カメラ雑誌の今月号

7月も半ばを過ぎ日に日に暑くなってきてる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
茄子彦はと申しますと、早くもちょっと夏バテ気味なのでございます。
前にも言った気がしますが、今時分のような夏の始まりの頃って、体が暑さに慣れてないせいか頭がへろーんとしちゃうのですよ。
でも暑さに慣れるのに時間がかかって、その頃にはもう夏が終わってしまうと言う。
毎年この繰り返しですわ。
そういうわけで先週末のイベントも暑さで行くのだるくなっちゃって行かなかったので、今週は「絶対ブログ更新したい!」っていうようなネタも無く半ば放置プレイ状態。
良くないですねー。
とは言え身体がだるいのもまた事実なわけで、涼しくなるまではイベントに行く回数も減るでしょうしブログの更新も遅くなりそうな予感。
ご承知おきくださいませ。

それはさておき、今日(7/19)は全国的にカメラ雑誌の発売日。
本来はこのテの雑誌は毎月20日発売なのですけど、日曜日なので1日早まったのですね。
以前の記事で書いたNikonの新機種、D700が気になっているのでいそいそと本屋さんに向かったわけなのであります。
そしたらもー。
予想通りというか何というか、各誌ともD700特集一色でしたね、今月のカメラ雑誌。
片端から立ち読み(<買えよ)してみたのですが、情報という点ではネットですでに報じられていることとほぼ同じでしたね。
まぁ当たり前の話ですけど。
むしろ面白いのはそうした「情報」の部分ではなく、カメラマン・ライター諸氏によるコラム的な読み物。
おおむね賞賛の意見が多い(「アサヒカメラ」の赤城耕一氏とか)のですが、「月刊カメラマン」のコラムはちょっと違ってましたね。
この雑誌は比較的ニコン寄りというかニコンユーザーの書き手が多いせいか、苦言みたいな文章が割と多くて。
いちばん多かった意見は「視野率が100%じゃないのが残念」といったことで、あとは「軽量化したって言うけど重いよコレ」といった意見もあったような(立ち読みなのでうろ覚え)。
いずれにせよ複数の書き手が思い入れたっぷりに書いているので比較的読み応えがありました……が、無理矢理2ページに詰め込んでるので字が細かくて読みづらかったです(^_^;)。
a0088158_0443243.jpg

そういうわけで各誌とも多かれ少なかれD700の紹介記事にページを割いていたのですが、中でもいちばん力が入ってたのが「CAPA」。
他のNikon機の紹介も含めて40ページもの記事になっておりました。
いちばんお得感がある(?)のでとりあえず買って読んでみたのですが、この雑誌もコラムが面白かったです。
何が面白いって、D700に関するコラムのはずなのに、執筆してる4人の書き手のうち2人(伊達淳一氏と北村智史氏)がCanonのことばかり言ってるというw
お二人とも自分的には結構好きな書き手(タイプは違うのですが)なのでこのコラムが読みたくて買ったという部分もあったり。
詳しい内容は立ち読みでもしてご覧いただきたいのですが、伊達氏はクラスを超えた「下克上」も厭わない現状のNikonと比べ、Canonを「出し惜しみ」と批判して叱咤激励する内容。
茄子彦的にも頷けるところです。
北村氏はそうしたCanon的展開の限界を指摘したうえで、フルサイズのラインナップを大幅に拡充することがCanonの活路だ、という未来予想図を書いておりました。
実際にこうした方向に行くかどうかはわかりませんが、ちょっと興味深い話ですな(たとえば10万円台前半でフルサイズのEOS Kissが出たら皆さん買いますか?)。

などと雑誌のレビューっぽい文章を書いてみたのですが、まとまらないこと甚だしいですね(^_^;)。
久しぶりに書いた文章だから許せ。

【2008年5月4日 コスプレ博 in TFT】
そういうわけで先週末のイベント行かなかったので、かなり前のお写真。
モデルは花桃まりさんです。
すげー可愛い方なのです。

花桃まり さま
a0088158_051057.jpg

a0088158_051144.jpg

a0088158_0513644.jpg

a0088158_0521499.jpg

a0088158_0522769.jpg

a0088158_0524415.jpg

a0088158_053962.jpg

a0088158_0532169.jpg

a0088158_0533376.jpg

[PR]
by nasuhiko | 2008-07-20 00:53 | Others


<< あきらめたらそこでブログ終了で... コスプレイベントに着ていく服を... >>