった櫛松(キツネ妖怪)が動いてるところが何となく可笑しい。

・俺の妹がこんなに可愛いわけはない
ネット界隈ではかなり話題のようですが、以前申し上げたようにストーリー的には何が良いのか自分にはわからへんのです。
妹萌え属性皆無なので、桐乃にも萌えないし。
一応観てるけどさー。

・バクマン
原作通りで可もなく不可もなく。
ただ女子の制服がおっぱい強調しすぎだなー、としか(投げやり)。

・海月姫
これも原作通り。
作画とか雰囲気は良いので、月海が化けるのが楽しみ(1話しか観てない)。

【2010年10月11日 ニューレイヤーズ★パラダイス(東京ドームシティ)】
実は、自分的に東京ドームシティのイベントって鬼門なのですよ。
なぜかというと、同じ課に熱烈な巨人ファンの人が複数いるからw
TDCのイベントでばったり会ってしまったら、とか思うと気が気じゃないのです。

あと苦手なのは、会場が広すぎること。
どこに誰がいるのか全然わからない!
広い会場内なので、一回りするだけでけっこう時間がかかってしまいます。

そういうわけでちょい苦手な会場なのでした。

都築ルイ さま
a0088158_14185221.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2010-10-18 19:44 | Anime

「パンスト」が周囲で人気な件

a0088158_22123818.jpg

GAINAXの新作アニメ、「パンティ&ストッキング withガーターベルト」が周囲で話題なのです。
最初、キャラデザインとか見た段階では、「アメコミ調? パスパス」とか思ってのですが、これだけ話題になってると観てみないわけにはいかない。
でも録画もしてないしなー、とか思ったら、ニコニコ公式チャンネルで配信するのですね。
とりあえず第1話観て、良さそうだったら視聴継続しようっと。

【2010年9月20日 コスプレ博 in TFT】

あか さま
a0088158_22125230.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2010-10-08 21:24 | Anime

秋アニメ

2010年秋季放送開始の新作アニメ一覧 - GIGAZINE

気候も秋めいてまいりましたが、ぼちぼち秋も新番組開始が近づいてきましたな。
当然ながら全部は観れない(観てる猛者もいるでしょうけど)ので、取捨選択をしないといけないところ。
禁書とか荒川ABとか続き物はそのあたり意志決定しやすいけど、新規作品がなー。

って『おとめ妖怪ざくろ』、キャラデザイン長谷川眞也なのか! ウテナ以来じゃね?
作画は悪くなさそうだけど、原作たいして進んでないのにストーリーどうするんだというのは懸念材料。
それ言い始めたら『バクマン』もそうだけど。
『俺の妹がこんなに可愛いはずがない』は原作けなしておいて何だけど、話題っぽいから一応見てみようかな。
この3つ以外は新作は未定!
……え? イカ娘?

【2010年8月15日 となりでコスプレ博】

kipi さま
a0088158_21252013.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2010-09-16 21:28 | Anime

『四畳半神話大系』が凄すぎ!



最終回終わってだいぶたつけど、語らないわけにはいかないのである。
もうね、昨シーズン(今春開始の)アニメでは「四畳半神話大系」が素晴らしすぎた!
放映開始直後にも、これはオススメだ! って記事書きましたけど、最終回まで見終わるとさらにさらにその念が強まるばかり。
1話見てハマって、毎週1番楽しみにしてたのコレだもん。

いや、確かにね、ループっぽい演出が多かったので微妙に中だるみ感を覚えた時期もありましたよ。
んがっ、最後2話、特に最終話のまとめ方はまさに鳥肌もの。
まさか原作(放映開始時点で既読だったのですが)をこんなすごい物語に仕立ててしまうとは……!
所々に細かく張り巡らされた複線や、そもそものループの意味みたいなものをきちんと回収したうえで、主人公をそれまでの痛々しいお笑いキャラから人間的に成長させたという、ある種のビルドゥングス・ロマンにもなってて、鑑賞中は鳥肌と高揚感と涙という何だかわけのわからん感情に突き動かされましたわ茄子彦。
最終話、通しでもう4~5回は見てますね。
前述のように細かい伏線回収をチェックしたいのでブルーレイ(アマゾンだと意外と安いの)買おうかと本気で思いつつある今日この頃。

あまりにも(自分的に)素晴らしいので他人様にもウザくオススメしまくりたいところなのですが、未見の方に上手く伝えづらいんですよね、この作品の良さ。
作画の素晴らしさも本作品の魅力なのですが、絵的には萌えっぽさ皆無で(特に静止画だと)むしろ好き嫌いが分かれそうだし、伏線の話とかしても細かすぎて伝わりづらいし、かといって最終回でまとめられる大きな意味での物語内容を話すと大ネタバレになっちゃうし。
いちおう、冒頭に公式のPV動画を載っけてみたのですが、これだけ観て面白さが伝わるとはとうてい思えない(>_<)。

仕方がないのでニコニコ動画から適当にいくつか動画を見つけてきたので貼り付けてみます。



ヒロイン、クールビューティー明石さんの動画↓ 俺得。


こっちは小津編。また阿呆なものを作りましたね、としかw ↓


微妙にネタバレというか↓


ネタなんだけどだいたいあってるw ある意味超ネタバレMAD↓。
最終話、確かに自分も●●●(<ネタバレ自重)っぽい感じを微妙に受けましたなー。
すでに本編最後までご覧になってる方なら爆笑必至。
ED曲後の次回予告(?)までご覧になることをオススメします。



本編をオススメする意図とはぜんぜん違いますが、自分的に好きなので載っけてみました。
ED曲のアレンジバージョン。何か好き↓


【2010年7月11日 コスプレ博 in TFT】
えっと、言う順序が逆ですが久しぶりのブログ更新です。
何かこのところイベントでお会いする方に、「ブログ更新まだー?」的なことを結構言われてまして。
ようやくの更新でございます。

実はブログにアップしてないだけで前回の更新からこっち、何度かイベントには行ってたんですよ(^_^;)。
それを行った順通りに載せようとすると、いつまでたっても更新できないのでモチベーションの高い最新のイベントから先に載せてみました。
久しぶりでしたがTFTのイベントは行き慣れてるせいもあってか良かったですね(いつもにも増して狭かったという点はさておくとして)。
ただ人が多すぎて、撮れなかった方も結構多かったり。
その点は残念でございましたな。

璃波 さま
a0088158_2021474.jpg


More
[PR]
by nasuhiko | 2010-07-12 20:41 | Anime